yogurting ヨーグルティング

2011年04月29日

楽天がマネパを切ってFXの自社開発をするようです

次世代FXプラットフォーム開発着手のお知らせ
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/company/newsrelease/pdf/press20110428.pdf
楽天証券株式会社は外国為替証拠金取引(FX)の一層の競争力強化を図るべく、年内のサービスインを目処に自社による次世代FXプラットフォームの開発に着手いたしましたことをお知らせいたします。弊社ではお客様へのサービス向上を推進し、今後ともFX事業の拡大を図ってまいります。

0406










どうやら楽天証券もFXのシステムを自社開発することに決めて着手したようです
確かに今年の8月にもFXのレバレッジ規制が入るのも事実ですが
大手ネット証券はなんだかんだで業績が安定してるのでFXのレバ規制の影響は限定的です。
むしろ長期的には自社システムを持っていた方が競争力ももてるし収益力も向上します
SBIリクイディティマーケットというFXのマーケットメイクを専門にやってるFX子会社を作ったことで
SBI証券のFX部門の収益が凄まじい勢いで伸びて証券部門の減収を補うことができました。
楽天証券もこれをマネして自社のシステムを持ちたいということなんでしょうφ(.. )

現在のところFXの自社システムを持ってる大手ネット証券はマネックスSBI証券だけ
マネックスは旧東京フォレックスというFX専業会社を子会社化したので
厳密に的に言えば違うんだけど、自社グループにシステムを持ってるので高収益です
一方、FXの自社システムを持ってないカブドットコムはFXの収益率が非常に低いまま
松井証券も競争力の無い10年以上前の中古品のFXシステムを使いまわしてるので
競争力もなく収益力も低いままで証券部門の減収をまったく補えていません(´Д⊂)
松井とカブドットコムは過去に戦略を何度もミスして収益の分散化に失敗しています
ぼくちんがこの2社を厳しいと指摘してるのはそーゆーとこにも原因があります(`・ω・´)

マネーパートナーズ(8732) +290     +1.56%
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8732
今回の楽天証券の動きで一番影響を受けるのはマネーパートナーズでしょう
マネパは全売上げの36〜39%近くを楽天証券からの売上げで構成されてるようです。
つまり楽天証券が自主独立のFXシステムを作ることに着手したとなれば切り捨てられます
8月のレバ規制で売上げが2割減って、さらに売り上げが37%減るようなことになれば
現在の売上げが将来的に半減することを意味してるのではいでしょうか
マネパは固定費コストが高くて売上げが落ちると利益が出せない仕組みになってます
これまでは、いずれマネパは楽天に合併されて吸収されるという甘い考えでしたが
楽天から切られると決定したのでもう救済の可能性が一気に縮小してしまいました
(楽天証券がマネパの株を手放すような事態になればもっと悲惨になる可能性もあります)
少なくとも今回の楽天証券の発表されてしまったからには投資する価値は限りなく0でそ

ss2286234570 at 11:47│Comments(2) FX業者 | ネット証券

この記事へのコメント

1. Posted by あ   2011年04月29日 12:34
1 続きはどうした?
2. Posted by き   2011年04月29日 18:12
楽天、思ったより早く発表したね。
相対FX業者は、規模が大きいほど収益の維持が難しい。
一気に駆け上がった会社は、墜ちるのもまた加速度的に早い。次はクリックあたりだな。まだ知られてないだろうが。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔