yogurting ヨーグルティング

2011年09月13日

PTSが次々と終了しているようです(´・ω・`)

カブコムが不採算のPTS業務を終了へ、参入から5年で
カブドットコム証券は12日、私設取引システム(PTS)の運営業務を2011年10月末で終了すると発表した。PTSの取引金額が拡大せず、不採算な状態が続いていたため。12年3月期の上半期に、PTS業務終了に伴う関連システム資産の除却損2億6000万円を計上する。
欧米ではこうした背景から、既存の証券取引所に対しPTSの取引シェアが大幅に拡大。日本では依然として東証のシェアが9割超を占めるものの、PTSのシェアは徐々に拡大している。日経225銘柄の東証のシェアは2010年8月は99.09%だったが、11年8月は94.41%に縮小し、PTSの浸透が裏付けられた。

カブドットコム 私設取引システム(PTS)業務の終了について
PTS業務の終了により、関連するシステム資産の除却等が発生するため、当第2四半期において約2.6億円の特別損失を計上する見込みです。
これらにより本年度上期(2011年4月〜9月)と比較して、下期(2011年10月〜2012年3月)の営業利益を約3億円増加させる効果を見込んでおります。

松井証券 PTSによる「即時決済取引」終了のお知らせ
松井証券では10月中旬(予定)より、「即時決済信用取引」の取扱いを開始します。本サービスの取扱い開始にあたり、9月16日(金)をもって、現行のPTSによる「即時決済取引」の取扱いを終了します。


一時はPTSブームとなり各社のPTSが乱立した時期もありましたが、
株式市場そのものの低迷と不採算事業化してしまったことにより次々とPTSが終了しています
結局のところ、市場シェアが取れなくて採算のめどが立たなかったということですにょ(σ´∀`)σ
野村が買収したチャイエックス・ジャパンとSBIジャパンネクストだけはシェアが増えてるので
このままいけば業績が黒転してサービスが継続する可能性が高めのようです
やはり、市場シェアを取れるだけの規模があるかないかが勝負の分かれ目だったようです

松井証券はPTSは廃止するものの即時決済サービスそのものは存続させるようですΣ(´д`;)
従来のPTSにあった内部的な仕組みはそのまま継続して、
約定処理をPTSではなく大証の取引所外取引を経由する仕組みに変更するようです。
ただし、松井証券内で顧客同士の注文を付け合わせて約定させるだけなので
注文が少なければ約定しないだけのどうしようもない内容になっています(゚д゚)、ペッ
結局のところ、流動性を担保する仕組みにまったくなっていないので失敗するでしょう
せめて自己でリスクを負ってマーケットメイクをするとか、外部のMMを導入するなどして、
反対注文を出して流動性を保証するような仕組みになってなければお話しになりません。
なんでこんな下らないサービスを企画するのか精神構造を疑ってしまいます(゚д゚)、ペッ


ss2286234570 at 08:21│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ネット証券 | PTS

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔