yogurting ヨーグルティング

2013年10月23日

「嫌なら見るな!」のフジテレビに法則が発動して悲惨なことにww

ビッグダディ元妻・美奈子さん 賞味期限切れた!? ピン企画のフジ「全力教室」視聴率は惨敗
http://npn.co.jp/article/detail/53019639/
裏番組の視聴率は、日本テレビ系「行列のできる法律相談所 さんまVS怒れる美女軍団SP」(午後9時〜10時54分)=18.0%、テレビ朝日系「フィギュアグランプリシリーズ2013 アメリカ大会〜男子フリー・女子ショート」(午後6時26分〜9時30分)=15.8%、同「日曜洋画劇場 特別企画『相棒 劇場版 絶体絶命!42.195km』」(午後9時30分〜11時49分)=12.1%、TBS系「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?」=15.2%(午後9時〜10時4分)、テレビ東京系「日曜ビッグバラエティ『駆除の達人6』」(午後7時54分〜9時48分)=7.7%、NHKスペシャル「病の起源 第3集『うつ病〜防衛本能がもたらす宿命〜』」(午後9時〜9時49分)=9.0%で、「全力教室」は地上波6局の中で最低だった。

「ほこ×たて」でヤラセ発覚…「スナイパー軍団vsラジコン軍団」出演者がブログで告発
2013年10月20日(日)にフジテレビ系で放送された、バラエティ番組 『ほこ×たて 2時間スペシャル!スナイパー軍団 VS ラジコン軍団』 にラジコンカーで出演した広坂正美です。今回偽造された編集内容が余りにも酷かった為、事実をお知らせする事に致しました。
更に、2012年10月21日に放送された猿との対戦の際には、猿がラジコンカーを怖がって逃げてしまうので、釣り糸を猿の首に巻き付けてラジコンカーで猿を引っ張り、猿が追いかけているように見せる細工をしての撮影でした。

154 :名無しさん@恐縮です:2013/10/23(水) 16:28:48.84 ID:dB0R+2cE0
猿の首に釣糸くくりつけてラジコンで引きずり回してる動画
(28分あたりから)
http://jp.channel.pandora.tv/channel/video.ptv?ref=prgid=46734361

「嫌なら見るな嫌なら見るなで有名なウジテレビまたも記録を樹立しました
ただでさえBPOで1件問題になってウジへの処分がほぼ確定的だってのに、
その処分検討期間にまたやらかすというすさまじいクズっぷりです。
例えるなら、免停期間中に無免許で運転して人身事故を起こすようなものでしょう。
ここまでくるとクズという言葉ですら生ぬるいでしょう(゚д゚)、ペッ

もうこいつら完全に救いようないおね
「視聴者なんて適当に騙しとけばいい」って本気で思ってますよね、コイツラ。
さすがにここまでクズだとふさわしい罵声も見つかりません(つд⊂)ゴシゴシ
「ほこ×たて」の番組打ち切りは、もう100%間違いないでしょう。
せっかく一時は評価されて、ナントカ賞も受賞したのにすべての栄誉をドブに捨てました

完全にBPOに呼び出されて連続処分されるのほぼ確定みたいな路線ですおね。

まあ、どうしてこんなことになったかというと、ライブドアの件が尾を引きづってるんですおね。
あの件で、危機感を感じたテレビ各局は自分たちの保身に走ったんです
政府に直訴して「テレビ局が買収されないため」規制を作ったんですおね
自分たちは社会にとって有益な存在で、法律で保護されるべきだと主張したんです。
結果的にどうなったかというと、株主からの監視力が猛烈に落ちたんです
株主だろうがなんだろうが、誰も経営陣に逆らえない、批判できない体制を作ったんです。
その中でも飛びぬけて保守的な動きを見せて、外部者の監視を拒否したのがウジテレビです。
その中心にいた人物が、例のライブドア騒動にもでていた日枝です(((( ;゚д゚)))

日枝だといえばウジでは天皇と呼ばれてる人です。
誰からも批判されない、直言も受けつけない完全な独裁体制を作ったんですおね
そしてこれが、ウジテレビにとって最悪の結果を招いたんですΣ(・ω・ノ)ノ
無理やり韓流ゴリ阻止の番組を流しても、強引すぎる韓流ステマをやって批判されても、
ウジテレビはそれらの意見をまったく聞く耳をもたない超保守的な会社になったんです。
おそらく現場レベルでは危機感を持ってたはずですが、経営が完全に暴走しました
しかもそれをチェックする体制も、ブレーキをかける仕組みすら失われたんです。
そしてその延長線にあるのが今のウジテレビってことです。

今回の「ほこ×たて」事件も実際にはすべて経営の責任なんですおね
この番組は面白いけど、ネタ不足になりやすいっていう超短所があったんです。
これはかなり早くから指摘されていて、現場の人はみ〜〜〜んな知ってたはずです。
そしてネタ切れっぽくなった時に、現場ではもう番組を止めようって話もあったようです。
でもそこを強引にネタを無理やり作らせて、延長させ続けたのが経営サイドなんです
最近のウジテレビは視聴率がやたら悪くて、ドラマもすべて失敗しています。
唯一数字を取れそうな番組をネタ不足だからって中止できないって事情があったんでそう。
そして現場に無理強いして番組制作をさせたことが「ヤラセ」の温床になりました
(まあ実際に製作してヤラセを撮影してたのは下請けみたいですけどね)

誰だ批判しても、どれだけ処分されても、どんな大規模なデモがあっても無意味です
外部からの圧力をかけたところでそもそもブレーキが存在してないからです。
今のウジテレビにとって一番重要なのは外部者主導の委員会を作ることですおね。
そしてその委員会が株主に代わって経営や運用をチェックする体制を作ることです。
それを達成できない限り、永久に馬鹿なことを繰り返すだけだと思いますにょ(σ´∀`)σ

おそらくは、BPOやそれらの外部団体からこの点を指摘されるはずです。
そして強制的にか、命令されてなのか、委員会みたいなのを作らされると思います
さすがにここまで酷いと放置しておくわけにはいかないって判断されるでそφ(.. )


ss2286234570 at 22:41│Comments(1)TrackBack(0) 悪材料 | 痛いニュース

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ッデ   2013年10月25日 23:47
テレビっていうのは、スポンサーがいるから、つまり一般大衆、標準偏差でいえば、60〜40くらいの一番人数が多い層を対象にしてますから。そうした知能指数の層が喜ぶ番組をどう創るか?
という番組製作者側のことを考えていけば、この枠に当てはまらない人から見れば、ろくな番組が出来るわけがないのは目に見えているわけで。
逆に言えば、テレビばっかりみてるとバカが「うつる」っていうのは正しいですな。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔