yogurting ヨーグルティング

2013年06月23日

党首が詐欺の片棒を担いでたことが判明。選挙にも大逆風

出資者約7万3000人、被害額約4200億円、わが国史上最大の消費者被害とされる「安愚楽牧場事件」が、東京都議選と参院選を戦う民主党に暗い影を落としている。海江田万里代表が経済評論家時代に、同牧場の資産運用法「和牛オーナー制度」を絶賛・推奨していたために損害を受けたとして、出資者30人から損害賠償請求訴訟を起こされていることが改めてクローズアップされたからだ。
海江田氏が、安愚楽牧場を取り上げた著作は、「今どうすれば一番損をしないか」(青春出版社、1987年出版)、「危機を乗りきる財テク」(講談社、88年)「海江田万里の金のなる本」(双葉社、89年)など。
これらの著作で海江田氏は「13・3%の高利回り」「年間50万円までの分配金(=利益)については非課税」「所有の牛に万一のことがあっても、代わりの牛が提供され、最初の契約どおりの利息が支払われることになっている」などのメリットを強調。「元金確実で、しかも年(利回り)13・3%と考えれば、他の金融商品は真っ青!」「オーナーになってはいかが」などと勧めていた。さらに、海江田氏は「女性セブン」(92年7月2日号)の連載コーナーで、「(和牛オーナー制度の)利益は申込時に確定していて、リスクはゼロ」と断言し、申し込み方法まで書いていた。
原告側は、知名度のある海江田氏がこれらの記述や行動をしていたために「投資対象としての適格性の判断を誤らせ、損害を被らせるに至った」として、計約6億1150万円の損害賠償を請求している。
0624









東京都議会選挙では民主党の惨敗が確定したようです(´Д⊂)
そりゃ、党首自身が詐欺の片棒担ぎをしていて「信じてくれ」と主張してもムダでしょう

海江田党首はかつて「安愚楽牧場」の推奨記事によく載ってましたが、
あの手の記事ってのは基本的にライターに書かせてるだけの広告宣伝です。
自分の著作は別としても、必ずしも自分で書いてたとはおもいません。

しかし、それなりの高い対価を受け取って広告塔になってた疑いは非常に強いでそ(`・ω・´)
少なくともどの程度の金を安愚楽牧場から受け取っていたのかなどの詳細を明らかにし、
なんらかの謝罪や説明くらいはあってもいいんじゃないでしょうか

まずそんなことは0.01%もないと思いますが、奇跡的に民主党が勝ち続ければ
海江田党首が与党第一党の党首になって総理大臣に選出される可能性だってあるわけです
もしそうなれば、海江田氏自身が消費者庁に命令して「安愚楽牧場」の詐欺事件について
被害者を救済するようにと捜査と実態解明を命令する立場になるわけです。
いくら確率が低いとはいえ、さすがにそれは不味いんじゃないでしょうか

民主党とそこのに属する議員についてもし論評するならば、
あまりにも自分や自分たちの立場についての想像力が根本的に欠如してるというか、
「このまま自分たちの主張を進めても本当に問題がないのか?」という
ことを、よくよく考える能力が根本的に欠如してると思います

そもそも「選挙に勝つこと」しか考えが及んでないので、
選挙後に何をするのか何をしたらいいのかという発想が完全に欠如してます。
架空の絵に描いた餅をかかげて考えることしか脳がない愉快な人種です
世間一般的にはそういう人たちのことを「バカ」と呼ぶでしょう(゚д゚)、ペッ

本来なら民主党の中から海江田氏の不始末について言及や批判があってしかるべきです。
そういう内部牽制がまったく機能してない点を含めて終わってるなと感じずにはいられません。

0623














都内で民主党の支持を訴える国民に大人気の菅元総理


ss2286234570 at 23:45│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 民主党 | 政治

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔