yogurting ヨーグルティング

2014年11月16日

ネット銀行 比較 2015年9月

 「長期的にSBI貯蓄銀行をネット銀行に転換する計画だ」。
SBI貯蓄銀行のキム・ジョンウク代表(57)が5日に明らかにした構想だ。ネット銀行とはその言葉どおり営業店なしにインターネットとモバイルでのみ営業する銀行をいう。支店開設・維持にかかる費用をなくし、銀行と顧客が利潤をより多く得ることができる。送金・口座照会など制限的なサービスを提供する都市銀行の「インターネットバンキング」とは異なる概念だ。韓国ではまだ馴染みが薄いが、日本、中国、米国などではすでに広い市場が形成されている。SBI貯蓄銀行の親会社である日本SBIホールディングスと三井住友信託銀行(SMTB)が2007年に設立した「住信SBIネット銀行」が代表例だ。住信SBIネット銀行はわずか5年で日本最大のネット銀行となった。
1111









住信SBIネット銀行 平成27年3月期 第2四半期業績(平成26年4月1日〜9月30日)
https://contents.netbk.co.jp/pc/pdf/pr/20141113_fs.pdf
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/corp_gyoseki
経常収益 273億3900万円(+  16.4%)
経常利益   74億8500万円(+  27.6%)
最終利益   50億8200万円(+  43.7%)

預かり残高  3兆3,945億円(+10.3%)
累計口座数 211万5000口座(+7.1%)
預かり増加金額 3179億円
口座増加数  14万2000口座
一口座あたりの預かり残高 160万4,945円
従業員数 267名

楽天銀行 平成27年3月期 第2四半期業績(平成26年4月1日〜9月30日)
http://www.rakuten-bank.co.jp/company/disclosure/pdf/situation-141105-1.pdf
経常収益   255億9900万円(+  17.9%)
経常利益   46億5800万円(+  35.2%)
最終利益   32億1600万円(+    3.6%)

預かり残高  1兆1,183億円(+10.0%)
累計口座数 477万0000口座(+3.6%)
預かり増加金額 1018億円
口座増加数  170,000口座
一口座あたりの預かり残高 23万4,444円
従業員数 361名


大和ネクスト銀行 平成27年3月期 第2四半期業績(平成26年4月1日〜9月30日)
http://www.bank-daiwa.co.jp/about/disclosure/financial/pdf/financial_statements_fy2014_q2.pdf経常収益   223億9500万円(+  54.7%)
経常利益   50億7800万円(+214.2%)
最終利益   33億3300万円(+222.7%)

預かり残高 2兆5,609億円(+ 6.7%)
累計口座数 95万3000口座(+5.7%)
預かり増加金額   1618億円
口座増加数   5万2000口座
一口座あたりの預かり残高 268万7,198円
従業員数 101名

ソニー銀行 平成27年3月期 第2四半期業績(平成26年4月1日〜9月30日)
http://sonybank.net/pdf/SB_FY2014_1H.pdf
http://sonybank.net/pdf/SB_FY2014_1H_ref.pdf
経常収益 186億5500万円(+    1.9%)
経常利益   32億6800万円(−    9.1%)
最終利益   20億5700万円(−    8.8%)

預かり残高  1兆8,246億円(−  3.4%)
累計口座数 不明
預かり増加金額 −654億円
口座増加数 不明
一口座あたりの預かり残高 不明
従業員数 438名

ジャパンネット銀行 平成27年3月期 第2四半期業績(平成26年4月1日〜9月30日)
http://www.japannetbank.co.jp/company/financial/pdf/2015half.pdf
http://www.japannetbank.co.jp/company/financial/financial_highlight.html
経常収益   106億1000万円(−    9.7%)
経常利益   55億0100万円(+    7.5%)
最終利益   33億3300万円(+  13.9%)

預かり残高  5,499億円(+1.3%)
累計口座数 272万0000口座(+3.8%)
預かり増加金額   72億円
口座増加数   10万0000口座
一口座あたりの預かり残高 20万2,169円
従業員数 286名

※業績派前年同期比、つまり1年前との比較です。
※口座数や預かりの増減は2014月3末の半年との比較です。

かなり久しぶりですがネット銀行の業績を比較してみましたにょ(σ´∀`)σ
なんでたまにしかやらないかというとぶっちゃけ「めんどくさい」からだおね
資料は多いし、項目が小さいし、書かれてる内容に統一性があんまりない。
しかも必要な資料がどこにあるか探す手間もかかります(((( ;゚д゚)))

今回これを書いてて一番最悪だなっておもったのがソニー銀行だおね(゚д゚)、ペッ
数字を探すのがとにかく面倒くさい、しかも資料のおき場所をコロコロ変える。
そしてついに口座数の開示すら隠蔽するようになりました
(もしかしたらどこかにあるかもしれないけど検索しても見つからない)
業績が悪化すると企業というものはどんどん開示情報を隠すようになります
まさにその傾向が強くなっているのがソニー銀行だおね(゚д゚)、ペッ
しかも資料もわかり辛いしすごく読みにくいです。
人に読ませようという意識が足りないのでクソすぎるお(`・ω・´)
一番評価してるのが大和ネクスト銀行と住信SBIネット銀行だおね。特に大和。
伸びてる会社は自分をアピールして「説明しようって努力してるんでそう

業績で比較してみると順調に伸びているところが目立ちます。
特に最大手の住信SBIネット銀行は売上げ・利益・口座数・預かりすべてが順調だにょ(σ´∀`)σ
これを猛追してるのが大和ネクスト銀行だおね
あまりに順調に、しかも猛烈に伸びてるので住信SBIネット銀行を抜く可能性もあるでそΣ(゚д゚;)
驚くくらい凄まじいスピードで伸びてるようです。
ただしここの銀行は極めて特殊なので比較していいのかやや迷う銀行です

大和ネクスト銀行の顧客属性を見るなんとお客の34%が70才以上です
しかも60才以上の占める割合は60%。50才以上が77%という超高齢銀行です。
おそらく大和証券の営業マンが自分の顧客を勧誘して銀行口座作らせてるんでそう。
(逆にいえば、大和証券の口座残高が移動してるだけなのでそっちの業績にはマイナス)
大和グループを合算してみた時に、全体で業績が伸びてるのかはやや怪しいでそ
もしかしたら数字が証券側から銀行側に移動してるだけかもしれないからです(´・ω・`)
全体が見えないのですごく評価が難しいところでそ

業績面で比べると明らかに悪いのがソニー銀行です
預かり残高がガタッと減ってるし、主力の外貨預金の利益もガッツリ減らしています
おそらくライバルのネット銀行にお客が流出しているんでそう(((( ;゚д゚)))
住宅ローンの残高なんかは着実に増えていますがバランスは失われてます。
今の状況がこのままつづけばさらに顧客流出が激しくなる可能性が高いおね


別件ですが、なぜじぶん銀行やイオン銀行を比較から外したのか書いておきます
理由はすごく単純で数字を平然といじってくるからです(゚д゚)、ペッ
(違法ではない範囲内で)あたり前のように数字の付け替えや操作をしてきます。
今回のじぶん銀行の数字の操作もかなり酷いもんだおね(´・ω・`)
4〜6月には存在しなかった特別損失が7〜9月に5億5300万円発生しています。
ところがその瞬間にまったく出所のわからない特別利益76億円も発生してるおね
さすがに違法ではないんだろうけど四半期決算を比較する意味はもはや皆無でそ。
何らかの意図があって親会社の指令で数字をコロコロいじってるだけだおね。
同じような親子会社間の変な取引はイオン銀行にも多く見られます
残念ですが、この2行は業績や決算書を読む意味も調べる意味もありません。
理由や原因が説明なしに勝手に書き換えられるからですにょ(σ´∀`)σ 

読み手を完全にバカにしてるような決算資料だおね
この2行は決算書を読むという行為自体が時間の無駄でしかないのです(゚д゚)、ペッ 


ss2286234570 at 05:41│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ネット銀行 | ネット銀行比較

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔