yogurting ヨーグルティング

2014年01月19日

夜間取引の開始→どんなに早くても2015年半ば以降

東京と大阪の両証券取引所を傘下に持つ日本取引所グループの斉藤惇最高経営責任者(CEO)は17日、日経QUICKニュースなどとのインタビューで、日本株の夜間取引市場の開設の是非について「(検討に)1年かける必要はない」と語り、数カ月以内に結論を出す考えを示した。夜間取引を巡ってはネット証券が開設を要望している。一方で業界内では慎重論も根強い。仮に夜間取引を開始した場合、投資信託の基準価格などに反映する株価の終値をどうするかといった、実務上の論点もある。斉藤CEOはインタビューで証券会社の役員や有識者などで構成する研究会を近く立ち上げ、問題点を整理する方針を示した。結論を出す時期については併せて「4月か5月などと聞かれるとそれは分からない。何月何日までに決めるという、スケジュール感はない」とも語った。
日本取引所は株式売買システムを一段と高速化し、売買制度の見直しも反映する「次期アローヘッド」を2015年の年央に稼働させる方針。夜間取引を開設する場合のシステムは次期アローヘッドと説明した。このため夜間取引が実現したとしても、開始時期は「15年年央以降」になるという。
0118






てっきり何か目途くらいあのかと思ってた東証の夜間取引のニュース。
思ってた以上に杜撰な計画ですおね
今から関係者集めてようやく意見調整するようじゃ、まだまだ話は先に伸びそうな気配。
2015年の開始もほぼないんじゃないかなって感じます。

まず関係者の意見調整して、やるかどうかや参加者を募ったりして
それから大筋の方針や具体的な内容を詰めていって
そして細部の仕様まで決めてからシステム開発にとりかかるって感じですおね(´・ω・`)
どう考えても2014年内に開発に取りかかれりゃ良い方じゃないでないでそか

早くても2016年にスタートできればいいとこかもしれません
野村や大和みたいな対面証券だけでなく、
ネット証券も夜間取引の要望をしたわけじゃないってばらしちゃってますからね
結局のとこ、東証の一人芝居だったってことなんじゃないのかとφ(.. )


2014年01月08日
東証 ステマ活動したことがサラッとばらされる


ss2286234570 at 23:38│Comments(0)TrackBack(0) 夜間取引 | ニュース

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔