yogurting ヨーグルティング

2012年01月01日

12/30 大納会の株式市況

日経平均            8,455.35 (△56.46)
日経225先物              8,440    (△50   )
TOPIX                      728.61 (△ 6.49)
日経ジャスダック平均     1,180.05 (△ 4.75)
東証マザーズ指数           96.21 (△ 5.47)
騰落レシオ          109.94%  △11.83%
売買高            8 億3867万株(概算)
売買代金          4831億3400万円(概算)
時価総額          251兆3957億円(概算)
為替(15時)          77.53円/米ドル

前夜のアメリカ市場は大きく上げましたが日本史上の寄り付きは軟調でした
寄り付き直後は利益確定の売りがかさんで上げ幅を消しましたが、
途中から少し活気が戻ってきたのか少しずつ上値を追って終了しました
売買代金は2011年最小の4831億円でした。
これでついに5営業日連続6000億円割れという不名誉な記録を更新しました
ちなみに14営業日連続の1兆円割れという記録も更新中ですにょ(σ´∀`)σ


日経平均 +56.46 (+0.67%)
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=998407.O&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m65,m130&a=
チャートを見ると一目瞭然ですが下落トレンドからの脱却ができていません
とりあえず上値抵抗線を抜けないと本格回復は厳しいでしょう(´Д⊂)
ただ、安値更新は止まって少しずつ横ばいに移行してるような気配もあるので、
1〜2月で安値更新をしないようなら3月以降に回復に向かうかもしれません
どうしても欧州の金融危機が影響するので予測しにくいのですが、
今年の日経平均は7500〜10500円の範囲を予想しています
個人的に一番心配してるのは株価の低迷より「流動性の低下」です
市場というのは流動性があってなんぼの世界なので今の状態は非常に危険です
クリスマス休暇が明けて、年初になれば機関投資家がようやく帰ってきます。
さすがに出来高は回復すると思いますがそれでも少し気がかりです(´・ω・`)

虹技(5603) +62 (+27.68%)
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=5603.O&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m65,m130,s&a=v
虹技といえば新日本理化に並ぶ有名な仕手株です。
噂のK氏(旧誠備グループ)が手掛けているとされる大証の銘柄です。
今回はないがすごいって1日の売買代金が126億と時価総額96億を抜いたことです
明らかに仕手筋うんぬんの世界ではなく全員参加型の銘柄に見えます。
よっぽど他に手掛ける銘柄がなくて個人投資家の資金が余ってるようです。
ここの仕手筋は、流動株数が少ない東証2部や大証の銘柄を手掛ける傾向が強いです
大株主が大証金や日証協というのも他の銘柄にも通じている条件です
人を騙してお金を取ってる人ではないので、個人的には嫌いな人ではないです(。・ω・)ノ゙
今はさすがにこの手の仕手銘柄を触ることはないですが、
泰山の仕掛けたルック(2003-2004年)で2階建てやって儲けたことがあるので
K氏銘柄や泰山には足を向けて寝れないというのもあります(*´∀`*)ムフー

これはあくまで個人的な推測ですが
「旧誠備グループ」はおそらくどこかで、今でも証券会社と繋がってるとおもいます
なぜならこの仕手グループが動くのは「市場の出来高が減った時」だけだからです。
出来高が減って困るのは当然、株の手数料で稼いでる証券会社です
この手の仕手筋が動いて銘柄を盛り上げてくれた時
一番恩恵を被ってるのは間違いなく証券会社自身です(`・ω・´)
まるで証券会社を救済するために動いてるとしか思えないような、
そんな絶妙なタイミングでいつも仕掛けてるのはに何かあるんだと考えてます
ただ個人投資家を騙したり、損をさせたりしてる様子も見えないので、
個人的にも社会的な見地から見ても、非難には値しない仕手集団のような気がします。
(一言でいえば、必要悪という言葉に集約される存在なんじゃないでしょうか)

ビットアイル(3811) +200 (+0.10%)
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3811.Q&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m65,m130,s&a=v
年初から下がってる銘柄を取り上げても縁起が悪いので騰がってるのだけ書きます。
ぼくちんが監視してる銘柄の中で12/30に高値更新した銘柄はこれとローソンです。
出来高が少ないという致命的な問題を抱えてるので本気投資には向いてませんが
市場が閑散として暇で資金が余ってるときに触るには向いてます
業績がかなり良いようで、下げるとすぐに買いが入ってきて跳ね上げる傾向があります

アドウェイズ(2489) +300 (+0.18%)
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2489.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m65,m130,s&a=v#stayhere
監視してる銘柄の中でしょっちゅう高値更新してる銘柄といえばこれです。
てっきり12月の頭に調整に入るかなとおもってたんですが、
いちよし証券が買い推奨したせいで跳ね上がってそのままどんどん上値に入りました
買い増しするタイミングを失ったのでちょっとムカつきました(`・ω・´)
こちらも時価総額も出来高も少ないので本気投資には向いてないですが
値動きが良くてボラティリティがあるので短期で利幅を抜きやすいのが好きです。
一般的には広告代理店事業を手掛けてる銘柄と理解されがちですが、
最近は「怪物クロニクル」などのSNSアプリの大ヒットで潤ってるようです
また広告代理店事業を営んでる企業の中で新興国への進出を最も推し進めてます。
短期的な業績の変動はどうあれ、海外展開が軌道に乗ればこれも期待できるって事です。
ぼくちんがアドウェイズに着目してるのはこの3点です。
々告代理店事業からスマートフォンアプリ開発事業会社にビジネスモデルを変えた
⊆卞皀┘鵐献縫△鮴儷謀に採用して開発体制をしっかり準備してる
3こ暗験も積極的に行なってるのでけっこう長期的にも期待できそう
自分の監視してる銘柄の中で「時価総額が数倍に増えそうな銘柄」を探すと
今のところここくらいしか思いつきません。
未来のことは誰にもわかりませんが、時価総額350-500億はあっても良い気がします

サイバーエージェント(4751) +1,100 (+0.44%)
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4751.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m65,m130,s&a=v
サイバーエージェントといえば『広告代理店事業』と思われがちですが、
既にそのビジネスからは脱却して自分で仕入れて売る直販ビジネスに変化しています
自前で作って売るビジネスというのはすごく手間隙や資金がかかる大変な事業ですが、
成功すると荒利が数倍に跳ね上がるので旨味もものすごく大きいのです
決算の上方修正への期待も大きいので、けっこう上ブレするんじゃないかと予想してます
時価総額的には3000〜4000億円というのが一つの区切りかなと予想
最近は広告代理店事業にいた人間をどんどん他の事業に移動させてるようで、
かなり速いペースで組織も会社も環境に合わせて事業を変遷させてるようです(´∀`*)
10年前のITバブル意向の厳しい環境を生き残ってきたわずか数名の経営者なので、
ある意味において、経営に甘えがなく現実を直視できる優秀な経営者だと評価してます
社長のブログに事業の方針や何をやってるのか書いてくれるのもありがたいです。



ぼくちんが評価する企業は「環境変化に対応する能力の高い」企業だけです。
既存の縄張り意識や固定観念をためらいなく捨て去れる企業こそ評価に値します。
ここのところ予想してたより環境変化がより厳しくなってる感覚がありますΣ(´д`;)
これからは加速度的に日本経済が没落してアジアに資金が流れるでしょう
環境変化のスピードは過去の10年間より今後の10年間の方が
さらに早くなるはずなので、これに対応できない企業ってのは非常に厳しいはずです
今後の数年間において、その環境適応能力が強く問われるはずです(`・ω・´)
他社より数歩遅れただけで、その企業が10年後に消滅してる可能性が限りなく高くなるでそう

「数年以内に」といってる会社は消えて、「今年中に」といってる会社だけが残るでしょう(。・ω・)ノ゙

ss2286234570 at 22:16│Comments(0)TrackBack(0) 日本株 | 株式市況

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔