yogurting ヨーグルティング

2010年06月05日

5月 ネット証券各社比較

5月 ネット証券各社比較

株式口座増加数

SBI証券         1万3707口座(−2440)
楽天証券       1万3009口座(−2692)
松井証券          2782口座(−258)
マネックス   36万5479口座(計測不可)
カブコム            2642口座(−234)

5月 月間株式売買代金(増減率)

SBI証券         3兆9313億円(前月比−1兆3839億円)−26.0%
楽天証券      1兆6020億円(前月比+     5715億円)−26.2%
マネックス           8928億円(前月比+      1116億円)+14.2%
松井証券           8743億円(前月比−      3560億円)−28.9%
カブコム            7218億円(前月比−      2148億円)−22.9%

一日あたり株式売買代金(増減率)
 
SBI証券            2184億円(前月比− 347億円)−13.7%
楽天証券           890億円(前月比−  145億円)−14.0%
マネックス            496億円(前月比+  124億円)+33.3%
松井証券           485億円(前月比−   100億円)−17.0%
カブコム             401億円(前月比+    45億円)−10.0%

信用残高

松井証券      2037億円(前月比−   77億円)−3.6% 
楽天証券      1710億円(前月比+      9億円)+0.5%
カブコム         1160億円(前月比+     14億円)+1.2% 
マネックス        1471億円(前月比+   540億円)+58.0%


マネックス証券はオリックス証券と合併したことにより今回から合算して算出されてます。
個人的な意見としては「合算したわりにはしょぼいな・・・」って感じですにょ(σ´∀`)σ
合併前のオリックス証券だってそれなりに売買代金とシェアがあったはずなのに
かなり旧オリックス証券の顧客が流出してるのだと思われます。

SBI証券と楽天証券の口座増加数はほぼ毎月拮抗状態になってきました
換金性が高く流通性のある楽天ポイントを集客に使える楽天がジリジリ伸びています
楽天証券が口座増加数でSBI証券を追い抜くのはもう遠くないでしょう( ´∀`)つ
ぼくちんの予想ではこれから先、楽天証券が一気に伸びてくると考えています
楽天証券は楽天グループの中に数千万人のユーザーを抱えているといわれています。
はっきり言って数字はかなり眉唾ですがユニーク数なら最低でも1000万人ならいるでそ。
ネットに慣れてるその人たちをこれから楽天カード・楽天銀行・楽天証券に引き込むはずです。
ネット上にいわゆる”楽天経済圏”みたいなのが構築されつつあるっていうイメージです
SBIはグループの投資事業が特損だらけで証券と銀行の足を引っ張っています
おまけにポイントも弱いしSBI経済圏なるものも構築できていません
(せいぜいSBI証券の200万口座と住信SBI銀行の75万口座だけです)
楽天の数千万に対して明らかにSBIはリーチが狭いのです
リーチできる延べ人数が少ないってことはこれからの伸び白も小さいってことです

収益力は未だに高いまま維持できていますが相対的に松井証券も凋落してますね
短期的な収益力は高いのですがFXへの出遅れが響いて明らかに突き放され気味です
次回アップする予定ですがFXの売買代金では松井証券が圧倒的に負けています(´Д⊂)
かつて信用取引の松井と言われていましたが信用残でも楽天証券に抜かれそうです

マネックス証券の一番ダメなとこは攻撃力もないのに防御力もないことです
ランニングコストが高いので手数料を下げると赤字になりやすいので下げられません。
かといって顧客の流出を食い止めれるような強みもないので基礎が脆弱です。
1999〜2006年までのような比較的に株価が上昇傾向にあって市場が拡大してる時期 は
知名度やブランド力でそれなりの地位を確保できていたのですが
市場が縮小傾向に入る と競争力が劣ってるのでガチンコ勝負で勝てないのです

これまでの各社の取り組みと伸び率を換算して予想すると
これからの2〜3年間に起きることは楽天証券の大伸長とSBI証券の競り負けです
松井証券は取り組みの遅さから相対的なシェアを失って継続的に下降でそ
マネックスは完全に詰んでるふいんきを出しつつあります。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
これから流出が本格的になると考えると心許ないですにょ(σ´∀`)σ
岡三オンライン証券は昨年度で4年連続の赤字決算でした
一般的にいって、会社を設立するときは3ヵ年とか5カ年計画を元に資料が作られます。
つまり今年度が最後の5年目なので来年の春以降に何かが起き易いってこと
株式事業も赤字で、頼みの綱のくりっく365事業も新規参入が増えて苦しくなってきてます
業績悪化を食い止めるために株とかFXの手数料がすげー値上げされたり
場合によっては売却or親会社との合併などの選択肢に迫られやすいってことです


ss2286234570 at 17:45│Comments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ネット証券比較 | ネット証券

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 髷   2010年06月07日 20:05
景気の「谷」は昨年3月=戦後最大級の落ち込み―内閣府
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100607-00000070-jij-pol

景気の谷は09年3月と判定、拡張期の回復力弱く踊り場的調整も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100607-00000062-reu-bus_all
2. Posted by なつ☆ていおう   2010年06月08日 00:00
国内の景気は目先のピーク打って既に下降気味だと思うにょ(σ´∀`)σ
だって明らかに中小企業の倒産件数が増えてきてるんだもん。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔