yogurting ヨーグルティング

2010年07月31日

ネット銀行の業績を比較してみる

ネット銀行のいくつかが4-6月期の第一四半期決算を発表してたので比較しました。

じぶん銀行
http://www.jibunbank.co.jp/pc/corporate_profile/financial_information/statement/statement_20100729.pdf
経常収益  9億8400万円(+223.6%)
経常損失 15億6800万円(− 23.6%)
純損失   15億7000万円(− 23.6%)

経常収益(=売上)が増えたことで損失が5億円ほど減ってきています
売上が増えてコストはそのままだったので相対的に損失が減ったという感じです
ようやくここにきてちょっとましになってきたかなという印象です
しかし、過去の累積損失が198億円もあるのでこのまま営業を続ける意味あるのでしょうか
他の新規参入のネット銀行に比べて売上が増えるスピードが恐ろしく遅いです
利益云々以前に、企業としての成長力と成長スピードが劣っているのは非常に良くないです(´・ω・`)

ジャパンネット銀行
http://www.japannetbank.co.jp/company/financial/pdf/2011_quarter1.pdf
経常収益 49億1800万円(−  1.2%)
経常利益  7億0200万円(+26.6%)
純利益    6億5400万円(+17.9%)

売上(=経常収益)はほとんど変わっていませんが2億円ほどコストを圧縮したおかげで
収益的にはそれなりに改善してきたのかなという印象です
しかし、一方で、口座や預り資産の増え方がかなり鈍化してきているのが懸念材料です
おそらくこれは住信SBIネット銀行の参入の影響なのではないかと予想されます
収益面は年々良くなってきてるのは評価できますが相対的な競争力が落ちてるのは懸念です。
成長スピードの鈍化は長期的に見るとかなりダメージが大きいからです(´;ω;`)

住信SBIネット銀行
https://contents.netbk.co.jp/pc/pdf/pr/20100728_fs.pdf
経常収益 66億5400万円(+35.4%)
経常利益  6億6900万円(−18.7%)
純利益    6億8800万円(−19.2%)

売上(経常収益)は17億円ほど大きく増えていますがコストは19億円近く増えています
差し引きで2億円ほど経常利益が減少したようですにょ(´Д⊂)
資金調達費や営業経費が大きく増えたということは
預かりと口座を増やすために新規顧客獲得のための費用を増やしたのだと予想されます
グループでCMなんかを開始したのでその費用も含んでなのかもしれません。
売上の部分がしっかり増えてるので一時的に営業経費が増えたとしても
どこかで経費を少し切り詰めれば一気に業績が伸びるということです
先行投資として費用を増やしてるだけなのでこれはむしろ正しいと思います

ss2286234570 at 09:15│Comments(2)TrackBack(0) 企業業績 | ネット証券

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by U   2010年07月31日 13:06
じぶん銀行の中井雅人社長はモンキーでしたが、今の戸原社長はかなりのキレ者だそうですよ。
2. Posted by なつ☆ていおう   2010年08月01日 07:16
じぶん銀行って三菱UFJからの振替手数料無料とかやってるでしょ。
つまり親会社が見えない部分でかなり別の費用も負担させられてるってことです。
もし、じぶん銀行の口座が爆増して、お客が三菱UFJからじぶん銀行に大量に振替するようになったら親会社は大赤字です。

見えないところのコストが上がってるから、グループ全体で見たら最悪の赤字部門ってことですにょ(σ´∀`)σ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔