yogurting ヨーグルティング

2014年09月02日

8/21 為替市況 ロシアのプーチンに嵌められる(´;ω;`)

ドルが一時105円01銭、1月以来の高値 
ニューヨーク時間2日朝の外国為替市場で、ドルは一時1ドル=105円01銭に上昇した。これは1月10日以来の高値。安倍晋三首相による内閣改造が年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の改革進展につながるとの観測が日本株高・円安を招いた。円は主要16通貨全てに対して下落。
0901









ドル円 104.85円
http://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
為替の円安をバッチリ予想していたわけですが見事に嵌められました・゚・(ノД`;)・゚・
103円80銭近辺でバシバシ利益確定させて
ロシアがウクライナ侵攻したニュースであわてて動いたのが運の尽き
「これはもうすごい円高で一気に1〜2円は円高に行くなとおもいきや
102円にタッチすることもなく押し目もなしに完全上抜けコースに入りました
ただ残念なことに円高に振れた時に全部利食いしてポジが1ロットもありません(´Д⊂)
102円台で指していた買いの指値は完全にスルーされてしまいますた
「押し目待ちに押し目なし」とはまさにこういうことを言うのかもしれません・・・。

今回のロシア軍の介入にはあまりロシアだけを責めにくい要因があります
,修發修眄掬な大統領をクーデターで倒した政権に正当性がなかった
▲ーデターを主導したのは米大使館で資金や武器まで援助した可能性が高い
7萃蠹なオバマの弱腰とチキンっぷりをプーチンに読まれている

ぅ蹈轡系住民の一定の保護を図らず、ウクライナ軍を容認して放置した

かなり以前からロシアは東ヨーロッパの奪回を目論んでるといわれていました。
ポーランドやルーマニアはともかくとして
ロシア系住民が多いウクライナ東部、ベラルーシ、バルト三国については
いずれロシアが軍を進めて領土を奪回すると欧州系のニュースサイトで書かれています
その点、ウクライナのクーデターを主導したアメリカは非常に読みが浅く、アホウでした。
本気でロシアが進軍してくる可能性や危機をまったく理解してなかったからです(´・ω・`)
(むしろ、ロシアはクーデターに気付いてて、あえて躍らせてた可能性もあります。)

まさかクーデターを主導してウクライナを西側に染めてるはずのアメリカが
むしろ相手の手の平の上で踊らされて、クーデターを待ち構えてたと読んでなかったんですね。
政府の混迷の隙を突いて、あっという間に電撃作戦クリミア半島を奪われました

あと一番よくなかったのが、ウクライナ軍を一方的に正当化して放置したことでそ
ウクライナ軍がロシア系住民の多い地域に侵攻した時に
彼らの生命や財産は無視され、かなりの数の住民が危険を感じてロシアに逃げました。
ロシアの国境にはロシア系の難民があふれ、しかし欧米はこれを無視しました。
この時点でロシアには「ロシア系住民の保護」という大義名分を得ていたのです
もっと早い段階で、欧米がウクライナ軍に自制をかけてコントロールすべきだったでそ。
これを怠ったせいで逆境にあったロシアに「口実」と「大義名分」をくれてしまいました
そういう意味ではアメリカ(オバマ)の外交ゲームにおける大敗北でそう(((( ;゚д゚)))

現代の戦争は「大義名分の奪い合い」勝負どころです。
武器が強いとか、核兵器をもってるとかそれだけでは各国が納得しないからです。
今回のようにアメリカにもロシアにもどちらにも非があるようなケースでは、
大義名分を手に入れて先に動いて制圧した方が「勝ち」というルールになってます
少なくともプーチンはゲームのルールを正確に理解していて勝負が強いです。
オバマは「そもそもルールを理解できてない」ので傍観してるだけ。本物のアホです。
少なくとも米同盟国の首脳は「オバマのアホに付き合ってるとヤバイ」って感じてるはずだおね。

残念なことに、今のオバマ・アメリカには有効な手を打つ意志も手段もありません
もっと早い段階で強い意志をもってコントロールしようとしてればできたことが、
時期とタイミングと行動を逸したことで打つ手がまったくなくなったのが今の現状ですΣ(・ω・ノ)ノ
そしてなによりアメリカが「シリアへの爆撃を直前で止めた」ことで
アメリカには本気で軍事介入する意志も度胸もないってロシアに読まれてんだおね
このままオバマ政権が続けば東欧州はロシアの独壇場がずっと続くでしょうφ(.. )
時間の問題でベラルーシやバルト三国もロシアに飲み込まれる可能性が高く、
おそらくオバマは「戦後最悪の無能な大統領」というレッテルを永久に貼られるでしょう


ウクライナのヘレテイ国防相はフェイスブックで、「欧州が第2次大戦以来遭遇したことのない大きな戦争が、われわれの国にやってきた」とし、「われわれはロシアに対する防御を早急に固めなければならない。ロシアはテロリストが占拠した部分の制圧を固めるだけでなく、ウクライナの他の地域まで進軍しようとしている」と訴えた。
ウクライナ政府によれば、ロシアの正規軍がウクライナ国内の武装勢力に取って代わりつつあり、約1600人の兵力がウクライナ国内に侵入している。ドイツのメルケル首相は1日、欧州はロシアのウクライナへの侵攻を座視することをしないとして、「欧州の国境を書き換えることや軍を動かして他国を攻撃することを容認するのは、経済に対する何らかの悪影響を受け入れるよりもはるかに危険だ」とベルリンで語った。 

クライナ東部で激しい戦闘が続くなか、ウクライナ軍は1日、ルガンスクの空港がロシア軍の戦車隊に攻撃されたと発表。現地の情勢を監視する欧州安保協力機構(OSCE)の報道官によると、ルガンスクの住民らは水や電力の供給を受けられず、人道危機に直面している。一方、ロシア側は依然としてウクライナへの部隊派遣を否定している。ラブロフ外相は「ウクライナ軍が民家や学校、病院への砲撃をやめるよう、欧米諸国から働き掛けるべきだ」「制裁を科すと脅したり、親ロシア派の武装解除を一方的に求めたりしても問題は解決できない」などと述べ、「交渉による解決」を主張した。


ss2286234570 at 20:07│Comments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ドル円 | 為替

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by i   2014年09月03日 21:15
ウクライナにアメリカ(NATO)が軍事侵攻したら、緩衝地帯がなくなりますからね。
シンプルに。
だからウクライナがNATO入りを申し入れたときも、NATOは拒絶したわけで。
アメリカとロシアが裏であれ表であれ、やりあう戦争なんて、当事者も含め、どこも望んでないんだと思いますよ。
シンプルに。
どっちも儲からないから。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔