yogurting ヨーグルティング

2014年08月25日

すかいらーく再上場、週内にも承認 時価総額3000億円か

東京証券取引所は週内にも、すかいらーくの上場申請を承認する。市場区分は東証1部になる見通しで、早ければ9月下旬に上場する。上場時の時価総額は3000億円程度との見方が市場には多く、外食首位の日本マクドナルドホールディングス(約3500億円)に迫る規模となりそう。また、国際会計基準(IFRS)を採用する企業の初の新規上場になる。
すかいらーくはファミリーレストランを全国で展開している。2006年にMBO(経営陣が参加する買収)で上場を廃止し、11年から米投資会社ベインキャピタルの傘下で改革を進めてきた。景況感の改善のほか、シニア客の取り込みなどが奏功し、収益力が回復している。日本株の復調も追い風とみて、8年ぶりの再上場を決めた。上場に伴い、数百億円の公募増資を行う。調達した資金は今期に30店舗を予定する新規出店の資金に充てる計画だ。同時に店舗の改装や工場・物流網の整備も進める。
0822








過去にTOBをして上場廃止になった「すかいらーく」が再上場というニュースです
散々業績を悪化させて、既存株主からはクソ安値で株を買い取っておきながら
また再上場して株を高値で売りつけて大儲けするという詐欺スキームですおね(゚д゚)、ペッ
個人的には「企業の再上場を許す」ということ自体に大問題があると思ってます。
こんなことを許容してたら株主が財布にされてカモにされる回数が増えるだけのことでそう

通常のIPOならどうってことないIPO案件ですが、
ファンドの絡んだ再上場となるとちょっと話は違ってきますφ(.. )
一般的な話として考えるなら(絶対とはいえませんが)出資していたファンドにとって
今回の再上場はただの投資回収であり、資金回収のためだけにIPOをさせたともいえます
(絶対とはいいませんが)まずかなり高い確率で株を売って換金して逃げるでそう・・・
ベインキャピタルにとっては笑いの止まらない収穫時期にあたるってことです。
じゃあその他人が高値で売り抜けた株を高値で買い取る意味があるのかってことになるおね。

一般的にいって投資ファンドというのは経営の継続性に対して無責任な立場です。
保有株を高値で売りぬけることだけが目的なので、それ以外には興味をもってません。
過去の上場廃止の経緯やファンド絡みの再上場という点を踏まえるなら、
まず投資対象からはずしておくというのが投資家としてのあるべき判断かもしれません
もちろん、投資直後の出来高に目をつけて「短期のサヤ取り」ならどうこう言うつもりはありません。
中長期のスタンスで投資する対象としてはリスクに見合ってないってことです


ss2286234570 at 07:28│Comments(0)TrackBack(0) IPO | TOB

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔