yogurting ヨーグルティング

2012年04月03日

クリック証券とDMMFXの競争が過熱

GMOクリック証券 【FXネオ】通常スプレッドをさらに縮小
2011年12月21日および2012年2月7日、3月12日の3度にわたり、当社店頭外国為替証拠金取引「FXネオ」の通常スプ レッドの縮小を行いましたが、その後の取引状況並びに収益状況を鑑みて、この度、2012年3月26日(月)午前9時より、さらに主要4通貨ペアの通常ス プレッドの縮小を決定いたしました。

【DMM FX】メジャー通貨ペア追加縮小決定!『限界ギリギリスプレッドキャンペーン』
現在ご好評中の『限界ギリギリスプレッドキャンペーン』において、3月27日(火)マーケットオープンより、さらに、メジャー4通貨ペアのスプレッド追加縮小を決定いたしました。



2011年の末頃からスプレッドの引き下げ競争が過熱してます。
特に激しい鍔迫り合いをしてるのがクリック証券とDMMFXですφ(.. )
過去4回とも、一方が引き下げるとその数日以内にもう一方も下げるという加熱っぷり
しかもすべての通貨ペアのスプレッドが横並びという状態です。
SBI証券と楽天証券が毎週のように株式手数料の引き下げ合戦をやってたのとダブります

ここで思い起こすのがSBI証券が2012年春にFX専業会社を設立するという話です。
こんなチキンレースやってるようなタイミングで参入するのって最悪のタイミングでそ
過去のSBIのやり方を見ると「後発で参入して安い手数料で一気にシェアを奪う」というやり方です。
ところがここまで激しい競争が起きてしまうと下げる余地もほとんど残ってません(´・ω・`)
ドル円0.3銭とかユーロ円0.6銭とかかなりのムチャしないとお客を奪えないでそ
一番良いタイミングは去年の秋から年末くらいだったと思います。
4月後半や5月以降に参入ってのは明かに「遅すぎた」んじゃないでそうかΣ(´д`;)

ss2286234570 at 23:45│Comments(0)TrackBack(0) FX業者 | 競争激化

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔