yogurting ヨーグルティング

2014年04月18日

4/18 株式市況

東京株式相場は上昇。米国経済統計の改善、為替の円安推移を好感し、ゴム製品や電機など輸出関連株の一角、その他金融や保険など金融株の一部が高い。ただ、欧米市場の祝日休場を控え積極的な売買は見送られ、東証1部の売買代金 は急減し、1年4カ月ぶりの低水準にとどまった。 
米国統計の堅調や円安推移、ウクライナ情勢の沈静化期待などから、きょうの日本株は上昇して取引を開始。日経平均は午前の取引で100円以上上昇、午後も堅調に取引され、投資家の短期売買コストの25日移動平均線(1万4493円)をわずかに上回った。 しかし、東証1部の売買代金は1兆1503億円と前日から36%減少し、4日の1兆5664億円を抜いてことし最低を更新。。水準は、安倍政権誕生への期待と評価で株価が上昇した「アベノミクス相場」の初動期である2012年12月12日以来の低水準となった。売買高は12億3540万株。 
060









ドル円 102.41円
http://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
ドル円は少し円安に戻しながらも膠着状態がつぢいてるようですにょ(σ´∀`)σ
移動平均線に少し頭を押さえ込まれ、日足チャートでも雲に頭をぶつけています。
ここで上の雲を突き抜けて103円台に行けるか行けないかで方向性が大きく変わりそう

日経平均 13,910円 +98.74 (+0.68%)
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=998407.O&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=m&p=m65,m130,m25,m75,b&a=
一時は14,000円を割り込んで日経平均もようやくリバウンドしてきたようです
中国の経済指数が良かったこともあって4/16に420円近い上昇をみせたにょ(σ´∀`)σ
ただし、日足チャートでは上の雲が厚くなかなか上値は見えてきません。
14700〜14760円のラインにかなり厚い壁が立ちはだかってるように見えます
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi
週足トレンドに下げシグナルがあるのであまり先行きには期待すべきではないのかもしれません。
 
TOPIX 1150 +6.78 (+0.58%)
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=998405.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=m&p=m25,m75,b,m65,m130&a
TOPIXは日経平均よりさらにチャートに悪化懸念が見えています。
日足ベースでは上の雲があまりにぶ厚く、あれを突破するには余程の材料が必要でそう
こちらもドル円の状況次第とはいえ、目先の上値余地は1185〜1195といったところ。
日経と同じく、来週の前半〜半ばにかけてが目先の戻り高値に達しやすいタイミングです。
あまり無理をして高値に期待しすぎるよりサクッと利益確定を優先すべきかもしれません(`・ω・´)

今週の相場は中国の経済指標の影響で予想以上の大きな伸びとなりました
期待値が低かったぶんだけ、見直し買いが入りやすかったということでそう。
やや物価の上げが早いので、黒ちゃんがさらに追加金融緩和策を判断するかといわれたら
正直なところかなりハードルが高いだろうというのが実感です(´・ω・`)
ただ思ってた以上に、日銀総裁や総理が株価の先行きを注目してることも明らかになりました。
つまり、もし大きな下げが繰れば即座に何らかの対応が出てくる可能性も十分あるってことです
過去のような増税で即大暴落というのはとりあえず避けれそうなふいんきはありますφ(.. )

ss2286234570 at 20:29│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 株式市況 | 日本株

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔