yogurting ヨーグルティング

2011年12月13日

ソーシャルゲーム銘柄で注目すべきなのは?

アドウェイズ、2012年3月期 第2Q決算 スマホ展開に注力で売上10.9%増に
売上高:88億2500万円(前年同期比10.9%増)
営業利益:5億6300万円(同14.5%増)
経常利益:5億7500万円(同16.1%増)
四半期純利益:3億4700万円(同30.6%増)
アフィリエイト広告事業、急成長が見込まれるスマートフォンアプリ市場および海外事業に投資を行い、シェアの拡大および収益力の向上に注力。ゲームアプリ『カイブツクロニクル』のユーザー獲得、『煙に巻いたらさようなら。』等の新規ゲームアプリのリリースおよびスマートフォンアプリ向け広告『AppDriver』のネットワーク拡大に取り組むとともに、既存サービスのスマートフォン対応を積極的に行った。

難局相場で頼りになる銘柄(5)=ドリコム―高値警戒感も下値は限定的か
ドリコム <3793> はソーシャルゲームを展開する。主力は「GREE」「mixi」。提供中のソーシャルゲームが想定以上に好調なほか、10月からはミクシィ公式リワード広告サービスの「poncan」の提供開始により、新たな売上への寄与が期待される。12年3月期単体業績予想は、売上高を41億円から70億円(子会社の売却などによる連結廃止で前期との比較はなし)、営業利益を4億円から13億円と大幅に増額修正。



グリー、DeNAを除いてSNS銘柄で注目すべき銘柄としてぼくちんが挙げるとすれば、
アドウェイズ、ドリコム、サイバーエージェントの3つを監視すれば足りると思います
最近、成長してるこの3社にはかなりの共通項が見られます。
,發箸蝋告代理店業やアフィリエイト広告事業をメインにしていた。
▲押璽爛▲廛螻発に極端に片寄った投資をしてエンジニアをかき集めてる。
アジアを中心とした新興国への投資を果断なく行なっている。

この3条件だけで簡単に成功を保証するなんて甘い事を言うつもりはありませんが
少なくとも他の事業を投げ打ってでも勝負を掛けてる投資戦略は高く評価してます。
ゲームアプリを自社開発してるので非常に利益率が高いビジネスに転換しています(´∀`)
もちろん開発したアプリが大失敗すれば大きな落ち込みの可能性もありますが、
順調に当てて成長したときのMAX値がかなり高いだろうと思うわけです
何よりも商売熱心で「お金に対する嗅覚が鋭い」「行動が早い」点が良いと思います


アドウェイズ(2489) +9,400 +7.09%
http://money.www.infoseek.co.jp/MnStock/2489.t/schart.html?search=1
時価総額113億円
チャートだけで判断すると目先では一旦調整を交えてもおかしくない感じです(´・ω・`)
時価総額と成長可能性から言えば「時価総額の価格改定」が起きる気がします
うまく投資戦略がはまって当たれば、時価総額が数倍になるんじゃないかって事です。

サイバーエージェント(4751) +2,100 +0.84%
http://money.www.infoseek.co.jp/MnStock/4751.t/schart.html?search=1
時価総額1651億円
ITバブル崩壊後にこれでもかというくらい批判されて叩かれて生き残ってきた会社です
環境変化に果断なく順応して生き残る力があるというのは最大の褒め言葉です
サイバーというとちゃらい営業社員が遊んでるようなイメージがあるのも事実ですが、
あくまでこれは全体の中の一部であって広告代理事業は収益の柱でも何でもないです
すでに社員の35-40%近くがシステムエンジニアで占めるほどまでに変化しており、
本当の意味でのIT企業に生まれ変ってる点を評価すべきと考えます
新興国への投資も抜かりなく、潜在的なポテンシャルはかなり高いと評価してます

ドリコム(3793) +29,500 +22.78%
http://money.www.infoseek.co.jp/MnStock/3793.t/schart.html?search=1
時価総額215億円
現在はすでに株価が噴いてしまっているので今さら買おうとも思いません(´・ω・`)
しかし、何度失敗してもすばやくビジネスモデルを軌道修正して立ち上がる
新興企業としての打たれ強さと諦めの悪さは高く評価できる面もあると思います
足元で、韓国系オンラインゲーム大手のネクソンの新規上場に絡んでなのか
SNS関連銘柄の中でもソーシャルゲームに近い銘柄がやたら噴いてます
もちろん目先の株価はネクソン上場までの短期勝負かもしれませんが、
中長期的に見ても企業としての成長潜在性は十分にあると評価しています
株価が放置されて下げて転がってる状況なら買いかなと思いますφ(.. )
ソーシャルゲーム銘柄としてというより、企業としての打たれ強さやしたたかさ。
ビジネスに対するお金に対する嗅覚が鋭いなという点がいいです


上に書いてる内容をそのまま鵜呑みにするようなら投資は止めるべきです。
そうではなく、そういう観点から銘柄を見る方法もあるなという程度に留めて下さい。
興味があれば自分の漢詩銘柄一覧に加えてもらってもけっこうです(*´∀`*)ムフー


ss2286234570 at 03:28│Comments(2)TrackBack(0) 企業分析 | 新興企業

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by しょうじ   2011年12月14日 20:13
文末の最後で予防線張っててくそだせえw
2. Posted by なつ☆ていおう   2011年12月14日 23:01
時期的に買うタイミングとしてはベストじゃないからだよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔