yogurting ヨーグルティング

2014年07月13日

プロ経営者の原田氏、上から目線で「ベネッセに商売を教えてやる」

ベネッセホールディングス(HD)に商売を教え込む――。会長兼社長に先月就任した原田泳幸氏が2日、都内で開いた経営説明会で「指導方針」を初めて明らかにした。低迷する主力の通信教育講座「進研ゼミ」の立て直しに向け、顧客志向を徹底する。かつて手掛けたパソコンやハンバーガーのように教育サービスを消費者に身近な存在にできるか。「もうちょっと上手に商売をする、売り上げに敏感になるといった点が足りない」。アップルコンピュータジャパン(現アップルジャパン)や日本マクドナルドHDで社長を務め、激しい競争にもまれてきた原田氏にはベネッセの経営スタイルがもどかしい。
説明会では早速、「原田流」の進研ゼミ改革を矢継ぎ早に打ち出した。
原田社長の改革手腕に期待したのは創業家の福武総一郎最高顧問だ。事業部の縦割り意識が根強く、グループ内での連携はほとんどなかった。硬直した組織を打 破するため福武氏は外部から「プロ経営者」を招く必要があると判断。原田社長も「(会社のことを)知らないから、ためらわずに変えられる」と話す。

07120714













マクドナルドのユーザーから死ぬほど嫌われたので有名な
プロ経営者の原田氏がベネッセの会長兼社長に就任したようですにょ(σ´∀`)σ
原田氏といえばマクドナルドをどん底に叩き込んで緊急事態に追い込んだ貧乏神として・・・

もとい、マクドナルドを大復活させてお客を幸せにしたので有名なカリスマ経営者です
その原田氏を三顧の礼で迎え入れたのが不調のベネッセです。
原田氏のカミソリのような切れ味鋭い経営ともって生まれた天運さえあれば
きっとベネッセも大復活を遂げて、きっと教育分野では世界一の企業になれることで

ベネッセといえば「進研ゼミ」で有名な会社さんのようです
そのベネッセを襲ったのが2013年4月に起きた会員数の激減事件です(((( ;゚д゚)))
原因は明らかにならず今でも確たる要因は把握できていない様子。
その危機的状況のベネッセが白羽の矢を立てたのがプロ経営者の原田氏です
きっと新社長のおかげでベネッセが大復活を遂げてくれることを願って止みません。
なつ総研でもベネッセの大成功を心から応援していますにょ(σ´∀`)σ

ベネッセ(9783) −75円 (−1.81%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=9783
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9783.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
原田氏がベネッセの社長に就任したのが6/3です。
その日の終値が4,280円でその後は新社長への期待で株価も上昇してます
足元では原因はよくわかりませんが株価が急落してるようですにょ(σ´∀`)σ
株価がちょっと下がっただけなのでそんな対した原因ではないことを信じてます
株主さんの人生も「ちゃれんじ」してくれたらいいなと心から祈ってます(*´∀`*)ムフー

原田泳幸(はらだ・えいこう)、65歳。2004年には日本マクドナルドHD社長に移り「マックからマックへ」と、話題になった日本では数少ない「プロ経営者」だ。
ベネッセHDの創業は1955年。「福武書店」の名で中学向け図書や生徒手帳の販売を行っていた。69年に進研ゼミの前身となる「通信教育セミナ」を創刊。高校生、中学生、幼児と対象を広げ、400万人規模の会員数を誇るまでに成長した。ところが昨年4月。「異変」が明らかになる。4月時点の会員数が385万人と、1年前に比べて一気に6%も減少したのだ。これまでも増減はあったが、前年比24万人もの減少は過去最大。
生徒は新学年の始まりに合わせて学習塾や通信講座を選ぶことが多く、4月単月の会員数は教育業界にとってその年の動向を占う重要な指標となる。そんな中突如訪れた大幅な会員減……。理由について会社側は「塾との競争激化」「ダイレクトメール中心のマーケティング手法の陳腐化」「紙中心の教材がスマートフォン(スマホ)やタブレット端末の普及に対応できなかった」等々を挙げるが、これといった確たる理由がないのが実情。逆にそれだけに不気味で「ビジネスモデル全体が構造的に時代に遅れになっているとしたら……」という不安の声も聞かれる。
日本マクドナルドHDでは、就任前まで7年連続でマイナスだった既存店売上高を8年連続のプラスに押し上げ、その経営手腕は「原田マジック」とも称された。


ss2286234570 at 07:45│Comments(0)TrackBack(0) 痛いニュース | 業績悪化

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔