yogurting ヨーグルティング

2011年08月26日

FX会社の事業廃止と身売りが相次いでるようです

7/10付で店頭FX事業から撤退、ODL JAPANへ承継=三京証券
http://www.sankyo-sec.co.jp/pdf/press/press11_6.8.pdf
当社は、平成23年6月8日開催の取締役会において、当社の外国為替証拠金取引事業(以下、「FX事業」といいます。)を、会社分割の方法により、ODL JAPAN株式会社(以下、「ODL JAPAN」といいます。)に承継させることを決議し、同日付にて会社分割契約書を締結いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

7/10付でODLと合併、新商号FXCMジャパン証券に=FXCMJ
http://www.fxcm.co.jp/company/press/2011/0607.pdf
株式会社 FXCM ジャパン(以下「FXCM ジャパン」)とODL JAPAN 株式会社(以下「ODL JAPAN」)は2011 年7 月10 日(日曜日)付けにて合併を実施し、FXCM ジャパン証券株式会社(以下「FXCM ジャパン証券」)として新たにスタートいたします。
2011年3月31日付でFXCMジャパンがODL JAPANと同様にFXCM Inc.(NYSEティッカ―:FXCM)の傘下入りをしたことをうけ、両社の持つ経営資源を効率的かつ最大限に利用し、グローバル・カンパニーとしてより競争力のある総合的なサービスを提供すべく、早期統合することが望ましいと判断いたしました。

8/21付で「OANDA Japan」に商号変更、サイトも刷新=My外貨
http://www.oanda.jp/

10/8付で店頭FX取引サービス終了=フォレックスクラウン
http://www.fxcrown.com/campaign_seminar.html#new_inf
弊社は、10月8日(予定)を目処に現在お客様に提供しております店頭外国為替証拠金取引「フォレックスクラウンFX」のサービスを終了することと致しました。
これにより、当社の店頭外国為替取引事業は、BtoB取引サービスに一本化し、経営リソースの集約を図ることで、さらなる業績向上を推進してまいります。
お客様には、唐突に、かつご不便とご迷惑をお掛け致すこととなりましたが、何卒、この段、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。


8月1日からFXのレバレッジ上限が25倍に規制されたのがきっかけなのか、
このところ、中小のFX業者がかなりのハイペースで身売り・事業廃止をしてるようです。
その他でやたら目立つのが「海外FX業者による国内FX業者の買収」ですね
国内事業の継続性が厳しいと判断したFX業者が身売りをして海外業者が買収してるようです。
海外は欧米を中心にして日本よりもレバレッジ規制が厳しくないのでかなり有利です(´∀`)
特にイギリスなどは今でもレバレッジ上限400倍だったような気がします
そういう事業環境が緩くて商売がしやすい国では、事業を拡大してる大手が多いので、
規制強化で衰退してる国の会社をどんどん買収するという傾向が世界的にあるようです

上の記事にある「MY外貨」とは元ライブドア証券のFX事業部門ですね
証券部門はオリックス証券(現マネックス証券)に買収されて統合されてしまったのですが、
FX事業部門だけ買収されずに独自サービスとして細々と生き残っていたようです
今回ついに海外業者のOANDAに買収されたので跡形もなくなってしまいました。
ライブドア証券というものの残骸が、ついに日本国内からなくなってしまったともいえるでしょう


ss2286234570 at 08:02│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 統廃合・消滅 | FX業者

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔