yogurting ヨーグルティング

2014年03月08日

プーチンの野望 ユーラシア大陸編

ウクライナ南部クリミア自治共和国のセバストポリ郊外にあるウクライナ軍の防空部隊が7日夜、ロシア軍とみられる武装集団に襲われ、基地を明け渡すよう求められた。ウクライナ軍部隊はこれを拒否。銃撃戦にはならなかったものの、一時緊張した。現場からの報道では、自動小銃などで武装した集団20人が、ロシアのナンバーをつけた大型軍用トラック2台に分乗しミサイル防空部隊2355に乗り付け、警備のウクライナ軍兵士と押し問答の末、部隊内に侵入。部隊長とのやり取りの後、基地を後にした。

ロシアがウクライナ南部クリミア半島の実効支配を強めるなか、クリミア自治共和国の最高会議(議会)は6日、ロシアへの編入を求める決議を採択したほか、ロシアへの帰属替えの是非を問う住民投票を16日に実施することを決めた。これに対し、オバマ米大統領が住民投票に反対する姿勢を示すなど、情勢は一段と緊迫している。欧州連合(EU)は、クリミア半島におけるロシアの行動は違法だと非難した上で、ウクライナの領土保全を支持すると表明。ただ、ロシアに対する当面の制裁措置としては、査証(ビザ)発給と貿易自由化に関する協議の停止など、小幅な内容にとどまった。また向こう数日以内に協議が開始され、一定の時間的枠組みの中で何らかの結果が出ない限り、渡航禁止、資産凍結、EU・ロシア首脳会談の中止などの追加的な制裁措置に踏み切るとした。
0311







欧州のニュースを見てると「プーチンはロシア帝国の再興をたくらんでる」と表現されてます。
ここ最近のロシア軍の動きやクリミアへの侵攻をみる限りはその通りだと感じます
クリミア半島の属国化はほぼ決定だし、欧米はすでに完敗でそう。

ロシアがウクライナへ軍事介入した直接のきっかけはアメリカ側にあると報道されています。
新ロシア派の政権を潰すために欧米が工作員を用いてクーデターを起こしたからです。
アメリカが中心となってウクライナの野党や実力者に支援と資金提供を行い
さらにいえばデモ隊に重火器などの武器も提供してクーデーターを成功させました
これは疑いではなく、すでに欧米のニュースでも報道されている内容です。

プーチン率いるロシアがやったとおもわれること
.▲瓮螢がウクライナでクーデターの工作をやってる証拠を掴んでも黙っていた
現政権(クーデター派)が正当な政府ではないと主張できる根拠に利用した
クーデターでウクライナ軍が親ロシア・反ロシア派で混乱した隙をうかがって進軍した
ぅΕライナ国境で大規模な軍事演習を行いつつ、一方で際小規模の軍事行動にとどめた
ゥ▲瓮螢の工作活動を暴露してEU各国との連携の切り崩しを狙った
Εス資源でEUを揺さぶって欧米各国の足並みが揃わないように工作活動を仕掛けた

Ы特動貳、血の一滴も流さずにクリミア半島を制圧してロシア系住民の支持を得た
┘リミア自治共和国と上手く連携し、ロシアへの編入を住民投票で決定させつつある


この短期間にロシアがやったことは驚異的なまでにスピード感があり組織立っていました
ロシア海軍にとって絶対に欠かすことの出来ない黒海艦隊とその周辺地域の確保という
目的を達成するために最初からシナリオが書かれていたとしか思えないのですφ(.. )
欧米が「ロシアは侵略者だと主張するにはやはりその根拠が必要でそう。
もしロシア軍が、一発の銃弾も撃たず、一滴の血も流さずにクリミア半島を制圧して
住民投票で「ロシアへの帰属決議」を勝ち取れたら、これはもう侵略とはいえないおね
初動で出遅れたアメリカは話にならず、欧米各国の足並みもバラバラです。
ロシア経済やパイプラインへの依存度の高いドイツやフランスは乗り気でないので
おそらくグダグダになって効果的な経済制裁を発動できると思えないおね(´・ω・`)

ウクライナには資金もないし、ロシアと対決できる体力もありません
クーデター政府への反発もあってウクライナ軍が組織的に動くってのもまず厳しいでそ。
クリミア半島が国民投票でロシアへの帰属を決定させて独立するのを見てるだけが関の山。
どう考えたってロシアの勝利はほぼ確定してるとおもいますにょ(σ´∀`)σ
クーデターを画策してるスパイを泳がせてむしろ逆にこれを利用して
クーデター直後に政権が不安定になったところで軍事行動をおこすとかでそ(((( ;゚д゚)))
あまりにも天才的な戦略すぎて言葉を失うレベルだお。孔明かよってクラスの策謀家でそ

プーチンが善人か悪人かという議論はさておき、歴史に名を刻む人物なのは間違いないでそう。
政治家というよりむしろピョートル大帝イワン雷帝とならぶ英雄の類ですおねφ(.. )
リアル版AOEをやってるようなもんでそ


ピョートル大帝、お忍びでオランダの船大工になる リーダーシップの研究
http://markethack.net/archives/51895891.html
一般にロシア人は民主主義には懐疑的であり、むしろ強く、賢明なリーダーに、ぐいぐい国を引っ張って欲しいという願望が強いです。ロシア人のそうした考え 方はピョートル大帝の時に確立されたと言っても過言ではありません。プーチン大統領がシベリアで狩りをしたり、オートバイをぶっ飛ばしたりしてマッチョを アピールするのは、ピョートル大帝のイメージと自分をダブらせている側面があると思います。
 
ウクライナ人が解説するクリミア半島の歴史と現状


ss2286234570 at 19:47│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 紛争 | 欧州

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔