yogurting ヨーグルティング

2013年12月14日

どうして新規参入したネット証券はすぐ退場して消えるのか?

過去の経緯をみてると新規参入したネット証券のことごとくがが退場して消えます。
古くはジョインベスト証券、そしてもうすぐっぽいのが岡三オンライン証券。
じゃあなぜ、新規参入したネット証券はすぐ退場するのでしょうか?
理由はとても簡単でそまったく儲からないので大赤字になるからですにょ(σ´∀`)σ
そうです。ネット証券というのはまったく儲からないビジネスなんですね
そんな訳はないという人もいるでしょうが、そういう人に限ってまじめに資料や決算を読んでません。
決算資料をたった20秒読むだけの努力をすれば儲からないというのは一目瞭然です(゚Д゚≡゚д゚)エッ!? 

SBI証券 平成25年3月期 決算短信〔日本基準〕(2012/4/1〜2013/3/31)
営業収益  434億円
営業利益  114億円
経常利益  115億円

これが昨年2012/4/1〜2013/3/31までのSBI証券の決算短信です。
11月〜3月までは株価が暴騰しまくりさぞや株で大儲けしてるんだろう、と誰もが考えがちです
しかし詳細をよくよく読んでみるとあれだけ後半に株価が上がって盛り上ったにもかかわらず、
株式手数料と金利収入では損益分岐点をクリアできてません。ぶっちゃけ赤字ですΣ(゚д゚;)
外債、投資信託、FXの収入で補って黒字化してるというのが事実です。
5ページを読むと「受入手数料」項目のうち株式手数料による収入が173億400万円です。
次に「金融収支」をみると、金融収益から金融費用を差し引いた金融収支が101億8700万円です。
ここから販売管理費の290億1700万円をマイナスするとどうなるでしょう?

(173億400万円+101億8700万円)−290億1700万円=−15億2600万円

この数字が一体何を意味しているか?まずはよくよく考えるべきでしょうφ(.. )
仮にこの数字にIPOに関係する収益をちょっと足してもそれほど大差はありません。
要は、SBI証券は株式手数料と金利収入ではペイできてないってことです
SBI証券の決算上はたしかに114億円の営業利益を出しているように見えますが、
それは投信販売手数料18億5800万円、投信の信託報酬収入が39億1700万円、
トレーディング収益(FXや外債のスプレッド収益)が67億3000万円があるからです。
投信やFXの収入を引いてしまうと赤字だってことですにょ(σ´∀`)σ
※ちなみに2014/1以降は株手数料と金利だけでも黒字化しています

SBI証券の決算書を読んでいくと、2006年くらいまでは株手数料と金利だけでも儲かってました
しかし、ジョインベスト証券が参入した2006年以降から手数料や金利を下げた影響なのか
どんどんこの2つの収益依存度は下がりいつのまにか損益分岐点も割り込んでいます
2008年のリーマンショック以降は株の売買が低迷したこともあって、この傾向はさらに強くなり、
株式手数料と金利収入では損益分岐点を越えれないということが常態化しています。
つまり、SBI証券のビジネスモデルは、安い株式手数料でより多くのお客を呼び込んで
実質的には、投資信託やFXで稼ぐという方式に切り替わってるということですΣ(`□´/)/

ではこの時、手数料や金利の安さを謳って新規参入してきた岡三オンラインはどうなるでしょう?
SBI証券のように安定した投資信託やFXの収入もない不安定な基盤で
おまけにSBI証券より安い株式手数料と金利で勝負すればどんな結果になるでしょうか?
考えるまでもありません。赤字を垂れ流して累積損失が嵩んで退場するだけです
親会社による増資で退場が早いか遅いかの差はあれど、結果は同じだってことですにょ(σ´∀`)σ

SBI証券のビジネスモデルを見るとわかりますが、あれが一つのですおね(*´∀`*)ムフー
新規参入したネット証券がいくら手数料や金利を安くしてお客を集めて売買代金増やしても、
赤字が膨らむだけで永久に黒字化することは限りなく不可能ってことです。
SBI証券ですら難しいのに、後発の新規参入組が達成するのはあまりにもハードル高すぎでそ
唯一生き残る道は、株以外の収益源を作ってその分野で稼ぐしかないってことです。
そして税制変更でくりっく365という大きな収益源を失った岡三オンライン証券にとっては、
2年前から、ほぼ結果が決まっていたようなもんだと思うのですφ(.. )


2012年01月12日
税制の変更という「環境変化」に適応できる企業、できない企業


ss2286234570 at 08:24│Comments(8)TrackBack(0) 統廃合・消滅 | 新規参入

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 能年玲奈   2013年12月14日 17:35
他社を潰して、最終的にはど〜ん値上げするパターン?
2. Posted by ぺこぽん   2013年12月15日 10:47
ネット証券ではもっとも手数料が高いマネックスが以外に検討している。
松本大を広告塔にでっちあげる作戦が功を奏しているのかな?
3. Posted by ?   2013年12月15日 14:01
外債、投資信託、FXの販管費はゼロということ?
4. Posted by なつ☆ていおう   2013年12月15日 21:25
>外債、投資信託、FXの販管費はゼロということ?

あくまで仮の計算ですにょ(σ´∀`)σ
個人の株式委託売買代金が国内No1のSBIでも
実際には株の手数料と金利で儲かってるわけじゃないことを
示すための資料として書いただけです。
5. Posted by なつ☆ていおう   2013年12月15日 21:28
そうは言っても
SBIはFXのツールもほとんどないしシステムも古臭い。
そんな大きなコストがかかってるとは思えない。

外債・投信なんてリアルタイム取引じゃないし
ツールがある訳じゃないし、これといって特になにもない。
販売力と集客がすべてなんでコストがかかってるとはさらに思えない。
6. Posted by ?   2013年12月16日 01:00
そりゃ、ある部門に販管費を全負担させる、と非現実的な計算をすれば、その他の部門で利益を上げているように見えるだろうけど、一体そんな計算に何の意味が?

FXが販管費を全負担してると非現実的な計算をすれば、そりゃFX部門は大赤字になって、株取引部門は超絶黒字になるが、そんな計算に何の意味があるの?
7. Posted by なつ☆ていおう   2013年12月16日 01:54
そういうことをいってるわけじゃない。
多くの人は今でもSBIは株と金利で稼いで利益を出してると思い込んでる。
でも実際はそんなことはないといってるだけ。

>非現実的な計算をすれば、

その言い方もおかしい。
SBIの販管費のほとんどが証券部門から発生してるのも事実。
仮に8割の販管費を証券部門だけに割り振って計算したとしても
やっぱり大して利益も出てない。
8. Posted by ?   2013年12月16日 05:36
あなた、女性だね?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔