yogurting ヨーグルティング

2012年08月24日

稼げる会社と稼げない会社の差 〜商売人か、公務員か〜

昨今、国内大手家電企業の凋落がニュースを賑わせて
「痛いニュース」などで取り上げられて色々いわれてます(゚∀゚)アヒャヒャ
理由は色々と指摘されてますが、根っこのところはたった一つしかないでそうφ(.. )
おそらく彼ら(凋落企業)はまともな営業(売上げ)データをリアルタイムで持ってない。
あるいは、それらを会社内で共有してないので社員が危機感を持ちにくいんじゃないのかなと

例えば、シャープやパナソニックやNECの上級幹部や経営陣の人たちは、
前日に自社のどの分野のどの商品が何台売れてどれだけ売上げが出て利益があったのかという
詳細な営業データを日々チェックしてリアルタイムで指示が出せてるんでしょうか
そもそもそれらの詳細なデータを持ってないんじゃないか?という疑念を持ってます(´・ω・`)
もしかしたら一部の執行役員や経営陣だけは持っているのかもしれませんが、
少なくとも、それらが現場の営業社員や事務方の社員間で共有されてないんじゃないのかと。
ここまでまったく空気が読めてないのは、明らかに異常だと感じます
昔の話はさておき、最近の大手電機メーカーの社員ってほんと公務員化しています。
まず自社のことを知らない、知ろうともしない、そして無関心な層が多い。
名刺に書かれた名前が良くて給料さえもらえれば満足という層の人間がおそろしく多い。
まず自分たちが物を作って売って稼いでる“商売人”であるという認識がない

知ってる限りで、社員の平均値が一番高い企業ってだいたい商社と大手銀行です
入社後にしっかり勉強させてるので教養とか知識レベルが非常に高いですφ(.. )
仕事もできるけど基本的なことが叩き込まれてるなと感じます。
転職市場で、ここのセクターの人材の評価が高いのもうなずけます
酷いのはだいたいマスコミ関係と特に大手電機メーカーです。
まず不勉強なので基本的な知識とか興味・関心意欲がひじょーに低いです
※20〜40歳のいい大人が中学生ですら知ってるはずの「プラザ合意」「ブレトン・ウッズ協定」「国共合作」「二・二六事件」なんて言葉すら知らない。。。

ぼくちんの知ってる限り、稼いでる会社ほど社員一人一人が自社の実績や売上げに敏感です。
ぱっと聞いただけで日々の売上高や商品別売上げ数なんてのをさっと返答します。
やはり社内でしっかりと営業(=売上げ)データの認識を統一する仕組みがあるんでそう
(もちろんそれは、あくまで改善のための第一歩でしかないのですが・・・)
例えば、稼いでるコンビニやネット系の企業なんてのはこのへんがきっちりできてます。
昨日どころか、午前中/午後の商品別の売れた品数や売り上げデータを知ってます
経営陣だけではなくてむしろ中堅社員や営業統括部署のみならず
かなりの範囲で多くの社員がリアルタイムの売り上げ実績を知れる仕組みを構築してます
早いところは1時間おきに売上げデータや利益を捕捉して細かい修正指示を出しています。

特に家電系企業やエレクトロニクス系企業は「販売を他社に委託してる」ところが多いので、
結果的に、詳細な売上げデータをしっかりと補足できてないんじゃないのかという疑念があります。
そして商品別のリアルタイムの売上げデータすら持たないドンブリ勘定なので、
自社の商品が本当に消費者からどういう評価を受けてるのか把握していない
そして結果的に、自社の置かれている立場が理解できず、危機感に欠けてる傾向が強いでそ
やはり販売の現場と距離がある会社ほど社員が鈍感である傾向があります
社員数も多くて、みなが不勉強ならそりゃー会社自体も鈍感になって当たり前でそう(´・ω・`)

ss2286234570 at 12:56│Comments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 統廃合・消滅 | 撤退・廃業

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by アメックス スカイトラベラーカード   2013年02月02日 09:20
おはようございます。
今日もまた楽しい一日をお過ごしください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔