yogurting ヨーグルティング

2013年09月02日

時代の変化に乗り遅れたグリー

携帯電話向けゲームの先駆者、グリーが急失速した。スマートフォン(スマホ)時代についていけず、業績は悪化。一時は任天堂をおびやかすほどの栄華を誇りながら、その天下はわずか3年で終わった。
楽天やライブドアがかつて本社を構えていた六本木ヒルズ(東京・港)。先輩ベンチャー企業の後を追うように入居したグリーの本社オフィスは8月下旬、早朝から騒然としていた。「この計画に賛同する企業が続出したら、我々はゲーム業界から孤立してしまうかもしれない」
「今までのようなポジションを失ってしまうのではないか。投資家の反応が気になる」
きっかけは、セガなどゲームソフト15社がスマホ向けゲームのユーザー開拓で連携するニュース。「旗振り役のセガが、ゲームのユーザーを他社と一緒に囲い込めるシステムを開発。急成長するスマホゲーム市場を手を携えて攻略する」という内容だったが、かいつまんで言えば、「グリー外し」を意味した。
グリーは、携帯ゲーム「釣り★スタ」の大ヒットで知られるが、急成長・高収益の秘密はSNSを土台にしたビジネスモデルにあった。自社運営するSNSのユーザーにゲームを配信したり、ユーザー同士を交流させたりするシステムを2010年から他のソフト会社にも提供。ゲーム内のサービスなど売り上げの一部を手数料として徴収する収益モデルを築き上げた。
スマホ時代には、アプリ配信を独占する米アップルや米グーグルがゲームの世界の支配者として出現した。アプリ型のゲームはユーザーが直接ダウンロードして楽しむため、グリーのSNSにアクセスする必要はない。アップルなどが今や、グリーのお株を奪うかのように手数料収入をソフト会社から集めている。
※メルアドを登録すれば月10本までは無料で記事を読めます。

0903

0904












記事は4面もあるので実際にはかなり長い内容です。
全部が事実とは思いませんが、それなりにこれまでの経緯をまとめた読みやすい文章ですおね。
ちょっとやたらドラマチックに書きすぎじゃないかな?ともおもいますが、
グリーの問題点と過去の失敗の経緯をそこそこ抑えてまとめて書いてあるのでわかりやすい。
投資家なら一度読んでみて損はないんじゃないかなと思いますφ(.. )

今回は時に批判も煽ったりもしませんがグリーがかなり崖っぷちにあるのは事実でそう
かなり大きな問題を同時に抱えてしまっているのでそこが苦しいですおね(´Д⊂)
これらを解決するのも困難ですが、なにより時間が足りないってのも厳しいところです。
\こε験など同時にあまりにも色んなことに手を出して戦線を拡大しすぎてしまったこと
¬軌任縫┘鵐献縫△鯀やしすぎて収益に見合わないコスト構造になってしまったこと
いわゆる「ガチャ問題」を引き起こした時に後手後手の対応でイメージを失墜させた
ぅ廛薀奪肇侫ームというビジネスモデルの根幹が揺らぎつつあること
ゥ押璽牴饉劼連合組んでプラットフォームビジネスを乗っ取りにきたこと
世の中の変化のスピードに対応しきれなくなってしまったこと

この先のグリーにとって一番頭が痛いのは人材流出ですおね
リストラをやったり、あるいはグリー自身の先行きが怪しいとなれば人材の流出が起きます。
おそらく彼らはセガ連合軍(ゲーム会社同盟軍)に流れてゆく可能性が高いでしょう。
ただのゲームアプリの開発者くらいなら流出してもどうってことはないのですが、
一番怖いのはプラットホームの運用や開発に携わっているコアな人材の流出でしょうφ(.. )
もしこの点が突破されると、ビジネスモデルが他社に完全コピーされる懸念が出てきます。

大手電機メーカーが90年代以降に大規模なリストラを行った際、
ビジネスのコアな部分にかかわっていた重要な技術者が韓国台湾中国に流れました
結果的に重要な技術や開発力が一気にアジアの新興企業に流れ込んだことで
日本の大手電機メーカーは技術格差を一気に詰められ、競争力を失って敗れ去りました。
今回のグリーにもそれと同じ事象が起きる可能性があるんじゃないかと推測していますφ(.. )
この点についてはぼくちんが2年くらい前にもここで書いてると思います
「ソシャゲのノウハウを積んだゲーム会社が技術者を引き抜いていずれ離れていくだろう」と。

最終的にどういう結果になるかはまだ誰にもわかりませんが、その他にも不穏な点はあります
グリーが散々恩をきせて出資してきたgumi(グミ)がグリーから距離をとりつつある点です
本来なら、何度も金融支援してやった有力ソフト開発会社のgumiはグリーの家老格でそう。
グリー幕府から見れば彦根藩とか譜代大名の筆頭格か徳川御三家みたいな存在です。
それがあっさりとグリー幕府から離れて独立の気配を見せてるってのは大きなマイナスでそう。
最悪の場合、セガ連合軍(薩長連合)との接触を試みる可能性だって否定はできません(´Д⊂)

過去の経緯や資本関係などを紐解いて考えるなら、
本来ならグリー幕府に絶対の忠誠心を示してとなってグリー幕府を守る立場ですおね。
なによりグリーのビジネスモデルや収益性、将来性などを非常によく知ってるはずの存在です
その会社がグリーを見限ったような動きや独立の気配を見せるってのはかなり違和感があります。
ぼくちんが感じたのは「表面的には見えてないくらいグリーには何らかの致命傷」のようなもの、
あるいは致命傷になりかねない何かがあったりするんじゃないかってことです。
まるでグリーを見限ったような気配を見せてる点にぼくちん着目していますφ(.. )


ソーシャルゲームのgumiが第三者割当増資により、あらたに20億円の資金調達を実施した。ことゲーム関連の企業では大型の資金調達の話題が聞こえてくるが、gumiの今回の資金調達は中でも大きなものだ。今回、増資を引き受けたのは、ジャフコ、DBJキャピタル、新生銀行、ニッセイ・キャピタル、三菱UFJキャピタル、コーエーテクモホールディングスの6社である。調達前の評価額はプレで100億円だったので、ポスト120億円ということになる。
gumiは来年の株式公開を目指している。現在までに調達した額はおよそ7億円で、2011年4月にはngi group、NTTインベストメントパートナーズ、新生銀行、三菱UFJキャピタルから2億1,000万円を、2010年10月にはグリーから予想では4億円を、2009年5月にはジャフコ、大和SMBC、新規事業投資、エフルート(現アクセルマーク)などから7,000万円を調達している。

Zyngaのウノウ買収による日本進出、短期間に繰り広げられるDeNAの投資と買収による米国への影響力拡大、スタートアップ、ポケラボの10億円の調達成功など、このマーケットに関する話題は無数に存在する。そして今日、またここにひとつ新しい話題を提供してくれるプレーヤーが現れた。gumiだ。
代表の国光宏尚氏によるとgumiは近々、GREEによる第三者割当を実施することになるという。調達の詳細な額は伏せられたが、国光氏によると「数億円規模」になるそうだ。また同氏は今回の調達に関して「体制の強化」を第一に挙げた。


ss2286234570 at 23:47│Comments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ソーシャルゲーム | 業績悪化

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ぺこぽん   2013年09月07日 08:27
結局トップが浮かれ過ぎたのが敗因でしょう。しかし、創業者は資産をがっぽりとため込んでいるので、グリーが倒産しても生活にはなんの心配もなく暮らしていける。ホリエモンと同じ道を歩むのでは?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔