yogurting ヨーグルティング

2019年01月03日

2019年01月03日

【決定】証券口座のマイナンバー告知期限、21年末まで3年延長

証券口座のマイナンバー告知期限、21年末まで3年延長
2018/12/26 16:15 日経電子版
政府は、証券口座を開設した顧客に義務付けていたマイナンバーの告知期限について、2021年末まで3年間延長すると、18年12月21日に決めた。閣議決定した19年度の税制改正大綱に盛り込んだ。マイナンバー制度は15年12月31日以前に開設された証券口座について、顧客がマイナンバーを告知する期限として3年間の経過措置を規定していた。しかし証券会社のマイナンバー取得割合は41.4%(18年6月末)にとどまっていて経過措置の期間内に取得するのが困難な状況という。
金融庁は19年度税制改正要望で、番号の告知について「所要の措置」を求めていた。
1231













すでに閣議決定済みだけど政府としても方針が確定したようですφ(.. )
2018年12月31日までに提出することが義務だったマイナンバーですが
いきなり3年間も延長されて2021年12月までに伸びることが発表されました
もちろん悪いニュースじゃないけどこんな年末ぎりぎりになって方針決めて
いきなり3年延長しますとかちょっと金融庁無能すぎじゃないでそか
一体これまでの2年間の猶予期間とはなんだったのか・・・

こんな年末差し迫ってから延長すると制度の周知が遅れるだけだおね
すでにマイナンバー提出したくないからって口座解約した人だっているだろうに。
いくらなんでも行き当たりばったりにも程があるほどの下手な対応方法。
(いまだに証券会社のサイトではきちんとこの内容すら周知されてない)
12月21日の週末にこっそり方針決めてこっそり開示するとか姑息すぎでそ(゚д゚)、ペッ
こんな事態になるくらいならもっと早く方針決めて発表しとけよと。

でもこれって実質的にはマイナンバー登録制度が実質的に崩壊してるおね
この2年間でマイナンバーの提出率が41.4%ってことは
3年後の2021年12月末にまた提出率が低いままだったら再延長になるってことです。
もちろん個人投資家側もそれを知ってるからさらに提出しなくなると思います。
当然のごとく投資家はマイナンバー提出を渋るから提出率は向上しないし
結果的に2021年12月末になったらまたもや期限延長ってなりそうですね(´・ω・`)
マイナンバー登録制度自体がほんとバカバカしい制度になりつつあるようです

そもそも証券口座(先物・FX・投資信託・商品先物など)においては
年間で損益が発生した口座の損益データや個人情報はすべて税務署に提出されています。
マイナンバーを提出しようが提出しまいがそこはすでに運用中なんだおね。
だからマイナンバーを提出したら税務署側が名寄せするのが楽になるってだけのことで
実質的にはそれくらいの意味しかないってのが本当のところでそφ(.. )

そりゃ銀行口座のマイナンバー提出が義務化されてすべて名寄せできたら
税務署的にはもっと意味が出てくるけど、今のところはたったそれだけのこと
かなりバカげてるというかしょうもない状態になっているってのは事実でそう。

なによりマイナンバー通知カードすら所有してるのは国民の85%だけです。
(残りの15%は紙のマイナンバー通知書すら受け取ってない)
もし銀行にマイナンバーの登録を義務付けしたら残りの15%は放置されます。
ただ、だからと言ってその15%は銀行口座を凍結しますなんて強行したら
国民の15%(1800万人)の生活が破たんしてしまうことを意味してます(((( ;゚д゚)))
もちろんそんなこと強行したら大問題になるからできるわけがありません。

そう考えるとマイナンバー制度を作ってみたはいいものの
それらを実効性を伴ったレベルに達するのに何年かかるか見通しもない状況ってこと。
このまま行けば、10年後も20年後も「延長」「延長」を繰り返してそうだおね


ss2286234570 at 07:41|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 マイナンバー制度 | 好材料