yogurting ヨーグルティング

2013年06月25日

ネット証券、コールセンター拡充

インターネット証券が相次ぎ、顧客からの問い合わせを電話で受け付けるコールセンターを拡充する。松井証券とマネックス証券が夏までにセンターの人員を増やす。カブドットコム証券などもすでに増員に動き出している。株式相場が乱高下し、新たに投資を始めた顧客からの問い合わせが急増しているためだ。
松井証券は札幌市のコールセンターの人員を、今夏をめどに20人増やして150人体制にする。2011年から12年にかけての相場低迷時には、電話対応に追われることはまれだった。今年初めからは一転、現状の130人体制でも電話が鳴りっ放しの状況になった。
マネックス証券も4月から人員を増やし、6月末までに3月末比で3割増とする。増員規模は数十人とみられる。
ネット証券7社の5月の株式売買代金は前月比3割増の46兆円と過去最高を更新した。コールセンターには口座開設や注文に関する質問のほか、会社によっては「ログインできない」などの苦情も集中。対応する人材が足りなくなっている。楽天証券は120人程度のコールセンターの人員を、正社員と契約社員の合計で150人まで増やすことを公表済み。カブドットコム証券は2月にコールセンターの陣容を倍の60人にした。
※メールアドレスを登録すれば月10本までは記事を無料で見れます。

ネット証券のコールセンターに問い合わせが殺到してパンク状態のようです
株価の上昇で初心者の投資家が新規で入ってきたことと
これまで売買を止めていた個人投資家がかなり帰って来たんでしょう。
特に楽天証券やSBI証券はシステムトラブルが多発してるので苦情も多いでしょう。
マネックスも新システムの移行が大失敗してクレームが殺到しています
(おかげで新システムそのものへの移行を急遽中止したとか何とか。。。)

で、慌ててシステム増強やコールセンターの人員
を増やしたところが見事に天井。
これでもかというような天井フラグになってしまいました(つд⊂)ゴシゴシ

5月には、一時、3兆8000億円〜4兆2000億円もあった東証の売買代金は
すでに1日あたり2兆円を割り込むあたりまで激減しています
松井証券のメルマガの数字を見てると株の売買代金は激減しています。
5月と比べると、6月は1日あたりで−44〜46%くらいですおね(´Д⊂)

このところネット証券だけでなく対面証券でもコールセンターがとても混んでいます。
各社が競って採用枠を拡大してるようなので人件費は吊り上げられるばかり
転職や人材派遣サイトを見てもその手の募集がやたら多いですおね。
カブドットコムは池袋に大規模なコールセンターを開設するとかニュースでありました。
実際に開設しようにも十分な人員をすぐに確保することはまず無理でしょう
なにより開設して教育を終えた頃にはバブルが終わってそうな感じです。
見事に天井掴みをやらかしてしまうんじゃないかなと思いますにょ(σ´∀`)σ


ss2286234570 at 07:29│Comments(0)TrackBack(0) ネット証券 | システムトラブル、障害

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔