yogurting ヨーグルティング

2013年06月01日

西武とサーベラスの決着の行方は?

米投資会社サーベラスによる西武ホールディングス(HD)へのTOB(株式公開買い付け)が31日終了し、発行済み株式数の3%強の応募があったことが分かった。サーベラスの保有比率は約36%に上昇。株主総会で、経営統合など重要な議案に対する拒否権を持つ3分の1超を確保する。ただ買い付け予定数の上限には届かない。株式上場時期などを巡り膠着状態にある両者の関係に大きな変化はなさそうだ。
西武HDの筆頭株主で32%強を保有する同社は、1株1400円の価格で3月12日からTOBを実施した。保有比率が3分の1を超えたことで、西武HDの経営への影響力は一定程度高まる。この保有比率を握ると、経営統合や合併、定款の変更といった経営の重要事項について株主総会の議案を否決できる。一方の西武HDは当初からTOBに反対を表明してきた。1400円で買い付けに応じるより、将来の上場を待った方が有利と考えた株主もいたとみられる。最大44%の保有を狙ったサーベラスだが、途中で引き上げた買い付け予定数の上限を大きく下回った。
0601















さて、サーベラスによる西武HD株のTOBの結果が判明しましたφ(.. )

今回のTOBには銀行や大口の株主は最初から応募を否認していたので
一般の個人投資家かからの応募を受けて買い集めるしかなかったのですが、
たった3%の株主しかTOBに応じなかったようです(´・ω・`)
てっきりもっと多くの個人投資家が応じるとばかり思ってたのでちょっと意外でした

しかし、サーベラス側からの立場で考えてみると
たった3%であっても保有比率は36%を上回ったことになりますにょ(σ´∀`)σ
株主支配権は33%(1/3)を確実に超えるので拒否権という重要な力を得たことになります。
経営陣を攻撃するためのは手に入りませんでしたが、は手に入れたってとこでそうか。

ともあれサーベラスが盾を手にしたことで戦線は膠着するかもしれません
西武HD経営陣側としては、本気でサーベラスと対立しようにも決定的な攻撃力に欠けます。
一方、サーベラス側としても圧倒的な支配権で経営を支配しようと意気込んでただけに
おもっていたほどの強力な攻撃カードが入手できなかったことは痛手です(´Д⊂)
なにより、サーベラスが多額の金を投じて仕掛けたにもかかわらず、
多くの株主は自分たちの方針に票を投じてくれなかったという決定的な事実が残ってしまいました。
つまりこの先、強引な手法をやればやるほど残りの64%の株主からは反感を買うってことです。

アメリカであればサーベラスがさらに激しい攻撃を加えて勝つことも可能だったかもしれませんが、
日本ではそのような行為を強引に進めると「ハゲタカ」としてやたら叩かれる風潮があります
おそらくサーベラス日本法人の代表らはそのことを自覚して自重したいでしょうが、
本国のサーベラス経営陣はさらなる攻撃を指示してしまう可能性があります
そのあたりの差配を一歩間違えると金融庁や政治の介入を招く恐れがあります。
もしそのような事態になればサーベラスは最悪の結果を招く可能性があります。
ぶっちゃけた話、政治力を相手にしたらサーベラスはコテンパンに負けてしまいます
なぜなら、政治力を使えば、難癖をつけて強引にサーベラス日本法人の許認可を抹消したり、
サーベラス日本法人の日本人の経営者らに個別の脅しをかけることも簡単だからです。
(なんらかの微罪をついて逮捕してしまうことなんていくらでもできるからです)

この先においてサーベラスにとって一番正しい手法は「有利な手打ち」です。
支配権を背景に淡々と交渉して有利な条件を引き出すことだけに専念すべきです(`・ω・´)
間違っても派手なパフォーマンスやマスコミを使うような真似はしてはいけません。
これ以上の挑発をくり返してトラの尾を踏むような真似は絶対に避けるべきでしょうφ(.. )
元金融庁の長官だった五味を西武HDの経営陣に押し込むなんていわれてますが、
あれが将にトラの尾で、もしサーベラスがこれをやると金融庁の面子を丸潰しにしてしまいます。
良くも悪くも、役人や官僚組織ってのは面子を大事にします
なぜなら面子を潰されると組織としての威厳が失われて権力や正当性を失いかねないからです。

元金融庁長官の五味を担いで西武HDに切り込む行為は最悪の選択肢で、
これをやるとサーベラスは金融庁の顔に唾を吐きかけて喧嘩を売ってるのと同じです(゚д゚)、ペッ
(西武経営陣はそれを知っててわざとサーベラスにこれをやらせようと仕掛けるでしょう)
もしサーベラスがこれをやると金融庁に赤っ恥をかかせてしまうことになるので、
そこから先は金融庁VSサーベラスのガチリアルファイトに発展する可能性が一気に増します
もしそうなれば、おそらくサーベラスは嬲り殺しにされてしまうでしょう

金融庁はすでに、サーベラスが五味を担ぐという発言に対して強い懸念を伝えています
もしサーベラスに頭が良いやつがいればこんなトラの尾を踏むような行為はしないでしょう。
もしサーベラスに馬鹿しかいなければトラの尾を踏んで自殺まっしぐらにすすむかもしれません

ss2286234570 at 11:35│Comments(1)TrackBack(0) IPO | 権力闘争

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ぺこぽん   2013年06月05日 21:26
サーベラスもアル・ゴア元副大統領や五味元金融庁長官を高額なギャラで雇用している。
日本の金融庁たアメリカに楯突くわけがない。
サーベラスもバカではない。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔