yogurting ヨーグルティング

2013年01月09日

完全なる天井フラグ

相場は悲観の中で生まれ、懐疑の中に育つ
楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えてゆく


http://kabusyo.biz/kakugen/soubahahikan.html
全体的な下落に陥いっている悲壮感の強い時に相場は芽生え、下落によるショックから大多数の人がまだ疑いの目で購入を控えているうちに株価は上昇に転じ、市場全体に安心感が広がることにより皆が買いはじめ上昇に勢いがでるが、その上昇により安心して油断しているときには相場は終わり、また下落していく。

ここのところ続々と天井フラグのお知らせが殺到してますにょ(σ´∀`)σ
おまけに、あれだけ一方的だった為替までが円高に切り替わるというありさま
完全なる天井で買い豚大虐殺の予感です(((( ;゚д゚)))

/用買い方の信用評価損率が1/4(金)にプラスに転じる

これはぼくちんの知ってる限り極めて高確率で当たるガチ天井フラグです。
今回もびっくりするくらい思いっきり当たってたので自分でも驚きでしたΣ(・ω・ノ)ノ
例年ならフラグがたってから数日後が天井だったと記憶していますが、
今回は年末をはさんだことでフラグが立った日がそのまま天井になってしまいました

株価関連の一般ニュースの氾濫


ふだんはまず絶対に株価など放送しないお昼のニュースまで株価報道する始末です。
報道ニュースでも軒並み株価上昇に関するニュースを流しまくり
主婦向けの番組で株式投資なんて紹介しはじめたら天井と思うべきでそう。

雑誌『週刊現代』で株特集がついにスタート!買い推奨銘柄の特集まではじまる。
http://kodansha.cplaza.ne.jp/wgendai/article/130107/top_01_01.html

これも鉄板の天井フラグです。雑誌は常に遅れて発行されるので地合いが改善して株価が上がりきったところで特集号が発売されるケースが多いです。
特に今回はリーマンショック以降で初の気合の入った買い煽り銘柄付きです。
すかさず週刊ポストでも安倍銘柄の推奨がはじまりましたm9(^Д^)プギャー
また主婦向けの雑誌で株のお奨め記事なんかがはじまると完全大天井を形成します

い海譴泙杷磴い鮃気┐討い人融匕の人たちが大挙して信用で株を買いまくりはじめる

松井証券のメルマガがなかなか参考になるのでこれを監視すべきでしょう。
数値を見比べるとわかりますが、株価が上がれば上がるほど売り残が減ってきており
大天井となった1/4付近が最も売り残が減少した時期に重なっています。
要は売り方がギブアップして泣きながら買い戻したタイミングに重なります。
また、株価が上がれば上がるほど増えていた買い残は1/7以降から異常なまでに激増しています
特に日経平均が小安く終わった1/7は押し目だと勘違いしたのでしょうか、
圧倒的な買い越しに片寄っており、買い残が5.8%急増しています(((( ;゚д゚)))
日経が暴騰した1/4以降で考えるとたった2営業日で買い残が137億円(10%)も増加してます。

12/10 売り残 316億円 買い残 1,255億円
12/11 売り残 316億円 買い残 1,253億円
12/13 売り残 340億円 買い残 1,225億円
12/14 売り残 337億円 買い残 1,231億円
12/17 売り残 339億円 買い残 1,238億円
12/18 売り残 348億円 買い残 1,234億円
12/19 売り残 354億円 買い残 1,236億円
12/20 売り残 356億円 買い残 1,260億円
12/21 売り残 345億円 買い残 1,306億円 
12/25 売り残 367億円 買い残 1,314億円
12/26 売り残 338億円 買い残 1,311億円
12/27 売り残 333億円 買い残 1,331億円
12/28 売り残 327億円 買い残 1,318億円
01/04 売り残 343億円 買い残 1,346億円
01/07 売り残 334億円 買い残 1,425億円
01/08 売り残 331億円 買い残 1,483億円

11/14(水)の日経平均は終値で8,664円で引けています。ここが最後の安値です。
日経平均が大幅に上げ始めたのが翌日の11/15(木)です。
多くの投資家は悲観論一色で保有株を売却しつつ新規売りをしているのがわかります。
そして日経平均はひたすら上げ続け、終値で9,423円を付けた11/27(火)まで、
個人投資家は死に物狂いで売り向って玉砕をしています(((( ;゚д゚)))
11/14〜11/27までの間に買い残は減り続け、売り残はなんと38.4%も激増しているのです
さらに、日経平均が加速度的に上げはじめた12/13以降は凄まじい勢いで売り残が増加しています
そして日経平均が大陽線を引いて引けた12/26に売り残が大きく減っています
おそらく多くの売り方の心がポッキリ折れて、泣きながら買い戻しをしはじめたのでそう

一方、11/15の上昇相場以降にひたすら減り続けていた買い残の動きにも注目です
12/19まで個人投資家の多くは非常に強い警戒心を持ており、株価上昇に懐疑的でした。
ところが、株価の先行にたいして楽観論が支配し始めた12/20からついに動きはじめます。
なんとそれまで株価上昇に猜疑心を向けていた個人投資家が信用で買い始めたのです
そしてそのまま楽観論のなかで投資家は高値を追いながら信用で買い続けます。
なんと日経平均が292円の大幅上昇を演じた1/4ですらさらに信用で買い増しているのですΣ(´д`;)
そしてとんでもない高値圏であることを忘れて個人投資家は1/7〜1/8も買い続けます
誰がどう考えたって高値掴みなのに、「押し目」と判断してさらに買い増しているのです。
そして、まるで神様に監視されていたが如く、すかさず為替が円高に動き始めました

為替は一度動き始めると、一定方向に一定期間動き続ける傾向があります
もし短期的にとはいえ為替が円高に向うならそこそこ時間がかかる可能性が考えられます。
ドル円は月足チャートで見ると完全にトレンド転換をして円安に転じていますが、
ぶっちゃけ月足チャートに出すら上髭陰線みたいなのが出ています。
トレンドとしては今後数年間ずっと円安だと思いますが、短期的には円高傾向の気配が強めです。
目先においては2週間〜4週間くらいは円高の向きが考えられると推測していますΣ(・ω・ノ)ノ
1月中においては日経平均10,200〜10,000円は考慮しておくべきかもしれません

11/08 売り残 231億円 買い残 1,276億円
11/09 売り残 223億円 買い残 1,297億円
11/12 売り残 216億円 買い残 1,314億円
11/13 売り残 213億円 買い残 1,322億円
11/14 売り残 213億円 買い残 1,317億円
11/15 売り残 223億円 買い残 1,294億円
11/16 売り残 237億円 買い残 1,256億円
11/19 売り残 251億円 買い残 1,238億円
11/20 売り残 255億円 買い残 1,232億円
11/21 売り残 262億円 買い残 1,230億円
11/22 売り残 279億円 買い残 1,211億円
11/26 売り残 285億円 買い残 1,212億円

11/27 売り残 295億円 買い残 1,210億円
11/28 売り残 280億円 買い残 1,228億円
11/29 売り残 292億円 買い残 1,218億円
11/30 売り残 300億円 買い残 1,214億円
12/03 売り残 303億円 買い残 1,224億円
12/04 売り残 304億円 買い残 1,230億円
12/05 売り残 306億円 買い残 1,235億円
12/06 売り残 315億円 買い残 1,228億円
12/07 売り残 320億円 買い残 1,225億円


ss2286234570 at 00:54│Comments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 悪材料 | 株式市況

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by はしごはずし   2013年01月13日 21:47
私もババ抜きに思えてなりません。
外資のはしごはずしはいつになるのやら。
2. Posted by ユロルも   2013年01月14日 16:59
GS様の買い推奨1.3700目標なんて話が出てますねえ。
日足上ヒゲを待つのみ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔