yogurting ヨーグルティング

2013年04月07日

増資をしなくなった岡三オンライン証券

2012年9月末 自己資本規制比率
http://www.okasan-online.co.jp/corporate/disclosure_pdf/2012_10_25.pdf

2012年12月末 自己資本規制比率
http://www.okasan-online.co.jp/corporate/disclosure_pdf/2013_01_31.pdf

直近の2012年12月〜2013年3月(第4四半期)の期間はまだ非開示なので不明ですが、
2012年9月〜12月(第3四半期)を見るとまだけっこうな赤字だったようです。
2012年9月末の資本金等(資本金や資本準備金などの合計値)が18億7900万円で
2012年12月末の資本金等が15億9700万円なので引き算するだけ。

15億9700万円−18億7900万円=2億8200万円


おそらくこの-2.8億円というのが第3四半期の決算の近似値になるはずです。
ちなみに2012年3月末は資本金等(資本金や準備金の合計額)が25億2000万円あったので、
2012年4月〜2012年12月の合計では、(推定)−9億2300万円の赤字でした。

過去の履歴を見る限り、岡三オンライン証券の資本金が20〜18億円を割り込むと、
常に親会社が10〜20億の増資をしてくれてたんですおね
ところが現在は、12月末に資本金等が16億円近くまで減少してしまっているのに、
増資の発表はまったくないままでそのまま放置されてるようです(´・ω・`)
業績良い・悪い関係なく商売を続けるためには自己資本規制比率は上げておく必要があります。
120%を割ると株の新規注文を東証に止められてしまうというルールがあるので、
今の岡三オンライン証券の自己資本規制比率218%ってのはお世辞にも良いとはいえません。
むしろ、万が一のために今すぐにでも増資をしておかなきゃいけないタイミングでそ。

まあ赤字なのは仕方がないというか、ただ業績が悪かっただけなのでそれで済む話なのですが、
自己資本がかなり低下してるのに増資をしないってのはちょっとどうなんだって話になります
正直なところ2012年度末の3月に増資をしなかったというのは驚きでした
ぼくちんもイオン銀行、じぶん銀行など業績の悪いネット金融機関をよく見ていますが、
子会社の業績がどんなに悪くても、少なくとも親会社は増資はしていました

「増資をする」ってのは、云わば親会社による「支援の意思表示」ですおね(。・ω・)ノ゙
「増資をしない」ってのはその反対の、「支援しない」っていう意思表示にもなりかねない訳です。
特に3月末というタイミングは来期以降の支援の是非の判断時期なわけで、
イオン銀行も、じぶん銀行も3月は常にどでかい額の増資を実行してました
つまりこれは親会社が「来年も支援し続けるよという意思表示になるわけです(`・ω・´)
もしこのまま親会社の岡三HDが子会社の岡三オンライン証券に増資をしないままなら、
それはもう親会社が子会社を見捨てたといわれても仕方のないレベルでそ
しかも、増資はしないけど値上げはするって、末期のジョインベスト証券と瓜二つですにょ(σ´∀`)σ
このままどんどん値上げをし続けて、野村ネット&コール(旧ジョインベスト証券)と
同じ水準まで値上げして、そのまま親会社の一部門に収まる気なんではないですか
もうビジネス継続の意思をまったく感じられなくなってきました(´Д⊂)


2013年01月20日 岡三オンライン証券がまた値上げ 大口優遇金利制度を廃止
http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/65713036.html

2013年03月22日 岡三オンライン証券 またまた値上げ
http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/65722499.html

ss2286234570 at 11:13│Comments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ネット証券 | 企業業績

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by コッちのパッち   2013年04月10日 00:39
1 じぶん銀行の名前を出すな糞ニート

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔