yogurting ヨーグルティング

2009年07月07日

イオン

イオン、最終赤字20億円 3〜5月期、衣料品など苦戦
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090706AT2D0500205072009.html
イオンの2009年3〜5月期の連結最終損益は約20億円の赤字(前年同期は92億円の赤字)になったもようだ。主力の総合スーパーで衣料品や生活用品が落ち込み、傘下の米衣料品専門店のリストラ費用も響いた。消費者の節約志向が強まる中で総合スーパーは苦戦が続いている。
売上高は前年同期に比べ3%減の1兆2400億円程度、営業利益は62%減の85億円前後になったようだ。商業施設の開発などは堅調だったが、総合スーパーや衣料品専門店、金融関連の不振を吸収できなかった。


ずさんな計画で日本各地に建てた郊外型店舗の不振が目立ってきています(´・ω・`)ショボーン
不動産価格が上がることを前提にしてむりやり出店したケースも多く
テナントが埋まらなかったり、違約金を払ってでも撤退する店舗が増えてるそうです
本業が粘って稼いだ金をイオン銀行がとんでもなく浪費してしまっています。
親会社の営業利益は85億しかないのに子会社が200億の赤字なんて最低でそ・・・

じつはイオン銀行はイオングループにとって鬼っこなのです。
経営者が先頭に立って巨額増資を行って好立地条件を提供して人も金もとことん注ぎこみました。
グループ関係者が総出で応援してイオン銀行に口座を開設して給与振込先に指定しました
ところが大赤字を垂れ流し続けてもはやにっちもさっちも行かなくなっています
おそらく銀行自身は店舗を閉鎖してリストラしたいのは山々なのでしょうが
銀行設立後に預金残高を増やすために尽力してもらった関係者全員の厚意を踏みにじってしまうので
いまとなっては下手に閉鎖も縮小もできないのです

まさかというくらい馬鹿げた話に聞こえますが
大手企業が子会社を作る時によくこんな現象が起きるのです。
一体何のために設立したんだか、支援したんだか・・・もう誰にもわかりません
グループに迷惑をかけるからリストラも規模縮小もできない。
でも何もしなければ業績悪化でもっと迷惑をかける結果になる。
誰も責任をとらないし取りたくないのでいつまでたっても放置されてしまうのです

ss2286234570 at 02:02│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 赤字 | 業績悪化

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔