yogurting ヨーグルティング

2010年07月21日

イブニングセッションの取引延長時間始まる

カブドットコム証券は先物手数料が割高でぼったくりだと書いたら
手数料を下げてくれたのかなと思ったらやっぱりダメでした(´・ω・`)
日経225先物ミニの値下げはまあそれなりに評価できますが
その他はもうどうでもいいと言うか下げようが下げまいが関係ないなって感じです
楽天証券のような思い切りの良さがないので
これを見たからといってカブドットコム証券に移ろうとは誰も思わないでそ
今回の値下げを評価できるとしたら必要証拠金を下げた点ですかね。
これなら同じ資金でより多く枚数を建てれるので資金効率は上がります

カブドットコム証券
先物オプション取引の手数料を主要ネット証券最低水準に引き下げ
http://kabu.com/company/pressrelease/2010/20100716_3.asp

日経225先物ミニ 105円 ⇒ 52.5円
TOPIX先物ミニ  105円 ⇒ 52.5円
TOPIX先物ラージ 945円 ⇒ 525円


岡三オンライン証券
先物・オプションの必要証拠金を最大50%引き下げ
日経225先物・オプション「アクティブ取引コース」新設のお知らせ
http://www.okasan-online.co.jp/corporate/release/2010/info01144/

岡三オンラインは手数料をこれ以上下げるのは厳しいということなのか
SPAN証拠金率の低いデイトレ専用の先物OPコースを新設したようです(´∀`)
証拠金率が下がると建て余力が増えるので取引枚数を増やすことが可能です
結果的にデイトレの取引数量が増えることを期待しているんでそ。
これとまったく同じ仕組みがひまわり証券にもあるのでぱくったってことですね。
ただ一点残念なのは、日中しか適用されずイブニングセッションは除外されてる点です
イブニングは値動きも小さくボラテリティが小さいので少ない枚数だと儲かりにくいです。
つまりイブニングこそ短期の枚数を増やす意味があるということです


マネックス 先物・オプション取引の注文上限数を引き上げます
http://www.monex.co.jp/AboutUs/00000000/guest/G800/new2010/news1007h.htm
マネックス証券では、先物・オプション取引で、より大きな収益機会を期待するお客さまのご要望にお応えするため、2010年7月20日(火)より、注文上限数を以下の通り変更いたします。

日経225ミニ  100枚 ⇒ 1000枚
日経225先物 100枚 ⇒  200枚


マネックス証券
手数料全額キャッシュバックキャンペーン
http://www.monex.co.jp/AboutUs/00000000/guest/G800/new2010/news1007i.htm
内容:キャンペーン対象となるお客さまが、キャンペーン対象期間中に約定したお取引の取引手数料を全額キャッシュバックいたします。(日中取引分も含みます。)
期間:2010年7月20日(火)〜8月31日(火)23:30まで
対象:2010年7月5日(月)〜8月31日(火)に先物・オプション取引口座を開設されたお客さま

マネックス証券は手数料の値下げは既にやってるので
今回は新規口座開設に限定したキャンペーンを発表したようです
全額キャッシュバックしてくれるというのはいいのですが
これなら最初から期間限定で無料にしてくれた方がずっといいような気がします
なぜなら「キャッシュバック」ってことは一時的とは言え手数料を取られてるので
枚数をいっぱい増やして回転売買すると手数料分の資金が差し引かれて拘束されるからです
資金効率的には今一なのでこれは最初から無料にして欲しいところですね
緊急でキャンペーンの実施を決めたので手数料バッチの仕様変更が間に合わなかったんでそ。


ss2286234570 at 04:15│Comments(0)TrackBack(0) ネット証券 | 日経225

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔