yogurting ヨーグルティング

2013年09月20日

TOPIX先物、国債先物ともに取引時間を午前3時まで延長

大阪証券取引所と東京証券取引所は18日、日本取引所グループ 発足により2014年3月に東証のデリバティブ(派生商品)市場を大証のデリバティブ市場に統合することに伴い、
指数先物・オプション取引の立会時間は現行の大証ルールを踏襲するとし、日中立会は午前9時から午後3時10分まで(クロージング・オークション午後3時15分)、夜間立会は午後4時30分から翌日の午前2時55分まで(クロージング・オークション午前3時)までとなる。東証で取引されているTOPIX先物 は、日中は午前9時から午後3時15分までと大証と同じだが、夜間は午後4時30分から午後11時30分までとなっている。 
この日午後に行われた日本取引所グループの定例会見で発言した大証の山道裕己新社長は、TOPIXと日本国債先物の取引時間を午前3時まで延長することを明らかにした上で、その意義について「デリバティブ市場の拡大、活性化は日本の資本市場の国際競争力の強化に不可欠」と強調した。

少し前の記事ですが、東証TOPIX先物と国債先物の取引時間を
大証との先物システム統合にあわせて延長することを発表したようですにょ(σ´∀`)σ

現在のところTOPIX先物と国債先物は23:30で終了してしまいます(´Д⊂)
これからダウやナスダックが盛り上ってくる時間帯に終了ってのはいけてません。
今回、東証が大証と合併したことによってその不備を解消して、
東証の先物取引を大証と一本化した結果、03:00までの時間の延長が決定したようです
これまで個人投資家は「先物取引」といえば日経225先物ばかりで
TOPIX先物はかなり不人気 やってるのは機関投資家ばかりというのが実情です
これを気に、個人投資家が徐々にTOPIX先物にも移動してくるかもしれませんねφ(.. )

でも実際のところ、海外での市場の波乱はいつも明け方におきるのが恒例です
米国市場が閉まってから大きなニュースをアメリカ発で流すことがあるので、
結果的に先物市場が閉まってから派手に動くということがよくあります。
そういう時はCFDやるしかないというのが今の現状です(´・ω・`)
あと日経225先物やTOPIX先物で一番欠点だなと思うのが、
事前に自分で設定しておかないと「いざという時にロスカットしてくれない」という点です。
TOPIX先物にしろ日経225先物にしろ自動ロスカットの仕組みが上手くできていません。
あるところにはあるのですが、むしろ仕組みがいい加減であったりしたせいで
例の東北大地震直後の「日経225オプション事件」を引き起こしてしまいました(((( ;゚д゚)))
流動性を前提としたロスカットの仕組みがちゃんと出来上がってないんですおね
CFDはFXと同じ仕組みなので自動ロスカットというのが基本的にどこにでもあります。
こういう重要な部分は国内の先物取引でもどんどん取り入れてほしいものです(゚Д゚)ゴルァ!!

FXやCFDってなんだかんだでよくできてるなと思うのが「自動ロスカット」です。
明け方だろうが、深夜だろうが、お仕事中だろうが、祝祭日だろうが
(土日を除いた)いつでも24時間常にポジションを監視してくれてるってのはとても重要でそ
基本的に金融機関のデータベースやサーバーというのはかなり固い地盤の地下にあります。
しかも発電システムが付いてるのでかなり長時間にわたって耐えられる仕組みです。
震度10とかで関東全体が地盤沈下して消滅したとかでもないかぎり、
取引システム自体はずっと動いてるのでロスカットは正しく動くだろうってことです。
(むろん絶対に100%そうだって意味ではありませんが)

例えば、関東大地震がお昼の14時に発生したとします。
電話・水道・ガス・電気などのライフラインは広範囲でズタズタにされるでしょう(((( ;゚д゚)))
日経225先物は猛烈な勢いで大暴落することはまず間違いありません
もしその時、日経225先物のポジションを抱えたままで逆指値を設定していないと、
ロスカットされないままのポジションが放置されて、想像以上に危険な事態に陥ります
証券会社側が強制決済をしてくれるのはずっと後の話なので間に合わないですおね(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

地震直後にあわてて決済注文を出そうとしても確実に間に合うといえるでしょうか
そもそも電気が止まってる事態になればパソコンから発注はできません。
回線が込み合ったり、不具合が各地で起きるはずなのでスマホや携帯もたぶん全滅ですΣ(゚д゚;)
自分の体がタンスやロッカーに挟まれて長時間身動きできなくなってる可能性も十分ありえます。
建物から出れなくなったとか、地下鉄や地下街から出られなくなったなんてこともありえます。
例え自分が生きてたとしても、反対売買やロスカット注文が間に合わない可能性は高いのです
ようやく這い出てきてどこかの公衆電話に辿りついたとしても、
おそらく電話回線は混雑してコールセンターにつながるなんてことはまず0.01%ありません。
つまり生きてても死んでても、決済注文やロスカットが間に合わない可能性は極めて高いのです

関東大震災がおきても前回のような大火災がない限りそうそう死者は出ない気がします。
しかし、ポジションを抱えたまま大地震があったら死ななくても破産リスクは残ります。
ロスカットされないポジションが長時間放置されるリスクってのをなんとかしてほしいものです
本来なら、すべての証券会社がもっと真剣になって議論すべき点だと思うんですけどね(´・ω・`)


ss2286234570 at 23:43│Comments(0)TrackBack(0) 日経225 | ニュース

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔