yogurting ヨーグルティング

2014年11月11日

サムスン、中国とインドのスマホ業者に追いかけられて苦戦

2014年第3四半期(7〜9月期)におけるスマートフォン出荷数は前年同期比で25%の増加となった。トップ5社では、Xiaomi(シャオミ)が大幅に出荷数を伸ばし、Samsung Electronics(サムスン電子)は唯一、前年同期比で出荷台数を落としている。
米国の市場調査会社IDCは2014年10月29日、同年第3四半期(7〜9月期)におけるスマートフォンの出荷台数をまとめたリポートを発表した。これによると、同四半期のスマートフォン出荷台数は3億2760万台。2013年第3四半期の2億6170万台に比べて25.2%の増加、2014年第2四半期の3億130万台に比べて8.7%の増加となった。
(サムスン電子):スマートフォン市場の首位の座を維持しているが、トップ5社の中では唯一、出荷台数が前年同期比で減少した。あらゆる方面から競争のプレッシャーがかかっていることに加え、ハイエンドスマートフォンへの熱が薄れてきたことが要因となり、出荷台数は2014年が始まった当初から減少傾向にある。

世界最大のスマートフォンメーカー、韓国サムスン電子 の7−9月(第3四半期)決算では純利益がこの2年余りで最低の水準にとどまった。米アップルや低価格の中国メーカーとの競争激化で利益率が圧迫された。同社が30日発表した決算によれば、純利益は少数株主の持ち分を除いたベースで前年同期比49%減の4兆1400億ウォン(約4300億円)と、2011年10−12月期以来の低水準となった。ブルームバーグがアナリスト19人を対象にまとめた調査では4兆2700億ウォンが見込まれていた。
アップルの「iPhone(アイフォーン)6」モデルが大画面スマホ市場でシェアを伸ばし、小米やレノボ・グループが安価モデルで中国の顧客を獲得する中、サムスンはかつてなく激しい追い上げに直面している。ディスプレーと半導体部門の利益も圧迫されている。 
0000









最近はコモディティ化という言葉をよく新聞などで耳にします
まあ簡潔にいうと「高付加価値だった商品が一般化して競争相手と差別化できなくなる」
というような意味合いでよく使われています。
最近だと液晶テレビやスマホがコモディティ化した結果
ソニーやパナソニックの優位性が失われた、なんていう記事を良く見かけますね
コレまではどちらかというとこのコモディティ化の被害者は日本企業でしたが、
最近は中国やインドの格安メーカーが技術力をつけて台頭してきたので
最大の被害者は韓国メーカー、主にサムスンが被害者になりつつあるようです

最近だと小米科技(シャオミー)とか華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)を
ネットの記事や新聞でものすごくよく見かけるようになりましたφ(.. )
高価格帯のスマホはiPhoneに押され、低価格帯のスマホは中国勢に押され
その狭間でシェアを失って苦しんでるのがソニーやサムスンです。
一方、これらの中国勢を部品納入先に選んで儲けているのが村田製作所

最近の決算なんかを見てるとスマホの部品メーカーが上方修正しまくり
村田製作所以外にも、日東電工・TDKが荒稼ぎしてるみたいです(´∀`*)
ぼくちんも村田日本電産あたりは常に監視銘柄に入っています。
よく上がってるのは知ってるし、日本電産はたまに買っています。
ただ日本電産買うくらいならレバレッジETFの方が安定して収益率が高いので
結果的には1570を優先して買うことの方が多いですけど(`・ω・´)

村田製作所(6981) 12,705円 +335円 (+2.71%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=6981
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6981.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b,m65,m130&a=
村田はかなり以前からずっと上げっぱなしのチャートですにょ(σ´∀`)σ
月足トレンドが上昇転換してからは6000円から2倍に上がっています
村田や東京エレクやアドバンテストと一緒に動くイメージが強いですね。
1999年ITバブルの時はそれらと一緒にバカみたいに上がってましたし

TDK(6752) 6,760円 +230円 (+3.52%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=6762
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6762.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b,m65,m130&a=
個人的には村田よりもTDKの方が好きなチャートですにょ(σ´∀`)σ
5000円を突破したタイミングで月足チャートが雲を上に抜いていて
強い上昇トレンドに入ったばかりのイメージがあります
あと村田に比べて時価総額がまだ小さいので拡大余地があるかなとか(*´∀`*)ムフー


中国市場では地場メーカーXiaomi(中国)が前年同期比240%増の1,500万台を出荷し、サムスンを抜いて中国のスマートフォン市場で初の首位となった。一方でサムスン(韓国)は同15%減の1,320万台で、2年半ぶりに首位の座を明け渡した。次いでLenovo(中国)1,300万台、Yulong(中国)1,270万台、Huawei(中国)の1,190万台だった。
1111


ss2286234570 at 08:47│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 シェア争い | 競争激化

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔