yogurting ヨーグルティング

2013年06月11日

あっさりとSBI証券に喧嘩売ってる

北尾CEO「個人委託売買代金シェアは2011年3月期は33.8%、2012年3月期も33.4%と維持してる。ただ、新規参入でGMOクリック証券がご登場してきて、カブドットコム証券やマネックス証券、松井証券を抜いて第3位に入ってきた。これは為替(FX)で儲けて、その儲けで手数料を徹底的に安くするという戦略をとったわけです。これに対して、為替で儲けられないようにクリックをしてしまえと私どもはそういう戦略をとりました。それが新しい為替会社の設立ということになるわけです。為替(FX)で儲からなくなったら、売買高はSBIと比べますと私どもは3.8倍上です。口座数は13.8倍上ですから競争を真面にしたら、向こう(GMOクリック証券)は勝てるはずが無い。従って、片一方のその収益の出所(FX)をこれを締め上げると。これが私は必要だというふうに。戦略というのは勝たないとダメなんです。徹底的に勝つ戦略を考える。そういうことでそういう戦略を私どもは作り上げているわけであります。」
(2012年6月28日経営近況報告会・スライド53)

「当社は、お客様にとってコストが目に見えやすい、コストパフォーマンスの高い会社であり、システムも一番使いやすいので、一度ご利用いただければ、ファンになっていただけると思っています。私どもは、FX取引高では世界一ですが、ネット証券としてはまだ世界一ではありません。我々が取引の中からいただいているものは少ないんです。ぜひ、もっと多くの投資家の方に、GMOクリック証券を、ご利用いただいて、ネット証券でも世界一を目指したいと思います」

昔は楽天証券なんかもSBI証券に対抗意識むき出しだったんですが、
最近は業績でも口座数でもかなり差がひらいたからなのかそういう発言が減りました
かつては激しく争ってた松井証券なんかも完全に沈黙のまま。
「打倒SBIとかライバル意識を示すこともまったくなくなって久しいです

マネックスも一時期は国内ネット証券1位を目指すといってオリックス証券を買収しましたが、
その後はあまり芳しくなく、口座数は増えたもののあまりパッとしません。
今年になってようやく復活してますが、去年までは業績ボロボロだったので
いつの間にか「国内1位を目指すという発言も消えてしまっていました。。。φ(.. )
と思ってたらあっさりと喧嘩売ってる証券会社がありました。
しかも打倒SBI証券ではなく、目指せ世界一というなかなかのうえから目線です。
やっぱりこういう風に挑戦してくる気概のある会社がないと面白くないですおね。
携帯業界だってソフトバンクの孫さんが参入してから一気に盛り上りましたし
それまではNTTドコモが一人勝ちのつまんないセクターでしたから。
叩き潰されるの覚悟で挑戦してくる会社がいないと面白くないですおね(*・ω・)ノ


ss2286234570 at 00:49│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ネット証券 | シェア争い

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔