yogurting ヨーグルティング

2013年09月28日

東京エレクトロン、統合!っていうよりただ買収されただけでした

東京エレクトロンと米アプライドマテリアルズが24日、2014年後半に経営統合すると発表した。両社の株式時価総額の合計は約3兆円。「三角合併」と呼ぶ手法を使い、日米の主力上場企業が経営統合するのは初めてとみられる。日本企業の国境を越えた再編が新たな段階に入った。持ち株会社は米国にも別の受け皿会社を設立。その受け皿会社とアプライドが合併し、アプライド株主は持ち株会社の株を1株につき1株受け取る。持ち株会社は現在の東エレクの株主が32%、アプライドの株主が68%の株式を持つ株主となり、日米それぞれで合併した会社が持ち株会社の下に入る。
0909
0928







半導体製造装置メーカーの世界最大手、米アプライド・マテリアルズ が同業の東京エレクトロン を事実上買収する。ブルームバーグの試算によると、買収規模は93億9000万ドル(約9300億円)。これによりコスト削減や開発投資の拡大につなげ、世界的な競争力の強化を目指す。 東京エレクとアプライドの株式は東京証券取引所、米ナスダックでそれぞれ上場廃止となり、新持ち株会社が両取引所に新規上場する予定。東京エレク1株に対して持ち株会社の株式3.25株、アプライド1株に対して同1株を交付する。米調査会社ガートナ−によると、12年の半導体製造装置のシェアはアプライドが14.4%で首位。東京エレクは11.1%で3位。

最初記事みたとき「統合」ってあったんで協力的な合併かと思ってました。
でもよく読むと米アプライドマテリアルによる東京エレクトロンの買収案件なんですねΣ(・ω・ノ)ノ
ITバブルのころには時価総額が物凄いことになってた東京エレクですが、
今じゃ時価総額も1兆円にすら達しない金額で買収されちゃうとか時代を感じますね・・・(´・ω・`)
統合後の持ち株会社は税金の安いオランダに本拠を置くとか。
なんだかそのへんだけ妙に用意周到だったりするんでやる気だけはあるようです。
今のところは三角持合の合併なので東京エレクの独立性はある程度確保できます。
しかし、ここまで両者の実力に差があると、いずれ完全に飲み込まれるだけかなとも思えます


ss2286234570 at 00:25│Comments(0)TrackBack(0) 買収 | ニュース

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔