yogurting ヨーグルティング

2010年07月31日

楽天証券がこれから伸びると予測する理由(*´∀`*)ムフー

楽天グループ金融事業のシナジーを拡大
http://www.rakuten-bank.co.jp/press/2010/100628.html
楽天銀行株式会社と楽天証券株式会社は、2010年7月1日(木・予定)より金融商品仲介業の業務提携をいたします。
楽天銀行と楽天証券は、これまでも投信積立の自動振替サービスにおいて連携しておりましたが、お客さまの幅広い資産運用ニーズにワンストップでお応えできるサービスを提供するため、この度の業務提携に至りました。今後はさらに連携を強化し、将来予定している両社間の口座連携サービスをはじめとした、従来のネット銀行やネット証券にはない利便性の高いサービスを提供してまいります。
業務提携の第1弾として、楽天銀行のウェブサイト上で楽天証券の証券取引口座の勧誘や同社が取り扱う金融商品のご案内を開始いたします。


ぼくちんはかなり前から「楽天証券がここから伸びる」とかなり推奨しています。
世間ではSBI証券(=イートレード証券)が圧倒的だという評価が強いですが
ぼくちんの個人的な予想では楽天証券の将来性はだと予想してます

なぜならSBI証券単体ではどちらかといえばグループの重荷を負っていて
グループの利益の半分を稼ぎ出しながらグループ他社があまり役に立ってないからです
一方、楽天証券は楽天グループの恩恵を最大限に受けれるという恵まれた立場にあり
グループとしての結束力とかシナジー効果というやつがもの凄く出てきてるからです
ネット利用者に非常に人気の高い楽天ポイントを自由に扱える立場にあるので
集客とか新規口座獲得面でのグループ支援が非常に働きやすいのです
また、楽天銀行(=イーバンク銀行)が買収されて同じグループになったことで
楽天銀行経由の新規顧客の流入もこれから大きく見込めるでしょう(*´Д`*)
(SBI証券はどちらかというと、証券の客が銀行に流れ込んでる構図なので楽天と逆です)

時間の問題で楽天証券が新規口座獲得数でSBI証券を抜いてTOPに立つでしょう(´∀`*)
楽天証券はSBI証券に比べて勝ってるものが今まで何もありませんでした
集客という面でSBI証券に勝てば、それが他の面でも効力を発揮してくると思われます
たった一ヶ所でも堰を突破できれば一気に流れが変わる可能性を秘めてるって事ですにょ(σ´∀`)σ
5年後には楽天証券が業界TOPのネット証券になってても不思議ではないと考えてます
地味な競争なだけに、派手さとは無縁な本当の会社の実力が勝負の分かれ目なのです

ss2286234570 at 09:47│Comments(8)TrackBack(0) 企業分析 | ネット証券

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by かわべり   2010年07月31日 17:40
1週間の手数料千円毎でJALのマイルが1マイルとかやれば、JALカードの客が来ると思うんですけどねえ。。。
岡三オンラインとか、クリックとか、カブドットコムとか松井とか、JALと組むとのが一番と思うのですがドコもやりませんねえ。。。
一番のポイントはマイレージ側から流れ込む客はソコソコの金がある人が多いので決して損はないと思うのですが。。。
2. Posted by ななし   2010年07月31日 19:15
その点楽天ポイントはANAマイルに交換できるから、ANAの客も流れてきてるのかもね。
交換率は楽天:ANA=2:1だからあんまり良くはないけどさ。
3. Posted by 名無し   2010年07月31日 22:48
楽天のシステムが顧客増に耐えられなく障害が多発しそうだね
4. Posted by なつ☆ていおう   2010年08月01日 08:00
最近は株の手数料もかなり競争で下がってるし、出来高が減って手数料収入が減ってるからポイントのバック増やすと厳しいんでしょ。
交換性や換金性が高くて価値のあるポイントを配ってくれるネット証券って楽天とマネックスだけだと思います。
(SBIのポイントは交換性や換金性がしょぼすぎる)
マネックスは高い手数料払ってるから手数料の払戻し(キックバックとして)ポイントを配ってるだけで、逆に言えば高い手数料を払わないとポイントは貰えないということです。

結局は【2択】になってしまう。
・高い手数料のかわりにポイント配る
・手数料安い代わりにポイント配らない
5. Posted by なつ☆ていおう   2010年08月01日 08:06
ドコモポイントとか、JALポイントとか、楽天ポイントとか、やりようはいくらでもあるかもしれないけど、相対的に儲かるのはポイントを発行してる発行元企業ですからね。
ポイント配っても儲からなければ誰もやらないということ。

楽天証券はその点、ポイントの発行元が親会社だから、ポイント発行してもグループ内で循環してるだけだからキャッシュが外部に流出しにくい仕組みになってます。
いわゆる「楽天経済圏」ってやつですね。
あの仕組みは本当によくできてると思いますにょ(σ´∀`)σ

いくらポイントを発行しても同じグループ内で消化してる限りはグループ全体として見れば損失もキャッシュの流出も起きない仕組みになってます。
楽天証券単体でポイントを大量に配って損が出てるように見えたとしても、そのポイントがグループの他社商品を買ってくれる資金になれば問題ないのです。

楽天証券→楽天グループの会社
6. Posted by なつ☆ていおう   2010年08月01日 08:12
それと、ポイントの付与と交換ってけっこう大変でしょ。
計算間違えると影響範囲が大きいし、ポイント付与対象の商品が増えるとその度に管理コストが増えます。
ポイント制度を作るのは簡単でもそれを長期的にメンテナンスして運用すること自体にコストがかかります。
昔、マネックスが付与ポイントの計算に大きな間違いがあったとかで監督官庁から指摘されて処分受けてましたよね。

楽天の場合はグループ全体としてポイント付与と発行と交換のシステムがしっかり完成してるから、管理コストや運用コストも安く済んでるんでしょうし。
7. Posted by なつ☆ていおう   2010年08月01日 08:24
ANAのマイレージポイントはポイント制度として大成功してるってよく聞きますにょ(σ´∀`)σ

結局のところ、ポイントを新設して他社の有力なポイントと交換するサービスをやったところで、最終的に儲かるのは実際に消費してくれる側のポイント発行会社だけです。
流通性と換金性の高いポイントを発行してる一部企業しか儲かる仕組みになってないって事です(´・ω・`)

その一部企業になるくらいの気合入れて新ポイントサービスをやらないと、儲からないからいつかはサービス廃止の憂き目に会います。
SBIは本気でポイントサービスをやろうとしてるみたいですが、最終的に消費される有益なポイントでないのでうまく事業として成り立ってません。

家電販売会社が営業強化のためにポイント制度を導入して大々的にやっていますが、けっこうコストが嵩んで営業利益を減らす原因になってるので困ってるみたいですね。
やらないと商品が売れにくいから導入するしかない。
でも、導入したらしたでコストが嵩んで収益を圧迫してしまう。
痛し痒しなんだそうです。
8. Posted by ある   2010年08月03日 01:56
なつさんのコメをコメントにしておくのはもったいないので、記事にしてください@w@

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔