yogurting ヨーグルティング

2024年06月11日

ふくおかFG社長、みんなの銀行「年度内に撤退判断」

ふくおかFG社長、みんなの銀行「年度内に撤退判断」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB30B1F0Q4A530C2000000/
2024年5月30日 20:39 日本経済新聞
ふくおかフィナンシャルグループ(FG)は傘下のデジタル専業銀行「みんなの銀行」の撤退を検討する。マーケティングにかかる営業経費やシステム費用がかさみ赤字体質から抜け出せないためだ。2027年度の黒字転換が見通せない場合、24年度内にも撤退や事業転換を判断する。
五島久社長(福岡銀行頭取)が28日開いたアナリスト向け説明会で明らかにした。みんなの銀行は21年5月に開業したデジタル銀行で、24年3月期の単独最終損益は54億円の赤字(前の期は43億円の赤字)だった。3期連続の赤字で24年3月末で純資産は20億円まで減った。20日にはふくおかFGを引受先とする90億円の増資を実施していた。
関係者によると、五島社長は27年度の黒字化が見込めないと判断した場合、「単純撤退とせず知見をふくおかFG内で活用できないか考える」と指摘。そのうえで「撤退を決める場合でも減損損失など大きなコスト発生はない」と説明したという。
0611











ふくおかFG社長、みんなの銀行「黒字化へ全力尽くす」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOJC314340R30C24A5000000/
2024年5月31日 15:00 日本経済新聞
ふくおかフィナンシャルグループ(FG)の五島久社長(福岡銀行頭取)は31日、赤字が続く傘下のデジタル専業銀行「みんなの銀行」について「2027年度の黒字化に向けて全力を尽くす」と強調した。28日の投資家向け説明会で27年度までに黒字転換が見通せない場合には「撤退や事業転換の検討もあり得る」と説明していた。
31日に福岡市内で記者会見を開いた。五島社長はみんなの銀行の撤退可能性に言及したことを認めた上で「投資家から(みんなの銀行が)うまくいかないときの『プランB』はないのか、ふくおかFG自体の成長を阻害すると困るという質問がある」と説明。「昨年以降そうした声が強まっており、説明させてもらった」と明かした。
五島社長は「いま具体的に撤退を考えているということではない。新規事業は毎年進捗を確認しながら継続を議論しており、みんなの銀行も同じだ」とも話した。その上で「27年度黒字化の目標に変更はない」とし、あくまで黒字化に取り組むのが前提と強調した。


ふくおかFG、24年3月期の利益倍増 みんなの銀行を増資
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOJC131H20T10C24A5000000/
2024年5月13日 19:00 日本経済新聞
ふくおかフィナンシャルグループ(FG)が13日発表した2024年3月期の連結決算は、純利益が前の期比96%増の611億円とほぼ倍増した。貸し出し増加などで資金利益が伸びたほか、23年3月期に計上した外国債券の売却損がなくなったことも寄与した。赤字が続く傘下のデジタル専業銀行「みんなの銀行」を90億円増資することも決めた。
みんなの銀行の単独最終損益は54億円の赤字(前の期は43億円の赤字)だった。3月末時点の口座数は前年同月末比60%増の96万件に増えたが、営業経費がかさんだ。ふくおかFGから5月20日付で資本準備金を含む90億円の増資を受け入れる。28年3月期にも黒字化する目標は変えず、財務基盤を強化する。


みんなの銀行の親会社のふくおかフィナンシャルグループの後藤社長が
5/28のアナリスト向けの説明会で、みんなの銀行の撤退や事業展開の可能性もありうると
かなり踏み込んだ発言をしたことが話題として取り上げられています(((( ;゚д゚)))

※まだ記事は作成中です。


ふくおかFG(8354) 4,325円 −21円 (−0.48%)
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8354.T/chart

2024年01月02日
ふくおかFGのお荷物「みんなの銀行」赤字底なし沼、累損114億円以上

https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2024-01-02.html

2023年05月25日
「みんなの銀行」個人ローン伸び悩む…ふくおかFG、黒字化2年先送り

https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2023-05-25.html

2022年07月10日
意識高い系スマホ銀行「みんなの銀行」 3年以内に黒字化可能か?

https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2022-07-10.html

2022年06月01日
みんなの銀行、1口座当たりの残高はたった5000円?

https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2022-06-01.html

2019年08月09日
地銀のふくおかFGが地銀初のネット銀行参入「みんなの銀行」開業へ

https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2019-08-09.html


ss2286234570 at 15:48|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 スマホ銀行 | 撤退・廃業

2024年06月08日

楽天銀行の時価総額MAX6,089億円、住信SBIネット銀行のMAX時価総額4,787億円

旭化成ホームズが銀行サービス「ヘーベルNEOBANK」
https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1597047.html
2024年6月3日 18:00 Impress Watch
旭化成ホームズは、住信SBIネット銀行のフルバンキングBaaS「NEOBANK」を活用した金融サービス「ヘーベルNEOBANK」を6月3日から開始した。ヘーベルNEOBANKは、旭化成ホームズの会員サービス「HEBELIAN NET.」会員向けの銀行サービス。住信SBIネット銀行が提供する預金・振込・ATMなどの銀行サービスをスマートフォンアプリで完結できる。

楽天銀社長、円安で日銀は利上げせざるを得ない−収益にさらなる恩恵
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2024-06-02/SECAZST1UM0W00
2024年6月3日 8:50 ブルームバーグ
楽天銀行の永井啓之社長は、外国為替市場で円安が続いていることを理由に日本銀行が10月までに利上げに動くと予想した。3月にマイナス金利政策が解除されて以降、追加利上げが行われれば、同行収益にもさらなる恩恵が及ぶとみている。
永井社長はブルームバーグテレビジョンのシェリ・アン氏とのインタビューで、日本経済を考えると大きな利上げをする環境にはないが、日銀は恐らく「遅くとも秋くらいにはもう一度利上げをせざるを得なくなる」と述べた。実現した場合、楽天銀としても「今以上にさらなるメリットを受けられる」との認識を示した。
0609











 
国内とアメリカの金利上昇を受けて銀行やネット銀行の株価が上昇傾向です
ネット銀行の株価は強いというか想像以上にメチャクチャ強いですΣ(・ω・ノ)ノ

2020年新型コロナ以降から対面やATMでの振込入金という方法がネットに変わり始め
ネット銀行の口座数や預かり残高の伸び率が一桁変わって異次元の伸びですが
日銀がマイナス金利解除して金利が上がれば株価も上がるとはわかってはいたものの
それにしても想像をはるかに超えて株価の上昇と時価総額の拡大が起きています
(良いことなんですが、株価はもう少しゆっくり上がると予想していたので)

これまでずっと「住信SBIネット銀行は業績の割に時価総額が低すぎる」書いてましたが、現実においてもその通りに株価がものすごい勢いで上げ始めました
足元において、一時は住信SBIネット銀行が楽天銀行の時価総額に迫る勢いでしたが、
そうは言ってもアメリカの金利上昇が低下したみたいなニュース報道を受けてからは目先天井を付けたのかいきなり叩き売られてしまいましたφ(.. )
まあ実際には短期の値動きは気にしないので今後もアホールドするだけのこと(´・ω・`)

楽天銀行(5838) 2,752円 +36円 (+0.98%)
時価総額:4,802億円
一時期は時価総額が6,000億円を超えていましたが短期的にはさすがにちょっとやり過ぎでもあったのか、足元では株価の調整が続いています(´・ω・`)
住信SBIネット銀行は期末に増配を発表しましたが楽天銀行はそのまま無配のままで
配当開始を発表しなかったことで失望売りが出たのかなという印象がありました
後は来期のフィンテック事業再編費用がかなり多めに計上されて業績の伸び率が市場の期待ほど大きくなかったとかそんな理由があってか株価は目先で軟調
コントロール可能な費用はぶっちゃけ業績を見ながら調整できる費用でもあるので、
いつも通り来期の業績予測を低めに見積もって後で上方修正かなという気がすφ(.. )
ただし業績いいのに銀行株が無配ってのは癪なのでそこは改善して配当を希望です
(株主優待はショボいのでどうでもいいし、あれなら廃止しても構わないでしょう)
株価が2,600円あたりまで下げたらまた追加で買い増しを考えているところです

住信SBIネット銀行(7163) 2,892円 +72円 (+2.55%)
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7163.T/chart
金利が上昇すれば業績が改善して株価が上がるこちは事前にわかってはいたものの、
足元における株価の上昇は予想をはるかに超えてやや驚愕的でしたΣ(゚д゚;)
3,100円付近ではさすがにやり過ぎだろうと思って一部売却も何度も考えたのですが、
一度売ってしまえは買い値で買い直すことなどまず不可能になってしまいますし
なにより長期アホールド分しか保有しておらず売れるほど余裕もないわけで、
これまで通り何もせずひたすらアホールドして放置するだけに決めましたφ(.. )

住信SBIネット銀行は上場直前にアメリカの地銀業界が非常に不安定で騒いでたので
なぜか売り出し価格がものすごい引き下げられて公募価格1,200円という
異常というかキチガイみたいな安値で売り出されたのがとてもラッキーでした
上場後に何度か買い増しして株数を徐々に増やしていったという経緯があった割に
平均取得単価が1,400円台なので株価が2,900円を超えると2倍上がったことになります
(上がるとは分かってたものの上場1年で2倍ってのは予想以上のハイペースですにょ)


2024年05月27日
住信SBIネット銀行は上場来最高値を更新!時価総額は4,212億円

https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2024-05-27.html

2024年05月11日
JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延も

https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2024-05-11.html

2024年04月01日
楽天G、金融事業再編で協議開始 楽天証券の上場は中止

https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2024-04-01.html

2024年02月22日
楽天銀が続急騰、24年3月期業績予想の上方修正

https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2024-02-22.html

2024年02月01日
住信SBI銀が大幅続伸、住宅ローン実行額増加し4〜12月期最終益25%増

https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2024-02-01.html

2024年01月24日
1/24 銀行株が逆行高 三菱UFJ5%上昇、マイナス金利解除意識

https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2024-01-24.html


ss2286234570 at 07:25|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ネット銀行 | BaaS(バンキング・アズ・ア・サービス)

2024年06月07日

宇宙ゴミ拾いアストロスケールは時価総額1554億円!個人投資家は東証でゴミ拾いスタート!

アストロスケールHD、初値は公開価格の1.5倍
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC059SK0V00C24A6000000/
2024年6月5日 20:48 日本経済新聞
スペースデブリ(宇宙ごみ)除去など、宇宙の軌道上でのサービスに取り組むアストロスケールホールディングス(HD)が5日、東証グロース市場に上場した。初値は公開価格(850円)を51%上回る1281円で、売買金額はこの日の東証グロース市場の首位だった。株価は一時公開価格を86%上回る1581円と、値幅制限の上限まで上げる場面もあった。終値(1375円)ベースの時価総額は1554億円だった。
岡田光信社長兼最高経営責任者(CEO)は同日の記者会見で「世界に先駆けていることが投資家に大きなインパクトだったのではないか」と話した。
同社は人工衛星を使って、運用終了後の衛星や既存のデブリを除去したり、運用中の衛星の軌道修正や燃料補給を行ったりするサービス開発に取り組んでいる。秒速約7〜8キロメートルのデブリに接近し捕獲する技術は難しく、同社は民間企業で世界初のデブリ除去の商用サービス化を目指している。2024年4月にはデブリへ接近し、近距離で撮影した画像を世界で初めて公開した。
2024年4月期の連結業績は、売上高が前の期比約51%増の27億円、最終損益が80億〜115億円の赤字(前の期は92億円の赤字)だったようだ。


6月IPOスタート、話題の「宇宙ベンチャー」登場で人気波及に期待
https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202406041064
2024年06月04日19時30分 Kabutan
6月IPOが始まる。その一番人気銘柄は、何と言っても5日に新規上場するアストロスケールホールディングス <186A> [東証G]だ。同社はスペースデブリ(宇宙ごみ)の除去や人工衛星の寿命延長、点検・観測などの軌道上サービス事業を展開している。具体的には、宇宙の軌道環境を安全に維持するためのデブリの除去や、衛星運用終了時のデブリ化防止のための除去、衛星の寿命延長などを手掛けている。
同社の業績は赤字が続いており、資金吸収額も240億円近辺と大きい。ただ、想定発行価格720円に対して、仮条件は750〜850円が提示され、その上限で発行価格は決まった。国内外での公募増資を行い、海外公募株数も引き上げられ、海外投資家の人気も強かったとみられている。宇宙ベンチャーでは、すでにispace <9348> [東証G]とQPS研究所 <5595> [東証G]の2社が株式公開しているが、両社ともに初値は高騰し流通市場でも高い人気となったことから「3匹目のどじょうを狙った買いが集まりそうだ」(市場関係者)と期待が膨らんでいる。もっとも業績面など不透明要因も多く、「短期売買向きで長期投資には向かないのでは」(同)との声も少なくない。




「宇宙にものを運ぶ会社」ispaceが上場してようやく1年と少しがたちましたが
今度は「宇宙のゴミを拾う会社」のアストロスケールホールディングスがIPOしました
まあ宇宙事業そのものを否定する気持ちは一切ないのですが、
そのリスクや資金調達を投資家にすべて負わせようという魂胆は気に入らないですね

アストロスケールホールディングス決算
0606









年間約100億円の赤字会社が時価総額1,554億円で上場とか悪い冗談ですよね(´・ω・`)
上場してわずか3日で高値1,500円以上から500円近く下げてかなり悲惨な結末です
IPOで当選した人はおそらく大喜びで利益確定のために売ってるでしょうけど
それ以上に大株主のベンチャーキャピタルがこれから売りまくってきそうです

こんな大赤字のカス銘柄を買うのは個人の勝手なので是非を問うつもりはありませんが、
初日で購入した人はすでに投資資金が33%溶けたわけですから
その勇気といい根性といい、肥やし界のスーパースターとして頑張ってほしいです
宇宙のゴミを拾って綺麗にするために自己資金をなげうって貢献できたわけですから、
これからも何百万〜何千万と追加で投資したら人間としての徳が上がって
死んでから天国で幸せに暮らせるかもしれないのでどんどん買ったらいいと思います
(ちなみに個人的にはこんなカス株に1円たりとも投資したくありません)

大株主
0607












大株主を見るとこれでもかというくらベンチャーキャピタルが並んでいますね(((( ;゚д゚)))
VCは資金を投資して上場させたら売却して投資資金を回収するのがお仕事なので、
時間の問題で彼らは1株残さず売って逃げていくので個人投資家は財布にされるだけ

おそらくここから1〜3年くらいかけて大株主やベンチャーキャピタルが売り抜けますし、
さらにいえば資金調達のための追加増資があってもおかしくはないでしょうΣ(゚д゚;)
この先何年間も辛く厳しい株売り抜けと株券印刷の地獄でのたうち回るでしょうし
アストロHDを買ったことで幸せになれる可能性は0.001%くらいしかないと思いますが、
宇宙のゴミを拾う目的のために東証のゴミを拾って貢献できたという自負を持って
これからも宇宙銘柄を買い集めてすてきな人生を送ってもらいたいと思います

アストロスケールホールディングス(186A) 1,009円 −92円 (−8.36%)
時価総額:1,140億円

上場初日の時価総額が1,554億円でしたがすでにー26.6%と激しい下げですね
1,500円で株を掴んだ投資家さんは−32.7%も時価評価が減ってるので悲惨の一言です。
なにが悲しくてこんなベンチャーキャピタルだらけの株を買ったのかわかりませんが、
投資はすべて自己責任なので自分でもう一度よくよく考えなおしてみるべきでそう

ちなみにアストロHDもispaceと同じで、宇宙ゴミを回収するためにロケットのようなものを打ち上げて宇宙で活動できることが目的になるため、
これからもロケットの打ち上げのような事業に莫大な資金をつぎ込む必要があります。
しばらくは上場で調達した資金で賄うことになりますが結局は足らないでしょうΣ(゚д゚;)
その先は延々と無限株券印刷事業に転換となるので地獄はずっと続いていきます👹
個人投資家は永久に財布にされて増資に利用されるだけの存在ですかないので、
そのへんのクソバイオ株を買うのとなんら差ないという事実だけは忘れないでください

2024年04月05日
ispaceの公募増資、調達額84億円 ➡ 追加増資もありそう(´;ω;`)ブワッ

https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2024-04-05.html

2024年03月13日
ispaceが公募増資、最大200億円強 月面着陸の費用で

https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2024-03-13.html

2023年10月11日
ispaceがS安ウリ気配、ロックアップ解除で株式需給の悪化を警戒

https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2023-10-11.html

2023年04月29日
アースインフィニティ(7692)とispace(9348)のその後の株価は?

https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2023-04-29.html

2023年04月27日
ispace(アイスペース)さん、着陸船も株主も激突して爆死!!

https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2023-04-27.html


ss2286234570 at 16:41|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 宇宙銘柄 | IPO

2024年06月04日

【即完売】ソフトバンクG社債、利率3.03% 個人向け5500億円発行!

ソフトバンクG社債、利率3.03% 個人向け5500億円
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB3135I0R30C24A5000000/
2024年5月31日 15:44 日本経済新聞
ソフトバンクグループ(SBG)は31日、国内の個人向け社債5500億円の発行条件を決めた。7年債で利率は年3.03%と、3月発行の7年債から0.01ポイント下がった。長期金利はその間に0.3%強上昇しており、後藤芳光・最高財務責任者(CFO)は日本経済新聞の取材で「我々のクレジットがベース金利の上昇幅よりも改善した」と述べた。
発行額は5500億円で、同社の個人向け社債としては2024年3月の起債に並び過去最大になる。調達資金は6月14日に満期を迎える個人向け社債の償還資金や、傘下のビジョン・ファンドから英半導体設計アーム株を取得した際の未払い金の一部に充てる。
社債の発行条件を決める需要調査中の5月に米格付け会社S&PグローバルがSBGの長期発行体格付けを「ダブルBプラス」に1段階上げて信用リスクが低下した影響が出た。4月に国内の機関投資家向けに起債した7年債も年2.9%と比較的好条件であり「ホールセール債も(今回の条件に)意味があった」(後藤氏)
新発債の愛称は「福岡ソフトバンクホークスボンド」。申込期間は6月3〜13日で、払込期日は14日。大和証券が事務主幹事を務め、SMBC日興証券や野村証券、SBI証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、みずほ証券を含めた11社が引き受け、個人に販売する。日本格付研究所(JCR)から「シングルA」の格付けを得た。
0606








つい先日からニュースになってたソフトバンクの利回り3.03%の社債ですがφ(.. )
発売とほぼ同時にソッコーで売り切れて完売になったみたいですね
引受元の証券会社が11社いたとはいえそれなりにSBI証券も割り当てがあったはずなのに
(ソフトバンクの孫さんとSBIの北尾会長が懇意の中でもあるので)
まるでアイスが蒸発するように一瞬で蒸発して売り切れるとはなかなかの人気ですね

大手の対面証券だと付き合いの深い大口投資家に優先的に割り振ってしまうので
結果的にネット証券で取引してる一般の個人投資家はSBI証券くらいしか選択肢がなく
激しい競争に打ち勝つしかソフトバンク社債を手に入れる方法はたぶんないでしょう

ソフトバンク債の唯一の欠点は期間が7年とちょっと長いのがやや気になりますが、
預貯金でまして定期預金みたいなカス商品に入れてる資金がもし少しでもあるんならば
ソッコーでこの手の社債でも購入しといて損はない気がしますφ(.. )
.
mv_bond_japan_851568






.
SBI証券ではアイフルの社債も6/6木曜から販売開始するみたいですけど(´・ω・`)
おそらく利回りは1%ちょっとくらいと考えたらなんか旨みは薄そうですおね
こんなもん買うくらいなら利回りが高い株を少し上手に運用して少し鞘抜くだけで
配当金がもらえるんでもっと短期でもっと賢く利回り1%くらいなら達成できそうです

楽天証券ではJR西日本の社債を6/7(金)から販売開始するみたいですけど
利回りがおそらく0.4%くらいに着地して決定しそうなのでいよいよショボい(´・ω・`)
まあこちらは期間が1年間なんで、なんの利用予定もない余ったままの普通預金を
少しでも運用して金利もらうくらいならありかなってくらいですかね
(自分はいらないですけど、人によっては1年間って部分が魅力に感じるかもです)

個人的には社債の期間はせいぜい3年くらいに設定してくれると嬉しいですよねφ(.. )
2〜3年で利回りが2.3%〜3.0%もあれば十分満足いく商品かなと思います
さすがに5年とか7年とかの社債はちょっと長すぎて「まあいっか」で終わりそうです・・・




ss2286234570 at 16:46|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 社債 | 個人投資家

2024年06月03日

【新興速報】Kudan(4425)さん、MSワラント発行100万株分

Kudan(4425) 2,919円 −101円 (−3.34%)

グロース250 616.66 −1.83 (−0.30%)

前から株券印刷益っぽいことしてたと記憶しているKudan(4425)もエグイですね(´・ω・`)
5/15に四半期の業績が改善傾向みたいな決算出して株価を釣り上げといて、さらに
そして最高に盛り上がったところでMSワラント爆弾の投下とか笑えて来ますね(´∀`*)
どう見てもこの流れは最初からスケジュール通りの嵌めこみパターンじゃないのかなと👹
夜間PTSの株価を見ると見事に急落しているのがはっきりわかりますが、
実際にはもっと下げておかしくないんじゃないのかなと個人的には感じますが(((( ;゚д゚)))
0606




株を釣り上げといた方がKudan側にも旨みがあるんで最初から狙ってたとしか思えない。
出来高も直近でものすごく増えてるようだし信用残高もかなりの高水準で推移しています。
やたらと仕上がってんなって印象を持つのは自分だけなんでしょうか?(´・ω・`)


やふう掲示板を覗いてみましたが投稿数が異常に多くてとても盛り上がっています
「強く買いたい」80%くらいを占めててとても素敵な掲示板だなと思いました。
みんな必死になって買い煽って自分だけでも打って助かろうと涙ぐましい努力です。

きっと朝まで寝ずにやふう掲示板で買い煽りの自演を何度も繰り返しておいて、
自分はさっさと成り行き売り注文を出して約定しろと祈って一夜を過ごすんでしょう
こんな時こそ株主さんたちを勇気づけるあの画像を貼ってあげたいと思います。アーメン。
0001







ss2286234570 at 10:08|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 株券印刷 | 痛いニュース

2024年06月02日

5/30-5/31株式市況 〜新興株が地獄下げ後にようやく反発〜

東証大引け 日経平均は3日続落 一時900円安 日米金利上昇に警戒感
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFL3062N0Q4A530C2000000/
2024年5月30日 15:33 日本経済新聞
30日の東京株式市場で日経平均株価は3日続落し、終値は前日比502円74銭(1.30%)安の3万8054円13銭だった。日本や米国の長期金利上昇を警戒し、ハイテク株を中心にリスク資産を圧縮する動きが優勢だった。前日の米株式相場が軟調となり、30日のアジア株が総じて下落したことも重荷となった。下げ幅は一時900円を超えた。
堅調な米経済を背景にインフレが継続し、米連邦準備理事会(FRB)が利下げを先送りするとの見方から、29日の米債券市場では長期金利が上昇。国内では日銀が追加利上げに動くとの思惑から30日午前の債券市場で指標となる新発10年物国債の利回りが2011年7月以来およそ13年ぶりに1.1%台に乗せた。欧州でも長期金利は上昇傾向で、高PER(株価収益率)のハイテク株などは相対的な割高感が意識され売りが膨らんだ。

新興株30日 グロース250が続落、連日で安値更新
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFL306FW0Q4A530C2000000/
2024年5月30日 15:41 日本経済新聞
30日の新興企業向け株式市場で東証グロース市場250指数は続落した。終値は前日比1.08ポイント(0.18%)安の602.27で、2020年4月3日(593.63)以来およそ4年2カ月ぶりの安値を2日連続でつけた。グロース市場に上場する企業の業績の先行き不安や国内の長期金利の上昇が重荷となった。午前は心理的節目である600を下回る場面もあったが切り返し、午後は前日終値(603.35)をはさんで膠着(こうちゃく)した値動きとなった。
日米の長期金利の上昇を受けて日経平均株価が前日比502円74銭(1.30%)安の3万8054円13銭となる一方で、東証グロース市場250指数は前日比0.18%安と下げ幅は小さかった。

日経平均大引け 4日ぶり反発 433円高の3万8487円
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFL3166E0R30C24A5000000/
2024年5月31日 15:08 日本経済新聞
31日の東京株式市場で日経平均株価は4日ぶりに反発し、大引けは前日比433円77銭(1.14%)高の3万8487円90銭だった。前日までの3日続落で800円あまり下落していたため、自律反発を見込んだ買いが優勢だった。前日の米長期金利の低下で金利上昇への過度な警戒感がいったん後退し、これまで売り持ち高を積み上げていた海外短期筋などが週末を前に株価指数先物への買い戻しを膨らませた。


NYダウ

NASDAQ

グロース250(月足)
0602












最近は新興市場つまりグロース250の崩壊具合が何度もニュースになってますし、
Twitterなどでもグロース250はヤバすぎるというコメントが非常に増えていましたΣ(゚д゚;)
チャート見たらわかる通り、グロース250なんて新柄コロナ初期相場の再安値近辺まで
下げてるのでもはや救いようのない市場なんで手出し無用でしょう(((( ;゚д゚)))

直近では5/31にようやく反発して指数が上げて陽線引いてますけどこの先はどうだか・・・
新型コロナ拡大時の2020年3月のようにアメリカが本格的に利下げに踏み切ったら
NASDAQが上がって日本のグロース250も反発相場に入るかもしれませんがφ(.. )
それほどの大きな材料でもなければ新興市場なんて死体置き場みたいなもんでしょう💀

グロース250(日足)
0603











前にも書きましたが2020年3月は月末までほぼノーポジで時間が余っていたので
過去5年以上の取引をすべて見直して取引手法を大きく変更しましたφ(.. )
結論としては「新興株は一切さわるな」「大型銘柄だけで売買しろ」でした。

もちろんまったく触ってないわけではないですが頻度は1/10以下に減らしました
たったこれだけで2020年以降は毎年大きく勝ち越しに転じることができているので
それほど新興市場セクターの銘柄は癌でしかないとはっきり断言できます

グロース250というか新興市場銘柄は今年もボッロボロに崩壊気味ですし、
仕手系の銘柄や低位株なんかもボロボロに下げてる銘柄が非常に目立ちます(´・ω・`)
おそらく5月上旬〜下旬にかけて持ち株の下げが止まらなくなって
大量に損切りして資産を減らしたり、追証に追われて入金の日々をすごしたり
あるいは2024年5月に退場した個人投資家もかなり多かったのではないかと思います
自分が言うのもなんですが、改めて投資方法や投資対象の見直しをお奨めします。

最近は国内の金利上昇傾向で銀行・その他金融以外はなかなか難しいなと考えつつも
とは言えいくつかよさそうな銘柄を探してピックアップしておいて監視に入れてます
セクターでいえばどうしても商社かなとなりますが、その他も多少はありますね

その他で銘柄も上げるときりがなくなるんですがまあ常に重要監視してる銘柄がいくつか。
今回についてはどの銘柄を買うかよりも「いつどこで買うか」が重要だったと思います
ご存じの通りアメリカの利下げ期待後退でNYダウやNASDAQが急落していて
日経平均も不安定になってズルズル下げてついに大きな下落を引き起こしたわけですが
そのタイミングをずっと待って、資金枠を空けてずっと待機してたことが正解でしょう

住友商事(8053) 4,081円 +81円 (+2.02%)
4月に買おうと何度も指値出してたけど指値価格がやや保守的すぎて約定ゼロだった銘柄。
その後決算で大きく上げてからもずっと監視して、指値を繰り返し入れて様子見です。
今回も押し目っぽいんで買おうかと何度も悩みましたが銀行・地銀を優先しました
良い銘柄ではあると信じてますが、あまり銘柄数増やしすぎると管理が手間なので・・・。

伊藤忠商事(8001) 7,410円 +251円 (+3.51%)

商社の中でもげ原油などの資源価格に業績があまり左右されにくいという面があります。
原油などの上昇面では商事などには劣りますが、非常に良い銘柄だなと前から思ってしばらく前から試しに購入してそのままにしている唯一の商社銘柄ですにょ(σ´∀`)σ
株主政策がよいので配当や自社株購入などでも期待値の高い銘柄ですおね(*´∀`*)

キヤノン(7751) 4,552円 +55円 (+1.22%)
キヤノンは少し調整期間があってその後あらためて上昇転換してテクニカル的にも良好

コマツ(8301) 4,597円 +102円 (+2.27%)
コマツはテクニカル的に見ると中長期で重そうなイメージがあるのでやや劣後します(´・ω・`)
興味の枠銘柄ではあるんですが、あえて他銘柄より優先して買わなくてもいいくらい。

日立製作所(6501) 16,145円 +445円 (+2.83%)
今のところは押し目っぽくないんで買う予定はないけど値動きは良好な銘柄です。
業績もよいし値動きもいいので常に監視対象に入れている優良銘柄の一つですφ(.. )
ただ、株価が再上昇し始めた5/21〜5/22にうまく指値がヒットしなかったこともあって
それ以降は特に見てるだけで何もせず値動きを監視してるだけの銘柄になってます

ソシオネクス(6526) 4,578円 +153円 (+3.46%)
半導体系セクターは厳しい銘柄が多いんですが唯一値動きがいいのがソシオネクスのみ
75日移動平均線が株価の下支えになってるのでリバ狙いしやすいってくらいです。
ボラがそこそこ高くて板が厚くて規則的にリバウンドするんで狙いやすいからです
(おそらく同じような狙いで鞘抜きみたいな取引してる人は多いはずです)
ただそのラインを下に抜けたら要注意なんで手出しも要になるでそうΣ(゚д゚;)

アマダ(6113) 1,771円 +38円 (+2.19%)
機械セクターは銘柄多いですが、狙えそうなのはアマダとコマツと牧野フライスかな
コマツはそんな触らないですが、牧野フライスとアマダはたまに触るのに適した値動き。
(指値を出す価格を考えてあとは指値を出しっぱなしにするだけで楽なので)


ss2286234570 at 07:58|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 株式市況 | 日本株

2024年06月01日

5/30-5/31株式市況 〜日経平均、4日ぶり反発433円高で引け〜

東証大引け 日経平均、4日ぶり反発 売買代金はプライム移行後最高
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFL3166O0R30C24A5000000/
2024年5月31日 15:35 日本経済新聞
31日の東京株式市場で日経平均株価は4日ぶりに反発し、終値は前日比433円77銭(1.14%)高の3万8487円90銭だった。前日までの3日続落で800円あまり下落していたため、自律反発を見込んだ買いが優勢だった。前日の米長期金利の低下で金利上昇への過度な警戒感がいったん後退するなか、これまで売り持ち高を積み上げていた海外短期筋などが週末を前に株価指数先物への買い戻しを膨らませ、後場は一段高となった。東証プライム市場の売買代金は7兆7612億円と、2022年4月のプライム移行後で最高となった。
31日の国内債券市場で新発10年物国債の利回りは1%台で高止まりしたが、このところ急速な金利上昇が株安を促す場面が多かったため、金利上昇がひとまず一服したとの見方が株の見直し買いにつながった。東証株価指数(TOPIX)は3日ぶりに反発した。終値は46.29ポイント(1.70%)高の2772.49だった。JPXプライム150指数は4日ぶりに反発し、16.95ポイント(1.42%)高の1209.05で終えた。東証プライムの売買高は29億8398万株だった。東証プライムの値上がり銘柄数は1512。値下がりは117、横ばいは18だった。


日経平均502円安 「米金利発トリプル安」の様相
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB301WV0Q4A530C2000000/
2024年5月30日 11:58 日本経済新聞
30日午前の東京株式市場で日経平均株価は大幅続落して始まり、下げ幅は一時前日比900円を超えた。米利下げ期待の後退で前日の米債券市場で長期金利が上昇。日本市場では株安・債券安(金利高)・円安の「トリプル安」の様相を呈している。米金利が再び上昇し始めたことを警戒し、4月から膠着状態が続いていた日本株の風向きが変わり始めた。
「トリプル安」の発端は、米連邦準備理事会(FRB)高官による、相次ぐ利下げけん制発言だ。米ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は28日のインタビューで、FRBが利下げに動くには「さらに多くの月にわたる(インフレ鈍化を示す)明るい指標」が必要だとの考えを示した。29日実施の米7年債入札が「低調」だったことも追い打ちをかけ、米長期金利の指標となる10年物国債利回りは一時4.63%と、約4週間ぶりの高水準となった。市場では利下げ時期の遅れだけでなく、利上げのリスクを意識する見方もある。
0605



今週はアメリカの利下げ期待後退と長期金利の上昇でNYダウとNASDAQが大幅に下落
この影響で日本株式市場でも5/30(木)はハイテク株や半導体株が主導して朝方急落
値がさ半導体株の下げがきつかったことで日経の下げ幅が大きくなったようです(´・ω・`)
大引け時点ではわりと反発して終値では前日比502円下げで引けました


 
その晩のアメリカ市場では長期金利が一転して低下したことでNYダウとNASDAQが反発
前日はアメリカ株式市場の影響をもろに受けて大幅な下げを記録した日本株式市場は
手のひらを返したように大幅に上昇大引け時点では日経平均+433円で引けました
まるで前日の日経平均の瞬間風速−900円なんて最初からなかったかのような結果でした。

先週・今週は日本での金利上昇傾向もあって日経平均は下落傾向が続いていましたが
銀行株やネット銀行株や金融株は順調だったので木曜日の下げでうまく約定してました。
もちろん約定できなかった銘柄もあったので全て上手くいったわけでもないです(´・ω・`)

三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306) 1,658円 +28.5 (+1.75%)
本来は糖蜜が本命で5/27に上昇してトレンド転換した時点で買う予定だったんですが・・・
指値がまったくヒットせず、置いて行かれたので諦めたという経緯があります(´・ω・`)
5/28以降も何度か指値は出してたけど期待してたより下がりきらず約定ヒットなし

りそなホールディングス(8308) 1,084円 +48.5円 (+4.68%)
りそなHDは糖蜜の次にチャートもよくて押し目で買いやすい銘柄だったんで
指値を何個も出してたら今回は5/30の急落時にうまく指値がヒットしていました

生保や損保銘柄もこのところずっと強い銘柄で良いのはチェックはしてますが、
残念ながらあまり押し目と言えるような明確なタイミングがなかったので(´・ω・`)
いい銘柄、いいセクターではあるけど今回狙う銘柄からは除外していました

オリックス(8591)  3,419円 +74円 (+2.21%)
今回選んだのは決算前に一度持ってて、決算後に利食いしていたオリックスですね
業績が良いのも知ってたし調整したらまた上がるだろう思ってずっと待っていたので、
以前から出しっぱなしにしていた指値を少し調整してたらヒットしてたやつです

野村ホールディングス(8604) 950.5円 +41円 (+4.51%)
にょむらは先々週にトレンド転換ポカったタイミングで一度購入して、その後思ったより上がらなかったので薄利で撤退してたのであらためて購入しなおした銘柄です。
5/30大引け時点では終値でけっこう下げて普通に含み損でしたが5/31は反発しました
そうは言ってもメインは銀行・地銀セクターなんでにょむらはただのオマケです(´・ω・`)

千葉銀行(8331) 1,493.5円 +40円 (+2.75%)

ふくおかFG(8354) 4,579円 +144円 (+3.25%)

群馬銀行(8334) 1,081.5円 +30.5円 (+2.90%)

めぶきFG(7167) 629.8円 +20円 (+3.28%)

しずおか銀行(5831) 1,622.5円 +65.5円 (+4.21%)

第四北越FG(7327) 5,030円 +75円 (+1.51%)

西日本FH(7189) 2,180円 +46円 (+2.16%)

地銀はある程度規模があってチャートが良いものをいくつかストックして監視φ(.. )
重要なのは過去に外債絡みで変な損失計上してなさそうなのを選ぶことでそう。
(突発的にいきなり外債含み損がどうとか、決算で損失計上とかありえるので)

銀行とか地銀は非常に銘柄が多くて値動きもまちまちだったりしますよね(´・ω・`)
特に地銀セクターはあまり小型なものを選ぶより一定の規模がある方を選んでいます
もちろん小型の地銀の方が爆発力があって急騰する可能性もあるにはありますが、
あまり低位株セクターの株を買うような手法はしない方がいいと考えています


ss2286234570 at 07:41|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 株式市況 | 日本株

2024年05月31日

DMMビットコイン482億円流出、金融庁は原因究明求める

DMMビットコイン482億円流出、金融庁は原因究明求める
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB31BF90R30C24A5000000/
2024年5月31日 21:57 日本経済新聞
DMM.com(東京・港)グループで暗号資産(仮想通貨)交換業を営むDMMビットコイン(同・中央)は31日、ビットコインが不正に流出したと発表した。流出額は482億円相当で、流出した顧客のビットコインはグループ会社の支援のもとで全額保証する方針も明らかにした。金融庁は資金決済法に基づく報告徴求命令をDMMビットコインに出し、原因の究明や顧客の保護を求めた。
DMMビットコインはビットコインなど40弱の仮想通貨を扱う交換業者だ。同社の2023年3月期の事業報告によると、37万の顧客口座を抱える。不正流出を受け、新規口座開設の審査や、現物取引の買い注文の停止など一部のサービスを制限した。
同社によると、不正流出を検知したのは31日午後1時26分頃。不正流出した数量は約4500ビットコインと判明した。不正流出対策は実施したものの、追加の安全確保のため一部サービスを停止したという。
暗号資産交換業者からの仮想通貨の流出事案は過去にも複数回発生している。14年にマウントゴックスから480億円、18年にはコインチェックから580億円が流出した。21年にリキッドから100億円が流出して以降は国内交換業者からの流出事案は発生していなかった。金融庁が交換業者に業務改善命令を出した事例もある。
過去最大の流出額となったコインチェックの事案では、18年1月に同社が顧客から預かっていた「NEM」と呼ばれる仮想通貨が不正アクセスにより外部へ送金された。同社従業員の端末がマルウェアに感染し、管理するためのパスワードにあたる秘密鍵を盗まれた。NEMの保有者に対しては日本円で返金された。


ビットコインの管理難航、続くハッキング DMM系流出
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB31DZ90R30C24A5000000/
2024年6月1日 5:00 日本経済新聞
DMMビットコインが自社ウォレットからビットコインが不正流出しているのを検知したのは31日午後1時26分。原因は調査中としているが、インターネットに接続していない「コールドウォレット」で管理している一部のビットコインをネットに接続して移動させる際にハッキングにあったか、コールドウォレットの秘密鍵が何らかの理由で漏洩したとみられる。
日本では仮想通貨は原則コールドウォレットなどリスクの少ない方法で管理し、ネットに接続する「ホットウォレット」で管理する場合は、同規模の弁済原資を保持することが義務付けられている。DMMも普段は顧客資産をコールドウォレットで管理をしていたが、その運用がずさんだった可能性がある。
金融庁が今回、DMMビットコインから不正流出の報告を受けるなかで、再発防止と合わせて気を配ったのが顧客資産の保護だ。DMMビットコイン単体では顧客資産の保全が難しいとみて、DMMグループによる全額保証を求めた。DMMビットコインはこの交渉のやりとりにめどがついた31日深夜に不正流出に関する文書を公表した。
今回の件は仮想通貨の現物の管理の難しさを改めて浮き彫りにした。相対的に地位が高まりそうなのがビットコインETFだ。米証券取引委員会(SEC)が1月にビットコインETFを承認するなど世界各国でビットコインETFが登場している。ビットコインETFは証券会社の証券口座を通じて株式と同様に売買することができ、仮に証券会社が破綻しても投資家の資産は保護される。
0601


またまた国内の仮想通貨業者から仮想通貨が不正流出する事件が起きたようですΣ(゚д゚;)
今回はDMMグループの「DMMビットコイン」で不正流出額は482億円とかなり大きい
DMMビットコイン単体では482億円は返済不可なのでおそらく親会社が払うんでしょう。

ここで一点重要なのはDMMビットコインが自発的に全額保証したわけではなく、
むしろその逆で、そもそも現在国内では仮想通貨業者が不正流出事件を起こした場合は、
業者またはそのグループ会社が全額保証するようそもそも法律で義務化されてるんだおね。
そしてその義務を果たせる仮想通貨会社のみが国内で営業許可が出てるってことφ(.. )

昔はそんなものはなかったけどコインチェックでの事件時は自主的に自腹で保証しました
2018年9月のテックビューロとはZaif(ザイフ)で起きた流出事件のことですね。
あの時も一応自腹だったか増資先から資金調達した後でか全額保証してたと思います。

不正な資金流出で仮想通貨業者側が全額保証することが義務化されてるのはまあいけど
でもそれってよくよく考えたらかなり負担大きすぎじゃね思うのも事実(´・ω・`)
上のTwitterの人にも指摘されてるけど、よくよく考えたら国内の仮想通貨取引所って
内部管理コストや万が一の場合の損失負担コストを前提に考えたら、収益性富み合ってるかって言われたらかなり怪しいんじゃないのかってのは事実でそ

DMMビットコインだって不正流出時の損失は全額補填が義務化されてるから補填するようだけど、じゃあその後も事業つづけるのかって言われたら微妙ですよね
今回の482億円の損失穴埋め額があまりに巨大すぎて今後回収見込みもまずないわけで
そう考えるとDMMビットコイン自体を身売りする判断になるんではないでしょうか
(もし買い手が見つからなかったら、一定期間を置いたうえで廃業するかもしれないし)
残念ながら仮想通貨の取引所ってリスクの割に投資リターンが低すぎのように感じます

上のTwitterの内容でもコインチェックから北朝鮮のハッカーが580億円盗んだときの
手口の詳細が掲載されてたけどこれってエグイとか驚異的とか思うんですかね
冷静に考えたら、業務用で使用するパソコンで外部のSNSとやり取りするとか、
身元不明の第三者とメールで何度もやり取りするとかアホなのかなって思います(´・ω・`)
それって100歩譲って自宅の私用パソコンですべきことであって、会社の業務用のパソコンでそれやったら不正アクセスの入り口になるのは当たり前のことでそ
0603


























これってエゲツナイ手口もクソもない、超初歩的なことを踏み外してるように感じます。
コインチェックも今回のDMMビットコインもやはりかなり初歩的なセキュリティー管理ができてなくて、業務用パソコンで不用意に外部接触してる可能性が高いでそ。
日経の時期の中でも指摘されてますけど、どう考えても内部管理に何らかの問題があって
結局のところ運用管理がずさんだったんじゃないかなって感じますけどねφ(.. )

2023年01月18日
FTX、サイバー攻撃で暗号資産4.15億ドル(530億円)流出

http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2023-01-18.html

2022年11月19日
FTX「前代未聞の経営」 記録不十分・資金流用疑いも💣

http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2022-11-19.html

2022年11月11日
客の資産に手を付けたFTXが破綻、仮想通貨で過去最大💣💣

http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2022-11-11.html

2019年07月13日
ビットポイントから35億円相当の仮想通貨が流出 その2

http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2019-07-13.html

2019年07月12日
ビットポイントから35億円相当の仮想通貨が流出 その1

http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2019-07-12.html

2018年09月20日
クズZaifさん、ハッキングされて67億円盗まれる! その1

http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2018-09-20.html




ss2286234570 at 22:51|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 犯罪・事件 | 仮想通貨

2024年05月27日

住信SBIネット銀行は上場来最高値を更新!時価総額は4,212億円

住信SBI銀行、純利益25%増の248億円 24年3月期決算
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB08DNS0Y4A500C2000000/
2024年5月10日 19:21 日本経済新聞
住信SBIネット銀行が10日発表した2024年3月期の連結純利益は前の期比24.6%増の248億円だった。住宅ローンなどローン関連の手数料が収益をけん引し、本業のもうけを示す実質業務純益(単体)が16%増の344億円となった。与信費用も低水準でだった。ローンの利息などから得られる資金利益も7%増の434億円だった。住宅ローンの実行額は17%増の1兆7386億円となった。住宅ローンや銀行機能を事業会社などに提供するBaaS(バンキング・アズ・ア・サービス)事業が伸び経常利益は18.6%増の348億円になり、収益を下支えした。BaaSの口座数は8割増の158万に達した。
25年3月期の連結純利益は前期比12.7%増の280億円となる見通しだ。日銀によるマイナス金利政策の解除の影響で資金利益を年55億円押し上げるとの試算を示した。


楽天銀行、純利益24%増の344億円 24年3月期
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB1362C0T10C24A5000000/
2024年5月13日 19:15 日本経済新聞
楽天銀行が13日発表した2024年3月期の連結決算は、純利益が前の期比24%増の344億円だった。24年1月からの新NISA(少額投資非課税制度)の影響で楽天証券経由での口座開設や証券と銀行間での入出金に伴う決済取引が増加し、手数料収入が伸びた。本業のもうけを示す実質業務純益(単体)は22%増の518億円となった。個人や法人向けの貸し出しが拡大し、貸出金残高は7%増の4兆290億円。投資用マンションローンが28%増の6540億円とけん引した。機械や設備、在庫などを担保にした動産・債権担保融資(ABL)や法人融資も伸びた。与信関係費用は前年同期比1.6倍の21億円だった。
25年3月期の純利益は前期比9%増の378億円を見込む。楽天グループのフィンテックサービス再編を巡る費用を50億円計上した。




さて、ネット銀行の通期決算が発表されて各行の株価の変動に大きな差が出ましたΣ(゚д゚;)
以前から何度か書いてた通り、住信SBIネット銀行は楽天銀行に比べて業績の割には株価がかなり割安で時価総額がこれまで2月までは3,000億円を下回っていたのですが
通期決算が出て以降は株価がグングン上がっており上場来高値を更新しました(´∀`*)
住信SBIネット銀行は2月末時点で時価総額が2,939億円をまだ3,000億円以下だったのが、
一気に楽天銀行との時価総額の差をつめて1,200億円以上時価総額が増えました

ただし、これまでは相対的に楽天銀行に比べて割安だった住信SBIネット銀行ですが
両行の業績をもとに考えると正直なところ割安感はすでに解消してると感じられます
株主でもある自分が言うのもアレですが足元では割安感を感じないので、ここから先はもうそれほど上がる余地が見えなくなってきているとも感じますφ(.. )



今後株価について重要になってくるポイントは金利の上昇がどうなるかでしょう(´・ω・`)
金利が上がると銀行株や生保損保株、リース株などは収益改善で上昇しやすくなり
一方でハイテク値嵩株(どちらかというとPERが高い半導体系)はグロース株は下落
特に需給が悪くて個人の信用買いが多い新興株はより厳しくなりやすいでそう(´;ω;`)

ネット銀行株も金利上昇は追い風ですが収益改善期待には銀行によって差があります
前にも書きましたが資金運用での収益改善期待が大きいのは住信SBIネット銀行なので
金利上昇局面ではより住信SBIネット銀行の方が上がりやすい傾向は強くあるでそう
そもそも住信SBIネット銀行はマイナス金利導入時に業績が25〜30%くらい大幅ダウンした過去があるので、逆にいえば金利上昇局面ほど追い風だからです

ネット銀行の業績予測はかなり保守的な予測を期初に出してくる傾向が強いので、
基本的には今後これから上振れしやすいという見込みで売買しているわけですがφ(.. )
長期金利の上昇が続けば、楽天銀行よりも住信SBIネット銀行の方が業績の上振れ期待というものが強く作用して株価を押し上げやすいってのはあるでそう

住信SBIネット銀行 2024年3月期 通期決算(2023/4/1〜2024/3/31)
経常収益 1,185億7,200万円(+20.9%)
経常利益    348億4,600万円(+18.5%)
最終利益    248億4,500万円(+24.6%)

楽天銀行 2024年3月期 通期決算(2023/4/1〜2024/3/31)
経常収益 1,379億5,000万円(+14.5%)
経常利益    483億4,700万円(+24.8%)
最終利益    344億3,600万円(+24.3%)

セブン銀行 2024年3月期 通期決算(2023/4/1〜2024/3/31)
経常収益 1,978億7,700万円(+27.6%)
経常利益    305億2,600万円(+  5.5%)
最終利益    319億7,000万円(+69.5%)

楽天銀行(5838) 2,794円 +27円 (+0.98%)
0529










時価総額:4,875億円

住信SBIネット銀行(7163) 2,793円 +116円 (+4.33%)
0528










時価総額:4,212億円

セブン銀行(8410) 264.6円 +3.1円 (+1.19%)
時価総額:3,120億円

2024年04月01日
楽天G、金融事業再編で協議開始 楽天証券の上場は中止

https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2024-04-01.html

2024年02月22日
楽天銀が続急騰、24年3月期業績予想の上方修正

https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2024-02-22.html

2024年02月01日
住信SBI銀が大幅続伸、住宅ローン実行額増加し4〜12月期最終益25%増

https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2024-02-01.html

2024年01月24日
1/24 銀行株が逆行高 三菱UFJ5%上昇、マイナス金利解除意識

https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2024-01-24.html




ss2286234570 at 15:57|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ネット銀行 | 企業業績

2024年05月23日

イエレン米財務長官「為替介入はまれであるべき」と強調

イエレン長官、介入は「まれであるべきだ」と強調−事前の伝達も必要
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2024-05-23/SDXTD6DWX2PS00
2024年5月23日 21:07 ブルームバーグ
イエレン米財務長官は、為替介入はめったに使用されない手段であるべきで、介入に踏み切る際には十分な警告が発せられる必要があるとの考えをあらためて述べた。
主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議に出席するためイタリアのストレーザを訪れたイエレン氏は、日本などはドル高にどう対応できるかという質問に対し「介入はまれであるべきで、実施には事前の伝達が適切だと考える。そして介入するのであれば、主に為替市場のボラティリティーへの対応であるべきだ」と答えた。「介入は決して日常的に用いられるような手段ではない」と続けた。



イエレンって昔はFRBに居たんで日本の金融政策についてあーだこーだ言う立場じゃなかったのだけど、現在は米財務長官なんでかなり強い立場です。
強いっていうか大物閣僚の一人なんでアメリカを代表する閣僚の一人ですφ(.. )
その米国財務長官が日本の為替政策に対してはっきりと警告の発言をしたようです。

以前にも同じような発言をしてるのであらためて安易な為替介入を警告したんでそ
日本の財務省としては同盟国であるアメリカの財務長官の発言の意味は大きいので
同盟国からの警告を無視したり、スルーするというのはまず許されません(´・ω・`)
しかも「もし為替介入するなら必ず事前通達すべき」とまで言及しています

日本の財務省としては今回のイエレンの発言警告ってのはかなり影響が強いので
おそらく150円台での再度の為替介入の可能性は非常に厳しくなりました(´・ω・`)
というより150円台での為替介入はほぼ不可能かなって印象です

おそらく前回の163円あたりからの為替介入はアメリカにも事前伝達してたはずなので
もし次回また神田財務官が為替介入に踏み切るとしたら162円以上っぽいですね。
足元ではインフレを示す指標が続いたことでアメリカの利下げ期待が遠のいたってことで
NASDAQなんかが売られてるし、利下げ期待低下でドル売りも起こりにくいです
もちろん何が起こるかわからないので絶対とは誰も言えないのですがφ(.. )
傾向としては今回のイエレン財務長官の警告もあり円安に再度向かいそうなふいんきです

ドル円 チャート

ヒロセ通商(7185) 3,615円 +10円 (+0.28%)

マネーパートナーズ(8732) 259円 +2円 (+0.78%)

マネパは最近ずっとスワップが悪化して一方で業績も低迷しまくりですね(((( ;゚д゚)))
ドル円とかポンド円のスワップポイントなんか死ぬほど悪いしスプも微妙だし
業績がかなり悪化してるし顧客離れがすすんでる可能性ありそうですねΣ(゚д゚;)
四半期の業績がかなり悪化してるし、株価も右肩下がりで失望感が強そうだおね




ss2286234570 at 22:51|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 為替 | ドル円