yogurting ヨーグルティング

2015年01月28日

楽天証券 VS 松井証券  〜振り返れば、奴がいる〜

松井 <8628> が決算を発表。15年3月期第3四半期累計(4-12月)の経常利益(非連結)が前年同期比24.3%減の164億円に減ったことが売り材料。前年同期と比べ日本の株式相場の値動きが小さく、売買委託手数料が減ったことが響いた。同時に、従来未定としていた年間配当は前期比10円減の40円とする方針としたことも弱材料となった。
0128








松井証券 2014年度第3四半期の業績(平成26年4月1日〜平成26年12月31日)
http://www.matsui.co.jp/ir/pdf/2015_3.pdf
営業収益 254億3800万円(−18.9%)
営業利益 163億6700万円(−24.5%)
経常利益 164億7200万円(−24.3%)
最終利益 108億4500万円(−17.3%)

楽天証券  2014年度第3四半期の業績(平成26年4月1日〜平成26年12月31日)
https://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/disc_PDF/kessann_20150126.pdf
営業収益 330億2700万円(−  5.3%)
営業利益 145億2200万円(−17.0%)
経常利益 146億7500万円(−14.9%)
最終利益   93億3600万円(−  4.3%)

松井証券と楽天証券が第3四半期の決算を発表しました。
今までは、株式売買シェアでは楽天証券の方が松井証券よりずっと上でしたが
営業利益など稼ぎの面では一貫して松井証券がこれまで上位でした。
しかし今回、この流れがはっきりと変わろうとしていますφ(.. )

業績ではまだ一度も松井証券に勝ったことがない楽天証券ですが
足元の数字はそこそこ堅調でじわじわと差を詰めてきてるおね
楽天証券はここ2年間くらいで事業バランスがものすごく改善されています(*´∀`*)ムフー
おそらく2年後には楽天証券が業績においても松井証券を追い抜くでそう
名実ともにネット証券第二位の座を奪取すると予想してますφ(.. )

松井証券は証券部門(株式手数料と信用の金利収入)が全収入の95%を占めてるので
株価が好調なときは伸びますが、相場が膠着するとガタッと数字が悪化します
さらに細かい数字を見ていくと松井証券は事務費という費用がかなり増えています。
例の一日信用を始めたころから億単位で増えてるので、原因はこれでそう(´・ω・`)

足元では株の売買代金もそれなりに増えているので
松井証券も楽天証券も前四半期よりははっきりと業績が改善しています
しかし一日信用のコストが重荷になって、以前ほど松井証券の利益は伸びなくなってます。
もしこのまま松井証券が営業利益でも楽天証券に負けたらどうなるか
一日信用の手数料の値上げの可能性が色濃くなるだろうと予想してますにょ(σ´∀`)σ

楽天証券はこれまで証券部門が主軸の証券会社でした。
リーマンショックや東北大震災の影響で株価が低迷して業績が悪化したこともあって
証券以外の事業をしっかり育ててきたんだおね。
特に投資信託FXが急激に伸びていてこの部門が大きな収益源に育っています
実は大手ネット証券5社の中で一番FXで稼いでるのは楽天証券なんだおね。
しかも最近はものすごい勢いで投信の販売残高も積み上げています
残高ではSBI証券の方がまだまだ上ですが、伸びる力は楽天証券の方が上ってことです。

楽天証券は預かり資産が3兆1,277億円で、松井証券が2兆0,819億円なので勝利
楽天証券の信用残高は3,412億円で、松井証券は3,102億円なので勝利
株式の売買代金シェアではずっと前から楽天証券の圧勝です
そしておそらく2年後には業績においても楽天証券が勝つでそう

ちなみに「投資信託といえばマネックス」といわれた時代もありましたが、
今ではSBI証券に約3倍の差をつけられてトリプルスコア大敗してるのが現実です。
マネックスは投信残高で楽天証券にも抜かれて、すでに3位に転落しています
そう遠くない将来において松井証券は全部門で楽天証券に負けて3位に転落。
マネックスは大手ネット証券から転落して6位以下になると予想してますφ(.. )

0131


















0130


ss2286234570 at 18:58│Comments(2) ネット証券 | ネット証券比較

この記事へのコメント

1. Posted by 再編   2015年01月29日 12:17
またぞろ松井とカブコムの再編話が浮上しそうですね。
直近カブコム株価の異様な強さは親会社が再編時に
持分高めたいためではないかと憶測。
2. Posted by なつ☆ていおう   2015年01月31日 13:02
カブコムは親会社が三菱だから絶対に主導権を取りに行くスタイル

松井証券は創業者一族が55%くらいもってるから支配権を維持したいスタイル

この相反する2社が再編する可能性は1%もないとおもう
ありえるのは大株主がコロコロ変わるマネックスでそ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔