yogurting ヨーグルティング

2011年05月07日

ミタルとソフトバンク

「iPhone」の売上高が携帯電話業界で世界1位に、Appleが王者のNOKIAを抜く
Androidの猛追を受け、世界シェア3位となったAppleの「iPhone」ですが、売上高で世界シェア1位のメーカー、NOKIAを抜き去って世界首位となったことが明らかになりました。
ロイター通信社の報道によると、調査会社の「Strategy Analytics」がまとめたレポートにおいて、2011年1〜3月の売上高が世界1位になったそうです。
市場シェア1位の携帯電話メーカー、NOKIAを抜き去っており、NOKIAが94億ドル(約7696億円)を売り上げたのに対して、iPhoneは売上高は119億ドル(約9743億円)に達したとのこと。

中国版Facebook「レンレン」がナスダック上場
世界最大のSNSフェースブックよりひと足先に、「中国版Facebook」と呼ばれる「レンレン(人人網)」が5日、米ナスダック株式市場に上場し、最大で71%株価は上昇した。これで同社は、7億4330万ドル(約598億円)を調達した。
同社は日本のソフトバンクが3分の1以上の株式を保有している。

NTTドコモ(9437) -900  -0.6%
http://money.www.infoseek.co.jp/MnStock/9437.t/schart/
時価総額 6兆4558億円

ソフトバンク(9984) -80 -2.4%

http://money.www.infoseek.co.jp/MnStock/9984.t/schart/
時価総額 3兆5236億円

KDDI(9433) -5,000 -0.91%
http://money.www.infoseek.co.jp/MnStock/9433.t/schart.html?search=1
時価総額 2兆4531億円


短期的な株価の話ではなく今後のソフトバンクの展開について書いてみますφ(.. )
上記の3社の中で最も資金効率がよくて再投資が上手な会社は間違いなくソフトバンクです
ドコモとKDDIは既存の顧客基盤があるので営業利益は確実に稼げていますが
成長という意味での再投資はかなり下手くそで、資金効率は非常に悪いです
もし3社が同程度の資金を持って同じ期間経営すればドコモとKDDIは必ず負けます
確かにソフトバンクは、他の2社のように通信技術開発の基礎研究とかやってないので
その手の投資が少ない分だけコストが安くて料金を下げて競争できるというメリットがあります
一方で、大元の通信技術をもってないということは長い目で見ればかなりのデメリットです(´・ω・`)
ではその差を埋めるためにソフトバンクは何をするでしょうか?
ここから先はほぼ妄想の領域なので適当に読んで下さい、でも必ずやるだろうと思ってます。

ソフトバンクはファンドみたいなのを作って中国などの新興企業に投資なんかをやってますが
これはあくまでキャッシュを稼ぐための手段としてやってるわけですよねφ(.. )
じゃあ、その稼いだ余剰資金は何に使おうと考えているのでしょうか?
別に証拠も資料も何もないですが、ぼくちんの予想ではアジア市場への投資資金でそう

現在のソフトバンクはかなり好調ですがまだ負債も多く設備投資にかなり資金が必要です
ドコモもKDDIも強敵なので、当面はそこに資金と人を集中させないといけません。
ただ短期的には国内戦略に集中せざるをえない状況があるのでやらないでしょうけども
3〜5年先に資金と時間的余裕ができれば必ずアジア戦略に出るはずです(`・ω・´)
アジア地域は、現在世界で最も人口と一人当たりGDPと国内消費が増えてる地域です
国内人口はもう減少に入るタイミングなので短期はともかく長期的には魅力がありません
5年以上先の成長力を維持するにはアジアに打って出るしか手段が残ってないのです。

おそらく携帯電話事業やファンド事業で稼いだ余剰資金をありったけ注ぎ込んで
今後、経済成長と人口増加が期待できる地域の携帯電話会社を買収するはずです
(おそらくインドネシア、タイ、ベトナム、マレーシア、カンボジアなどの地域)
フィリピンは人口が多いのですが富がごく一部に集中一すぎて平均個人所得が伸びにくく
大きな市場として期待しにくいのと電力事情などでやらない気がします
中国も政治問題が絡みやすい通信事業で進出するにはちょっと向いてないと思います
(10年後にもしかしたら共産党独裁が終わって民主制に移行してる可能性もありえますが・・)

おそらく後5年もしないうちにソフトバンクは香港上海あたりで上場するはずです
これから衰退確実な国内で上場させても資金調達が必ずしも有利とは言いがたいです。
なにより、高い評価を受けれる市場に上場させておいた方が絶対に有利に働くからです
成長力の高いアジア地域の携帯会社を買収しとけばかなり高い確率で成功を期待できます。
その成長が香港や上海の自社の株価に反映されれば有利な時価総額を引き出しやすくなります
ぼくちんが言ってるのは、バブルとして時価総額を膨らませるというような意味ではなく
これから衰退していくであろう資金が入らない国内市場よりも
資金が入ってくる海外市場の方が正当な評価を受けやすいという意味です(´∀`*)

大きな市場で上場して高い評価を受ければより資金調達が有利に運びます
そして最終的にはNTTドコモを買収するという運びになるだろうと予想しています。
そしてドコモの技術を参加のアジア地域の携帯電話会社に技術供与していけば
自分たちの技術に囲まれたネットワークと顧客基盤のできあがりとなるでしょう
アジアそのものを自分たちの技術に囲んで商売圏にしてしまえば死ぬほど儲かるでそ
これをやってアジア1の通信会社になれば超メガ企業になれるはずです。
ソフトバンクと孫社長自身が健在で事業がきちんと上手く運営されているならば
おそらくその時期は10〜15年後あたりになるだろうと思ってますにょ(σ´∀`)σ
これに近いことをやってるのがミタルでおそらくソフトバンクもそれに近いことをやるはずです。
日本政府が買収を制限して邪魔をしない限り今のままならドコモはたぶん買収されるでそう


新日鐵に「ミタルの恐怖」ふたたび自社株下落で「射程内」に
http://www.sentaku.co.jp/category/economies/post-554.php

新日鉄・住金、世界に王手 「規模追求」でミタル・中国勢に対抗
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110204/bsc1102040732001-n1.htm


ss2286234570 at 04:13│Comments(12)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 携帯 | アジア市場

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by あ   2011年05月07日 12:00
マネックスとどう違う?
2. Posted by なつ☆ていおう   2011年05月07日 14:47
前にも指摘していますが
マネックスはキーマンが抜けてるし決定的に人数が少ないから、複数国での海外展開できるほど管理部門が磐石とは思えないですね。
連結社員数が2万人いて海外キャリアが豊富な人材がいくらでもいるソフトバンクをマネックスと同列で語るのはあまりにもおかしい。
ソフトバンクは海外キャリアの豊富な人材がいっぱいいるSBIから人材紹介受けれるというメリットもあります。

海外展開で一番重要なのでお金じゃなくて人材ですよ。
あまりに急に拡大しすぎて管理部門が人手不足になれば失敗確率はかなり高くなるでそ。
それを埋めるためにはどうしてもいくつかの失敗と時間がかかると思います。
3. Posted by あ   2011年05月07日 17:29
SBI??
4. Posted by え?   2011年05月07日 17:41
なんでここでSBI??
5. Posted by かわべり   2011年05月07日 20:07
ソフトバンクが中国に上場するか、アメリカに上場するか解りませんが、
ソフトバンクは減価償却を遅らせて遅らせて利益を出していたので、いづれ、大きな除却損という形でお目見えすると思います。(LTEの予定は一番最後尾になるそうですし)
一番問題なのは、3G回線を回避する形で使っていた公衆無線LANのBBモバイルの回線がADSLを使っていて、技術的な耐用年数を超え始めていることじゃないでしょうか?
そう考えると、ちょっと怖いですね。

ミタルは鉱山を持っているのが、最大の特徴ですが、ミタルよりBHPのがオッカナイのが新日鉄の気持ちだと思います。
昔は、ミタルもブイブイ言わせてましたが、中国勢の拡張に次ぐ拡張は凄いですからね。河北鋼鉄集団と上海宝鋼集団を足すとミタルを超えるわけですし、ミタルも中国市場への食い込みに必死ですから。
日本のメーカーを買収するよりは中国の小さな高炉を狙うはずでしょう。
もっとも、資源メジャーの前ではミタルも強い企業ではないですから、これ以上の買収がありえるのかは難しいと思っております。
6. Posted by なつ☆ていおう   2011年05月07日 21:13
おいおい・・・SBIはソフトバンクから独立してできた会社ってことも知らんやつしかいないのけ?
よくそんな初歩的なことも知らずにSBIやマネックスに言及できるな。


商号のSBIは、元々ソフトバンクグループの企業として設立されたため「SoftBank Investment」の略であったが、その後同グループを離脱し「Strategic Business Innovator(戦略的事業の革新者)」の略に変更した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/SBI%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B9
http://ja.wikipedia.org/wiki/SBI%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B9
7. Posted by なつ☆ていおう   2011年05月07日 21:27
>ソフトバンク株式会社の持株会社制導入に伴い、1999年4月にソフトバンクの管理本部55名を率いて中間持株会社としてソフトバンク・ファイナンス株式会社を設立。

そもそもSBIはソフトバンクの管理部門が独立してできた会社だから、SBIに10年以上在職してる幹部社員のほぼ全員が元ソフトバンクの社員だったの。
社歴の長いSBIグループ各社の取締役や役員には旧ソフトバンク在籍者がいっぱいいるでしょ。
その管理部門も北尾さんが旧野村のつてで引っ張ってきた人が多いけど。

今はもう資本の関係は絶たれてるけど、大元は同一会社の管理部門だったんだから人材交流はあるでしょ。
人的関係があるってことはSBI→ソフトバンク、ソフトバンク→SBIに人材紹介や移籍をやっててもごく普通でしょ。
8. Posted by ええ?   2011年05月07日 23:33
だからそれ、思い込み全開じゃん。
SBI自体海外で成功しているとは思えないし。
9. Posted by あ   2011年05月07日 23:46
SBIのソフトバンクからの資本離脱は、北尾の投資家に対する嘘裏切りか、
ソフトバンクの嘘裏切りのどちらかだからな。

どっちも信用できん。
因みにこのSBI株の売却に関しては孫も北尾も一切説明がない。
10. Posted by ちょ、   2011年05月08日 00:04
1 それ言ったらドコモもKDDIも元は同じとこですから
11. Posted by なつ☆ていおう   2011年05月08日 04:03
>SBI自体海外で成功しているとは思えないし。

SBIは海外で大成功してるでそ。
海外ファンド事業だけでこれまで数百億円以上稼いでる。海外市場が荒れたリーマンショック前後はかなり厳しかったみたいだけどそれ以降とそれ以前はずっと大きく稼いでる。
そんなもん決算書読めば誰だってわかる。
12. Posted by なつ☆ていおう   2011年05月08日 04:11
>SBIのソフトバンクからの資本離脱は、北尾の投資家に対する嘘裏切りか、
ソフトバンクの嘘裏切りのどちらかだからな。

SBIは自己資本規制比率が下がると商売ができなくなるからソフトバンクと資本関係を切りたかっただけでしょ。
借金をくり返すやり方に対して北尾も苦言を何度か言ってたみたいで、最終的には孫が「迷惑をかけて済まない」って北尾に謝って、SBIの自己資本に影響が及ばないように資本関係をなくしたって孫も語ってる。
月に一回は必ず二人であってお互いの意見交換してるって雑誌でも何回も紹介されてるじゃん。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔