yogurting ヨーグルティング

2021年11月17日

2021年11月17日

11/18 トルコ中央銀行の金融政策発表を予定

トルコ中銀金融政策発表(11/18)に伴う相場変動・スプレッド拡大等の可能性について
21/11/17
明日(11月18日)日本時間午後8時にはトルコ中央銀行の金融政策発表が予定されております。
トルコリラは本日未明に対主要通貨で一時急落、対円・米ドルともに史上最安値を更新しているおり、今回の市場予想の大勢(政策金利15%へ利下げ)と大きく異なる結果となった場合にはトルコリラ相場が大きく変動する可能性がございます。あるいは利下げが行われなかった場合にも、利下げ論者であるエルドアン・トルコ大統領が同中銀に対し批判的なアクションを起こした場合などにはトルコリラ相場が急変動する可能性がございます。

トルコリラ最安値更新 大統領の中銀副総裁ら更迭で
2021年10月14日 19:30 日本経済新聞
14日の外国為替市場でトルコリラが一時、対ドルで1ドル=9.1リラ台まで下落し、過去最安値を更新した。同日未明にエルドアン大統領が中央銀行副総裁2人を含む金融政策決定会合メンバー計3人を更迭。政権による中銀への介入が強まっており、金融政策が混乱することへの警戒感が広がった。
経済学の常識とは逆の「高金利がインフレを引き起こす」と主張するエルドアン氏はたびたび中銀の人事や金融政策に介入し、景気を下押しする利上げをけん制してきた。総裁は過去2年半で3度交代させている。政権からの圧力を受け、中銀は9月の決定会合で主要政策金利を19%から18%に引き下げた。インフレ率の影響を考慮した実質金利はマイナス圏で、対ドルのリラ相場は下落に歯止めがかからない。
キャプチャ



明日11/18の日本時間20時にトルコ中央銀行が金利政策を発表する予定です(((( ;゚д゚)))
前回の10月はエルドアン大統領が中央銀行の金利政策に介入しまくって
予想をはるかに超えて利下げしたもんだからトルコリラが大暴落しました
ちなみに現在のトルコリラはその時よりさらに暴落して安値を更新しています

かつて、エルドアン大統領も昔はもう少しニュートラルに近い政治家でしたが
支持率の低下や世俗派の軍がクーデター起こしてエルドアン殺害を試みたこともあって
最近はもう完全に気が狂ってイスラム過激派というか急進派に近い思想になりました
本来ならインフレが起きると金利を上げるものですが、なぜかトルコはその逆で
「高金利がインフレを引き起こす」というエルドアンの個人的な思想に従って
トルコ中央銀行が利下げするもんだからインフレはより激しくなり、金融は混乱し、
ひたすらトルコリラが叩き売られるという超悲惨な状態に陥っています(´・ω・`)

本来なら11/18が金利政策の発表日なので発表されてから為替が動くものですが
今回はエルドアン大統領自らが利下げを繰り返し叫んで強烈に圧力かけてるので
金利政策が発表されるはるかに前からトルコリラが連日のように暴落しています

エルドアンが好きなだけ中央銀行の総裁の首を飛ばしまくるので
もはやトルコ中央銀行の政策金利発表自体が信用度を失ってきてるわけで
壊れたラジオのようにエルドアンが利下げを叫べばそれが既に決定事項みたいなもの
金融政策発表を待つまでもなく11/16の11円30銭あたりからMAX10円70銭まで暴落
まだ金融政策発表してもないのにすでに2日で5.3%暴落している計算になります。

米ドル円で5.3%といえばちょうど6円ですからね。
中央銀行の金融政策発表を無視してエルドアンが叫ぶだけで動く通貨って・・・Σ(゚д゚;)

金融政策が発表されたら例えその内容が予想を超えた利下げであったとしても
折り込み済みという魔法の言葉で一旦底打ち的な動きになる可能性もありますが、
前回10月はまったく折り込まれてなくてさらに加速してリラが売られた実情もあります。
正直いって、もはやトルコリラ円を買うのはさすがに危険すぎでそうΣ(・ω・ノ)ノ
それこそエルドアン政権が続けば1年後に5〜6円に下げてもおかしくはないですし

トルコリラ円
https://fx.minkabu.jp/pair/TRYJPY


2021年10月23日
トルコ追加利下げ2%、通貨最安値 経済界が異例の批判


ss2286234570 at 23:41|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 為替 | 痛いニュース