yogurting ヨーグルティング

2014年06月14日

むさし証券相場操縦の疑い 金融庁に勧告

「むさし証券」が、架空の注文を大量に出す手口で先物取引市場の価格を操作し不正な利益を得ていたとして、証券取引等監視委員会は、相場操縦の疑いで課徴金の支払いと行政処分を命じるよう13日、金融庁に勧告しました。
勧告の対象となったのはさいたま市に本店があるむさし証券です。
証券取引等監視委員会によりますとむさし証券は、去年7月と9月、東証株価指数=トピックスの先物取引市場で、架空の注文を大量に出して取り消す「見せ玉」と呼ばれる手口で価格を操作し、およそ540万円の不正な利益を得ていたということです。
こうした取り引きは運用担当者が行っていましたが、むさし証券は、去年7月の取り引きの際、取引所から不正の疑いがあると注意を受けたのに再発防止の抜本的な対策を取っていなかったということです。
監視委員会は、金融商品取引法に違反する相場操縦の疑いで、むさし証券に対して、およそ540万円の課徴金の支払いと行政処分を命じるよう
0614






リンク先に動画あり

野村證券のインサイダー事件の時も同じように思いましたが
こういう証券会社への処分って信じらんないくらいいつも甘いおね(゚д゚)、ペッ
個人がやったら名前まで晒されて派手に処分されるのに
会社ぐるみで犯罪したときは特定されて名前も晒されないとか心底舐めてると思う

その昔、個人投資家が株価操作をしたといわれて罪を問われた事件がありました。
なぜかその時の地裁の裁判官が究極のキチガイ池沼だったわけで
その取引で100万かそこらの利益を上げただけの些細な株価操作にもかかわらず
「売買代金=課罰金」というとんでもない判断をしたのです
なんと2億円くらいの罰金を払えと裁判官は判断を下したわけです
(おそらく売買代金がなにを意味してるのか理解してたかどうかすら怪しい)
もちろん上告されて最終結果がどうなったかまでは書いてませんでしたが
それくらい個人投資家への疑いは強く、また厳しく処分されてるわけです(゚皿゚メ)

それを比べて考えると今回のむさし証券への処分は大甘すぎでそ(`ε´)ムカー
法令を熟知しているはずの証券会社という立場でありながら
見せ板だしまくって先物価格を操作しまくったのにたった40万円の罰金です
それは支払った手数料と同じくらいの金額だろと。舐めんなといいたい。
個人投資家が株価操作をすると売買代金=罰金を課せられ、
機関投資家や証券会社が株価操作をすると手数料=罰金という激甘な処分
これはもう個人投資家を舐めきってるとしか思えんわけです。
法の下の平等とかいう概念を根本的に踏みにじってるなとおもうわけです(゚Д゚)ゴルァ!!

ぜひむさし証券には先物の売買代金=罰金を課してほしいにょ(σ´∀`)σ
金額的には40〜200億円が妥当なとこじゃないでそか


ss2286234570 at 08:09│Comments(1)TrackBack(0) 犯罪・事件 | 証券会社

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 眤堯|藕   2016年05月02日 06:57
担当者 様 拝啓 挨拶略 むさし証券は個人投資家の資産を食い物ににして利益を出している、悪徳証券です。多く人で悪事を洗い出そう。敬具

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔