yogurting ヨーグルティング

2023年11月27日

祝!LINEヤフー誕生記念、44万件個人情報流出祭りはじまる

LINEヤフー、個人情報流出発表 ネイバー経由で44万件か
2023年11月27日 12:00 日本経済新聞
LINEヤフーは27日、同社のサーバーが第三者から攻撃され、LINEアプリの利用者情報など約44万件が流出した可能性があると発表した。大株主である韓国ネット大手ネイバーと一部システムを共通化していたことが一因だ。過去にもLINEの利用者情報を中国の関連会社が閲覧できた問題が起きており、情報管理体制が改めて問われる。
今回流出した恐れのある44万件の個人情報のうち約30万件は利用者に関するものという。対話アプリ「LINE」の利用者は9600万人に上る。流出した情報の中には解析すればアプリのプロフィル情報にある氏名などを第三者が閲覧できる可能性があるものもある。利用者の性別やLINEスタンプの購入履歴なども流出したもようだ。
LINE内のメッセージの内容や利用者の銀行口座、クレジットカードなどの情報流出は確認されていないという。ほかに取引先や従業員などに関連する情報が9万件弱、5万件強ずつ外部に漏れた可能性がある。LINEヤフーは「利用者や取引先の情報を利用した二次被害の報告は受けていない」としている。
LINEヤフーの個人情報管理を巡っては、過去にも問題が起きている。2021年3月には、中国の業務委託先の従業員が日本のサーバー内にある利用者の氏名や電話番号などを閲覧できたなどの問題が発覚した。
同社は個人情報の管理体制の見直しを進めたが、23年8月には旧ヤフーが検索エンジンの開発・実証のため、約410万件のIDの位置情報をネイバーに提供していたことが発覚した。総務省は利用者への周知が不十分なまま情報を外部に提供したなどとして行政指導した。
総務省は行政指導の中で「利用者の利益の保護に関わるガバナンスの在り方について見直す必要がある」と指摘している。個人情報の保護に関わる問題が再発したことで、LINEヤフーは情報管理体制の見直しが求められる。




※まだ書きかけです。







ss2286234570 at 16:34|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 犯罪・事件 | 個人情報流出

2023年11月25日

11/24日経平均、一時年初来高値上回る 〜反復トレード編〜

東証大引け 続伸 一時年初来高値上回る、戻り売りで伸び悩み
2023年11月24日 15:34 日本経済新聞
24日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前営業日比173円70銭(0.52%)高の3万3625円53銭で終えた。祝日前の22日の米株式相場、23日の欧州相場の上昇が支援材料となった。上げ幅は300円を超えて7月3日につけた年初来高値(3万3753円)を上回る場面があったが、上値では戻り待ちの売りが出た。
日経平均は午前に一時366円高の3万3817円まで上昇した。欧米を中心に金利上昇のピークアウト感が強まっており、東エレクなどグロース(成長)株に買いが入った。外国為替相場でこのところ続いた円高・ドル安の流れが一服し、輸出採算の改善期待からトヨタなど自動車株の上昇も目立った。
ただ、買い一巡後は伸び悩んだ。日経平均は今月に入って祝日前の22日までに2592円上昇していた。短期的な過熱感から利益確定目的の売りが出て、後場には上げ幅を縮めた。
三菱重レゾナックサイバーが高い。シャープダイキン王子HDは下げた。

ウェルスナビ、10月末比5割高 新NISA需要に期待
2023年11月24日 20:48 日本経済新聞
24日の東京株式市場で投資一任サービスのロボットアドバイザー(ロボアド)を手がけるウェルスナビ株が反発し、一時前営業日比5%(84円)高の1683円をつけた。10月末比では5割高と上昇が目立つ。新たな少額投資非課税制度(NISA)の開始を控え、ロボアドの需要拡大に期待が高まっている。
いちよし証券の宇田川克己投資情報部課長は「需要期待に拍車がかかり、値動きの軽さが個人投資家をひき付けている」と指摘する。予想PER(株価収益率)は1654倍に達するなど、足元の株価は過熱気味だ。「バリュエーション(投資尺度)に割高感もあり、短期の急上昇に伴う利食いをこなしながら上値を追っていきそうだ」(松井の窪田氏)との見方も出ていた。
1111







主要77社の営業増益要因、半分が円安4〜9月 8100億円効果 海外の稼ぎ、国内還元カギ
2023年11月25日 2:00 日本経済新聞
円安が企業業績を支えている。主要77社の2023年4〜9月期は前年同期比で約8100億円の押し上げ効果があり、過去最高だった営業利益の増加額の5割を占めた。海外生産が拡大し以前より為替の恩恵は減ったが、引き続き業績をけん引した。今後は稼いだ利益を国内の人的資本や供給網の維持にどこまで還元できるかが焦点だ。
目立つのが自動車や機械、電機など海外売上高比率の高い企業だ。トヨタ自動車は2600億円と上場企業で最も大きく、資材高の影響(3150億円)を軽減した。SUBARUは600億円超で増益額の8割にあたる。コマツ三菱電機村田製作所でも追い風だ。
円安が逆風だった企業もある。ニトリホールディングスは輸入採算の悪化で約250億円の減益影響があった。こうした企業はJFEホールディングスシャープなど9社あり、計800億円弱の減益影響が出た。
3333


最近話題になったのは円安による輸出系企業の業績が大幅に改善したニュースですよね
上の図にもありますけどトヨタなんかは追い風参考で業績を大いに伸ばしました
一方で、2024年からFRBが利下げに踏み切れば今度は円高に流れが変わりますφ(.. )
なつさんもニトリやシャープを最近監視銘柄対象に追加しました。
(JFEは元から監視銘柄に入ってたんで特に変更はないですけど)

ニトリホールディングス(9843) 16,805円 −70円 (−0.41%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9843
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9843.T/chart
ニトリは円高銘柄なんで今後の値動きをしっかり監視していく銘柄ですよね(´・ω・`)
CPIの低下がニュースに出て円高になったころからチャートの動きが変化してます

ソフトバンクグループ(9984) 6,228円 +30円 (+0.48%) 
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9984
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9984.T/chart
1127











禿バンクは2021年からすでに下げ始めて、2022年はFRBの利上げにより米国の大手グロース株が下げ足を速めた頃にはさらに安値を叩いて現在はまだ復帰途中。
2024年から利下げが始まって米国でグロース株がさらに上がれば、禿バンクの出資先企業も上昇されやすくなり株価8,000〜9,000円を目指してくれそう

ただソフトバンクのいいところは値動きに反復性があって手掛けやすいことです
チャートにライン引いたらわかる通り5,000円を割り込むと底打ちして反発を繰り返します。
こういう反復性の高い銘柄は値動きを予測しやすいのでけっこう簡単に鞘が抜けます
長期あほーるどしてる保有株以外に下げたら買い増し上げたら短期で利食えばよいだけ
特に繰り返し反復する値動きのクセのある銘柄は稼ぎやすいので重宝します(*´∀`*)ムフー

現在は5,000円以下には下げないので月足チャートの下値支持線が支えてる5,800円あたりが買い指値ラインになり、7,000円超えたら売り指値ラインって感じです

楽天銀行(5838) 2,588円 −44円 (−1.67%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=5838
https://finance.yahoo.co.jp/quote/5838.T/chart
2222











上場直後からず〜〜っと反復性の高い値動きをしてたのが楽天銀行ですねφ(.. )
本来は非常に成長性の高い将来性のある銘柄で安い時に買い増ししてただけの話です。
しかし、1,900円を割れたらただただ買い増しするだけでは効率がよくないので
(次回の四半期決算が出るまではそもそも大きく値動きする材料がなかったから)
1,900円以下により多くの指値を出しっぱなしにしてほっといて、
2,000〜2,100円になったら追加で買い増ししすぎた余分な株を離隔しました(´・ω・`)
そもそも長期で持っとけば上がると強く確信してたんで安心して買い増ししまくってた訳ですが、あまり多すぎるのも如何かと思って多すぎる分はちょくちょく利益確定
値動きの反復性とその再現性、再現頻度が高かったので今年一番稼げました(´∀`)
(狙ったわけではなく、反復頻度が高く繰り返し発生したので稼ぎやすかっただけです)

現在は四半期決算が出て2,200円を上放っぱなれたので1,900円までは下がりませんが、
2,200〜2,300円で買い指値入れて2,600〜2700円で売り指値を入れて放置しています


ss2286234570 at 07:58|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 株式市況 | 日本株

2023年11月24日

PayPay証券、2024年第2四半期は10.68億の赤字、累損もうすぐ200億円

PayPay証券、最後発からどう巻き返す?投資初心者との「最強のタッチポイント」生かす
2023年10月13日 13時05分 ITmedia
2024年から始まる新NISAを巡り、証券会社の動きが慌ただしくなってきた。新NISAは1社でしか利用できず、さらに年間投資可能額は360万円と大きい。自社で新NISA口座を開設してもらえるかどうかは、最重要課題だ。
特に競争が激しいのが、5大ポイント経済圏だ。楽天ポイント、PayPayポイント、dポイント、Pontaポイント、Vポイント(Tポイント)のそれぞれには、楽天証券、PayPay証券、マネックス証券、auカブコム証券、SBI証券が属する。しかし、各証券の口座数には大きな開きがある。最後発からの追い上げとなるのがPayPay経済圏に属するPayPay証券だ。
新NISAを機に、どのように巻き返す戦略を考えているのか。PayPay証券の番所健児社長に聞いた

――競合他社も投資初心者をターゲットとしている。ネット証券だけでなく、銀行なども新NISAをきっかけに初心者の取り組みを狙っている。どう戦っていくか。
PayPay証券が他に比べてユニークなのは、PayPayという決済を中心としたスーパーアプリと共に戦っていくということだ。PayPayは、6000万人超のユーザー基盤になっているし、決済領域にはまだまだ成長の余地がある。さらに、スマホはあらゆる人にとって必需品であり、常に手元にあって生活に結びついている。タッチポイントの部分、顧客接点については大きな差別化ができており、一丁目一番地で戦っていける。

――NTTドコモ経済圏入りしたマネックス証券は、現在の220万口座から、3年で500万口座を目指すとしている。同規模のPayPay経済圏をバックに持つPayPay証券も同レベルを目指すのか。
数年後の目標は外部には話していないが、昨年度末の52万口座はまったく良しとしていない。PayPayと組んで事業を行うというのは、ナンバーワンを目指してやっていくということだ。ネット証券の大手に肩を並べる規模を目指してやっていく。少なくともネット証券を呼ぶときに“大手5社”と呼ばれるところを、早く変えていきたい。

PayPay証が投信10倍の200本に拡充、新NISAで数年内黒字化も
2023年11月8日 10:0 ブルームバーグ
PayPay(ペイペイ)証券の番所健児社長は、来年1月からの新NISA(少額投資非課税制度)の運用開始に合わせ、投資信託のラインアップを現在の約10倍に当たる200銘柄程度まで増やす方針を示した。新規顧客の獲得につなげ、数年内の黒字化を目指す。
番所社長はブルームバーグとのインタビューで、株式売買手数料の無料化などによりネット証券業界で顧客獲得競争が激化する中、信託報酬などのストック収入に的を絞り、パソコン要らずのスマートフォン上でサービスを完結させる戦い方であれば、「われわれにも十分勝機がある」と強調した。  
ネット証券業界は、口座数1000万以上のSBI証券と追随する楽天証券の2強を筆頭に、各社がしのぎを削る群雄割拠の市場。LINEの証券業務からの撤退も記憶に新しく、口座数が52万余りのペイペイ証が収益性の改善を図るには、難しい経営のかじ取りが求められる。
1124





記事の中のPayPay証券への質問を読んでみましたけどやたら辛辣ですよね(´・ω・`)
クソ大赤字で毎年毎年赤字が拡大してもうすぐ累損200億円突破しそうになっていて
おまけに親会社からいつ切り捨てられてもおかしくないPayPay証券に向かって
「大手5大ネット証券と互角になるまでどう戦っていくのか?」みたいな、絶対にできもしないような厳しい質問を投げつけるあたりまったく容赦がないです、ですね👹

PayPay証券に向かって「大手5大ネット証券と互角になってください」って言うのは、ベトナムのサッカー代表チームに向かってW杯準決勝狙ってくださいって言ってるようなもの。
残念だけどそんなの実現性という意味では0.0001%の成功率もないと思いますφ(.. )

自己資本規制比率 【2023年6月30日現在】
0012




自己資本規制比率 【2023年9月30日現在】
0930




7-9月の四半期業績:109億6,800万円−120億3,600万円=−10億6,800万円

さてそんな大ぼら吹いてるPayPay証券ですが現実は極めて厳しい状態です(´・ω・`)
2023年6月末の残存資本120億3,600万円がすでに2023年9月末には109億6800万円に減少
つまり2024年度第2四半期(7-9月)の業績は−10億6,800万円大赤字です
2024年度第1四半期(4-6月)の−6.77億円赤字より1.57倍も増えてますね・・・。

https://www.paypay-sec.co.jp/pub-web/corporate/discloser/pdf/dis202303.pdf#page=13
0814













PayPay証券は2023年3月末の残存資本が約27億1,300万円と非常に少なかったので、
2024年度に入って第三者割当増資で100億円もの大金を増資しています
これさえわかればPayPay証券の上半期決算(4-9月)は簡単に推測できてしまいますφ(.. )

上半期決算:109億6,800万円−(27億1,300万円+100億円)=−17億4,500万円

上記の計算をすると17.45億円の大赤字であったことがすぐわかりますΣ(・ω・ノ)ノ
2023年5〜8月は日経が上がりまくる超バブル期であったのに大赤字だったということです。
正直なとこPayPay証券が黒字化できるイメージがまったく見えてこんない数字ですね。

ちなみに上の図を見ると2023年3月末までの累損が推定で約171億円あるようなので
2023年9月末時点での累積損失は171億円+17億4,500万円=188億4500万円ですね
このハイペースなら2023年12月末には累損200億円に近づくでしょう(´・ω・`)


ちなみにPayPay証券では日本株の個別銘柄はたったの179銘柄しか購入できません。
https://www.paypay-sec.co.jp/base/brand/brands_jpn.html
現物株というよりレバレッジ1倍の日本株CFDしか扱ってないんですよね(´・ω・`)
(東証に注文を取り次ぐ取引所取引ではなくPayPay証券との相対取引だからです)

ちなみに日本株取引の取引手数料は約定代金の0.5%とキチガイみたいに高いです💀
100万円購入したら5,000円手数料払って、105万円で売ったら手数料5,250円払います。
(まあ実際にはCFDなので手数料というよりスプレッドをブッコ抜かれます)
そのへんのネット証券なら100万以下の現物取引なら手数料無料だったりするわけですが、
スマホ証券のPayPay証券ではなんと手数料往復で1%も抜かれるクソ仕様です(゚д゚)、ペッ

もし現物取引で1,000万円買って1,030万円で売却したら本来は収益は30万円ですが
買付手数料5万円+売付手数料5.15万円=10.15万円の手数料を抜かれるイメージです👹
口座ばかり増えて誰も利用してないのにはちゃんと理由があるわけですね💩

ちなみにスプレッド0.5%というのはドル円150円ならスプレッド75銭に相当しますよね。
FXでスプレッドが常時75銭あったらもはや鬼畜でそ。メガバンの外貨手数料並みです。

大手ネット証券ではSBI証券や楽天証券がすでに株式手数料を無料化していますφ(.. )
しかし後発で人気薄のPayPay証券ではまだこんなアコギな暴利を毟る商売やってます
申し訳ないけどこのPayPay証券が成功するとはとてもじゃないけど無理でしょう。

2023年08月11日
PayPay証券2023年度は45.6億円の赤字、さらに2024年第1四半期は6.77億の赤字

2023年06月17日
LINE証券の撤退に続いて、PayPay証券も1〜2年以内に撤退でそ

2023年06月12日
LINE、証券業務から撤退 株式部門を野村証券に移管
2023年05月13日
LINEヤフー統合で、大赤字のPayPay証券とLINE証券はどうなる?

2023年05月12日
PayPay証券、2023年度通期決算(2022/4〜2023/3)は推定45.6億円の赤字

2022年07月30日
PayPay証券 2021年赤字16億→2022年31億に倍増ゲーム


ss2286234570 at 07:51|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 スマホ証券 | 撤退・廃業

2023年11月23日

アルメディオ---ストップ安、新株予約権発行で希薄化を懸念

アルメディオが急反落、新株予約権発行で希薄化を懸念
2023/11/21 12:45 会社四季報
断熱材を手がけるアルメディオ(7859)が急反落した。午後0時30分現在、制限値幅いっぱいの前日比300円(28.3%)安の760円ストップ安売り気配で推移している。
20日にマイルストーン・キャピタル・マネジメント(東京都千代田区)を割当先とする第三者割り当てにより、第9回・第10回新株予約権を発行すると発表し、潜在的な1株利益の希薄化を懸念する売りに押された。発行する新株予約権数は3万個(潜在株式数300万株)で、希薄化率は最大で16.14%。調達資金は手取り概算で26億5890万円。

アルメディオ---ストップ安、新株予約権発行による潜在的な希薄化を嫌気
2023/11/21 14:02 MINKABU
新株予約権発行による潜在的な希薄化を嫌気 アルメディオ<7859>はストップ安。第三者割当による第9回新株予約権及び第10回新株予約権の発行を発表している。割当先はマイルストーン・キャピタル。当該発行による潜在株式数は、第9回が200万株、第10回が100万株となる。当初行使価額は、第9回が819円、第10回が1000円となっているようだ。

アルメディオは引け直後から話題になってたんで夕方すぐにPTSで確認したら
15時に1,060円のストップ高で引けて、3時間たった18時すぎには−25%と株価が暴落
一瞬にして1/4の価値を失ってしまうという笑劇的な展開になっていました(´∀`*)

個人投資家が喰いつきそうな材料を散々事前にバラまいて雑魚をたくさん集めて
ストップ高で引けた直後に一網打尽にして捕らえるという熟年の漁師のような腕前
集魚灯に集まった餌のイワシのごとくイナゴ投資家が大量捕殺されてしまったようです。

信用残高
https://kabutan.jp/stock/kabuka?code=7859&ashi=shin
1125









信用残高を見ると時価総額に比べてかなり信用買い残が多いように見受けられます。
きっとというクモの糸を掴んで天に召された投資家が多くいたことでしょう(((( ;゚д゚)))
昔のニュースを読んでみたらアルメディオは過去にも何度も株券印刷していました
印刷系新興株においてこんなことはよくある風景なので特に驚きはありません。
gazou_0035

















バイオ企業ではよくあることですが、株券印刷したい会社は業績以外のネタで釣って
いかにも「材料が豊富で期待できますよ」というプレスリリースを頻繁に連発し、
株価を散々引き上げたところで爆弾のように株券印刷することがまま見受けられます
(高値で株券印刷した方がより多くの資金調達しやすいんで当然なんですが)

そういう会社の経営陣は株主のことをイナゴか金を巻き上げるためのゴミくらいにしか思ってないので、資金調達のためなら同じことを何度でも繰り返します
しかも今回は新株割当先のマイルストーン・キャピタルと事前に周到に準備をして、大株主の経営陣が貸株までやってるようなので確信犯中の確信犯ですね
反社が絡んで逮捕者まで出したテラと同じレベルの作意と悪質さを感じます(´・ω・`)
(反社が絡んでるって意味ではなくやり口が極めて悪質という意味でです)

筋の悪い新興株は株券印刷がクセになってるので今後も態度を改めることはないでそう
株券印刷すれば楽に資金調達できるのでこれから何度でも行うからです。

アルメディオ側はなんとかして約26億円を調達したいので、下限行使価格を550円とかなり安く設定しておりいくらでも株券を売りやすく周到に準備されています
どの程度までの株数の売りが消化されてるのかはわかりませんが、安易にリバ狙いで飛びついたリバウンダーは相当のアホというか肥やしですよねφ(.. )

そもそも11/21に寄り付いたのって意図的に寄らせたんじゃないかなって思ったんですよね。
かなり怪しさ満載だしなにより株主軽視が甚だしい会社なんで近づくべきじゃないでそ

アルメディオ(7859) 724円 −36円 (−4.74%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7859
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7859.T/chart

2023年06月27日
インチキ株券印刷会社アンジェスさん、いつものMSワラントで54億円調達

2023年05月10日
黒字バイオベンチャーのモダリス、上場3年後に売上高0円を達成!

2022年09月26日
クソ株アンジェス(4563)、予想通りの85億円株券印刷を再開!


ss2286234570 at 07:41|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 クソ株ニュース | 株券印刷

2023年11月22日

仮想通貨バイナンス、米当局に罰金6400億円 CEO辞任で投獄18か月

仮想通貨バイナンス、米当局に罰金6400億円 CEO辞任
2023年11月22日 4:55 日本経済新聞
暗号資産(仮想通貨)交換業最大手バイナンスは21日、米国における法令違反の責任を認めて、司法・金融当局に対し合計43億ドル(約6400億円)の罰金を支払うことで合意した。米司法省によると企業に科した罰金で過去最大という。同社を創業したチャンポン・ジャオ氏も不正を認め、最高経営責任者(CEO)の職を辞任した。
21日公開の裁判資料によると、米当局の捜査で、バイナンスのマネーロンダリング(資金洗浄)を検知・防止するプログラムが有効に機能していなかったことや、米国の制裁対象国であるイランやシリアの個人が米国民と取引できるようにしていたことが判明した。
当局はイスラム組織ハマスの軍事部門などのテロ組織やランサムウエア(身代金要求型ウイルス)、児童ポルノなどに関与した疑いがある10万件を超す取引の報告を故意に怠ったとも指摘した。
バイナンスは米国を除く地域で「バイナンス・ドット・コム」と呼ぶ仮想通貨の交換所を展開しているが、VPN(仮想私設網)などを通じて米国でも事実上サービスを利用できる状況にあった。今回の合意でバイナンスは当局による5年間の監視や米国からの完全な事業撤退も求められた。
合意の順守を監視するため、当局はバイナンスの帳簿や記録、システムへのアクセスを維持する。合意違反があった場合は追加の罰金を科す。ジャオ氏個人は5000万ドルの罰金の支払いで当局と合意した。合意内容によると、同氏はCEOを辞め、今後バイナンスの事業に関わることも禁じられた。
ガーランド司法長官は21日に会見し「バイナンスが世界最大の交換所になった背景には犯罪があり、米国史上で最大規模の罰を負うことになった」と述べた。同席したイエレン財務長官も「本日の歴史的な罰則、そして法令順守を確実なものとする監視体制は、仮想通貨業界にとって画期的な出来事だ」と話した。

暗号資産取引所のバイナンスCEOが辞任、「資金洗浄」などの刑事責任を認める
2023.11.22 WIRED
世界最大の暗号資産(暗号通貨、仮想通貨)取引所であるバイナンスと最高経営責任者(CEO)のチャンポン・ジャオ(趙長鵬)が、米司法省との包括的な取引に基づき、マネーロンダリング(資金洗浄)と米国制裁違反に関する刑事責任を認めた。
「CZ」の呼び名でも知られるジャオはCEOを退任すると同時に、和解の一環として5,000万ドル(約74億円)の罰金も支払うことになる。ジャオは11月21日(米国時間)の未明にシアトルの裁判所に出廷しており、有罪を認め、最高で禁固10年の判決を受けることになる。
裁判所に提出された書類によると、バイナンスはマネーロンダリング違反と米国制裁違反、無認可の送金業務に伴う共謀で起訴された。バイナンス側は、イスラム組織ハマスの軍事部門「アル・カッサム旅団」や過激派組織「イスラム国(IS)」、国際テロ組織「アルカイダ」などのテロ組織による疑わしい取引の防止と報告を怠っていたことを認めている。

バイナンス、米刑事訴訟の和解で43億ドル支払いへ──ジャオ氏は有罪認めてCEOを辞任
2023年 11月 22日 09:47 CoinDesk
21日に公開された裁判所への提出文書によると、バイナンスは適切なマネーロンダリング対策プログラムの維持を怠り、無許可の送金事業を運営し、制裁法に違反した容疑で提訴された。
機密扱いではない提出書類によると、ジャオ氏はアメリカの銀行規制の遵守よりも「バイナンスの成長、市場シェア、利益を優先した」という。文書には、同氏が従業員に対し、「許可を得るよりも許しを乞うほうが良い」と語ったと記載されている。その考え方は、同氏がアメリカの「グレーゾーン」と呼んだ部分でのバイナンスの運営に浸透していた。バイナンスがユーザーに関する「本人確認(KYC)」情報を収集しないように同氏が取り計らったのは、それがバイナンスの成長と魅力を阻害すると考えたからだ。

暗号資産取引バイナンスの趙CEOが辞任 米国での資金洗浄法違反認める
司法省の報道官は、「バイナンスはアメリカとイランの利用者間の9億ドル近い取引を可能にしていたほか、シリアや、ロシアが占領しているウクライナのクリミア州やドネツク州、ルハンスク州とアメリカ間でも、数百万ドルの取引を処理していた」と述べた。
また、犯罪者やテロリストの資金移動が、バイナンスによって容易になっていたと説明。「2017年8月から2022年4月にかけ、バイナンスからハイドラに約1億600万ドル相当のビットコインが直接送金された。ハイドラはロシアの有名なダークネット市場で、違法なモノやサービスを取り扱う犯罪者に頻繁に使われている」とした。
司法省は、「これにより、(パレスチナ自治区ガザ地区のイスラム組織)ハマスのようなグループを支援するために暗号通貨取引所を利用するといった、悪質なサイバー活動やテロ資金調達に関する犯罪捜査が前進することになる」と述べた。


かなり有名でしたけどバイナンスってずっと前から資金洗浄に加担してたんですよね
イランを敵に回すアメリカにとって、イランやロシア、北朝鮮に向けて犯罪資金を資金洗浄して送金することは絶対に容認できないわけですから
堂々と資金洗浄に関わっていたらアメリカに潰されるのは当然分かってたはず(´・ω・`)
そのことは以前から何度かこのブログでも指摘しましたがついにその時がきました

記事にありますがバイナンスは金もうけを最優先して、金融機関として最低限行うべき
「本人確認すらしていなかった」と指摘されてます(つд⊂)ゴシゴシ
金融機関に口座作るのにメールアドレスと虚偽の名前と住所だけ入力しとけば、本人であるかの確認すら何もしていなかった可能性が考えられます
しかも仮想通貨は銀行と違って中央集権体制の仕組みではないので、個人の口座から海外の口座に対してわりと簡単に仮想通貨の現物を出金(いわゆる出庫)ができます。

バイナンスは金儲けのために、およそ金融機関とは思えないようなザルな仕組みを作って
犯罪者でもだれでも好きなだけ匿名で口座を作って匿名の第三者に仮想通貨を送金できてしまうというとんでもない犯罪者支援企業だったということが判明しました
(アメリカからしたらバイナンスはテロリスト支援企業でしかなかったわけです)
だからこそアメリカが徹底的に取り締まってここまで厳しい罰を下したってことでそ

今回のバイナンスへの処分は国家が金融機関に下した処分というよりも、
むしろ純然とした犯罪組織への処罰に近い内容となってる印象を受けますφ(.. )
速攻で投獄まで追い込んで潰したあたりはまさに犯罪組織への対応とも言えるでしょう。

一番驚いたのはアメリカはなぜかバイナンスという組織を許して生かした点です
てっきりアメリカはバイナンスを叩き潰して解散に追い込むものとばかり思っていたので、この点については意外というか非常に好材料だったなと考えます

アメリカはバイナンスの財務・内部体制をすべて精査したようなので内情を知ってます。
おそらく今回の罰金もバイナンスならギリギリ払えるであろう金額なんでしょう
巨額の罰金はテロ資金や犯罪資金の洗浄で稼いだ金を全額巻き上げるためなんでそ(´・ω・`)

逆にいえば罰金さえ払ってテロ資金や犯罪資金の資金洗浄に加担することを
今後止めれば許して引き続き事業を行うことをアメリカが許したとも言えますφ(.. )
バイナンスは世界最大の取引所だったのでアメリカも少し配慮したってことなんでしょう。

アメリカが本当にバイナンスを潰して更地にしてしまうと仮想通貨が暴落するわけですが
なぜかアメリカが温情対応をしたことによってその危険は回避することができました。
(おそらくアメリカは犯罪資金ではない投資家への影響を回避したかったんでそう)
テロ資金を断ち、資金洗浄に協力する企業とそのトップには見せしめに厳しい処分を下し
その一方で企業の継続性は許して商売を継続することを認めたわけですφ(.. )

ここまで露骨にテロ資金の送金に協力してた企業を許して放免したわけですから
一般的にはかなり甘々な処分であるという印象を強く受けました
結果的に仮想通貨の大暴落を回避できたのは非常に好材料だったなと思います

ビットコインチャート
https://cc.minkabu.jp/pair/BTC_JPY
1124














2023年04月07日
ビットコインに資金 3カ月で7割高、取引規制回避の思惑

2023年01月18日
FTX、サイバー攻撃で暗号資産4.15億ドル(530億円)流出


ss2286234570 at 16:48|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 犯罪・事件 | 仮想通貨

2023年11月21日

午後3時のドルは147円台へ一段安、調整売りで2カ月ぶり安値

午後3時のドルは147円台へ一段安、調整売りで2カ月ぶり安値
2023年11月21日午後 3:34 ロイター
午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場終盤からドル安/円高の147円後半で取引されている。米感謝祭を控えた持ち高調整的な円の買い戻しが続き、ドルは一時147.24円まで下落し、9月14日以来2カ月ぶり安値を更新した。
ドル/円はこの日もじり安。多くの市場関係者が取引を手控えるとされる米国の感謝祭を前に、これまで円を売り込んだ向きの買い戻しが断続的に入ったという。
米10年債利回りが一時4.38%台と、17日につけた2カ月ぶり低水準に再接近したことも、ドルの上値を圧迫した。主要通貨に対するドルの値動きを示すドル指数は2カ月半ぶりの安値を更新した。
1125










CPIの結果を見て年末に向かってドル売りが強くなるだろうとは予想したものの(´・ω・`)
思ってたよりもずっとドル売り円買いのスピードが速いので驚きました

基本的にいまの相場は「利上げ打ち止め」「2024年以降からの利下げ」を織り込む形で買われすぎたドルが売られていくというファンダメンタル相場です。
短期間での上げ下げの値動きはチャートのテクニカルによって影響は受けるでしょうが、
よほどファンダメンタルを左右するほどの材料が出ない限りは今後もドル売り相場でそ

ドル円チャート
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
1121












テクニカル的には日足でも週足でも思いっきり支持線を下抜けて下げてるように見えます。
現状ではすでにドル買い円売りを支持する材料が無くなってきている状況なので、
劇的にテクニカルの方向性をひっくり返すような事態になる可能性は極めて低いでしょう。

何かの拍子に149円台まで戻す可能性はテクニカル的にもまだありえそうですが、
現状では146円〜149.5円くらいまでが値動きの範囲内かなと思われます
上値はどんどん切り下がってるし、下値の余地は広がってるので買い目線は厳しい感じ

短期的にはもちろん一旦円安に向かって反発する可能性がないわけではないですが、
安値ラインとしてはすでに146円あるいは145円台も視野に入っています(´・ω・`)
流動性が低下してるのでちょっとした何かでピーキーな値動きに陥ってしまい
瞬間的に145円台まで突っ込んで146円まで落ちる可能性もありそうですだおねφ(.. )


ss2286234570 at 20:38|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ドル円 | 為替

11/21為替市況 日米同時祝日、流動性低下で大荒れ?

外為17時 円、続伸 148円台後半 一時1カ月ぶり高値
2023年11月20日 17:17 日本経済新聞
20日の東京外国為替市場で円相場は続伸した。17時時点は1ドル=148円91〜93銭と、前週末の同時点に比べ1円52銭の円高・ドル安だった。昼過ぎに一時148円68銭近辺と、10月11日以来およそ1カ月ぶりの高値をつけた。米連邦準備理事会(FRB)による利上げ局面が終わったのではとの観測から、将来的な日米金利差の縮小を見込んだ円買い・ドル売りが入った。
前週末17日のニューヨーク市場でつけた高値(149円20銭)や節目の149円を上回ったことで、これまで積み上がった円売り・ドル買いの持ち高を減らす動きが活発化した。今週は23日が日米で祝日となるなど市場参加者が少なくなりやすいのも、円売りの持ち高を縮小する動きにつながった。

ニトリホールディングス似鳥会長「来年は円高になる」
2023年11月15日 22:14 日本経済新聞
米景気に減速の兆しが見え始め利下げへの転換は近いとして「来年はじわじわ円高になる」と予想する。想定外だった円安が続いたため長期為替予約から直物(スポット)取引に切り替えていたが、「1ドル=120円まで下がれば為替予約も考える」と話す。


今週は日本時間の11/23(水)04:00にFOMCの議事要旨公開が予定されています。
ただでさえ今週は木曜日が日米同時祝日で機関投資家の参加が減って流動性が低下しやすいので、週後半からかなり荒れ相場になるかもしれません

経済指標カレンダー
https://www.gaikaex.com/gaikaex/mark/calendar/
1122



11/23(木)はアメリカは感謝祭(サンクスギビングデー)で祝日になっていますが、
その翌日の11/24(金)はブラックフライデーはアメリカの企業は休みが非常に多い日です。
銀行とか機関投資家も休んでるとこが多いし、従業員も休むのでほぼ祝日みたいなもの🎌
市場参加者が少ないんでスプレッドも広いし、市場も荒れやすい日ともいえます(´・ω・`)

米ドル円 チャート
https://fx.minkabu.jp/pair/USDJPY
1120














ついこないだまで最高気温32℃の夏🍉だった気候がいきなり冬になったように⛄
円安一色だった相場がCPI発表直後から円高に180度方向転換したように感じますΣ(゚д゚;)

直近のチャートでは日足、1時間足、30分足、15分味でも右肩下がりにズルッズルに売られ、まともなリバもないまま安値を更新しながら円高に振れています
特に今週は11/23〜11/24はアメリカの為替市場が実質的に休場みたいなものなので、流動性が低下することによりボラティリティが高まる可能性が高いでそ

今週は週初からすでにドル円が大きく荒れる展開になっているので、
場合によっては今週中にドル円で147円割れこんで146円台付ける可能性もあると思います。
FXをするんであれば、それくらいの可能性を覚悟してから取引すべきでそうね
いつでも入金できるよう準備しとくとか、指値注文の取引数量も減らしとくとか。

アメリカではインフレが落ち着いて、利上げしすぎたせいで景気や企業の業績が悪化して
最近では賃金上昇率も低下し、失業率も上昇の傾向を示しはじめました(´・ω・`)
好景気から不景気になってきてるので上げすぎた金利を利下げする必要が生じるでそう

年内は140〜150円あたりが主な値動きの価格帯で151.70〜151.80円に再びリバウンドして円安に動く可能性は0%とは言いませんが、せいぜい5%もないと思いますφ(.. )
年末〜年始にパウエルFRB議長がどの程度まで利下げにふれるかどうかにもよりますが、もし2024年以降の利下げの可能性やスケジュールに触れたならば
より本格的なドル安円高に向けて為替が大きく動いていくだろうと予想しています

ちなみに日経新聞でもついに利下げに関する記事を掲載していましたΣ(・ω・ノ)ノ
これからニュースや紙面にも利下げの話題が増えそうだし、読むのをおすすめします。

米欧英中銀の利下げ転換「24年半ば」 市場の観測強まる
2023年11月20日 20:35 日本経済新聞
市場で米欧英の中央銀行が2024年に利下げに転じるとの観測が強まっている。インフレ鈍化や景気減速を背景に、早ければ来年半ばにも利下げを開始するとみる。もっとも、長期金利の低下や株高が引き締め効果を低減しかねず、当局はけん制する姿勢もみせている。利下げ期待の反動が市場変動を大きくするリスクもくすぶる。
「欧州中央銀行(ECB)は7月に利下げを開始し、年末には政策金利を(現状の4.0%から)3.0%に下げるだろう」。英バークレイズは16日、来年の経済見通しを公表し、ECBは政策金利の一つである中銀預金金利を来年に1%下げるとの見方を示した。
ユーロ圏ではインフレが鈍化する一方、ドイツなどで景気不安が高まっている。ECBの理事会内でも急激な金融引き締めで景気が過度に冷え込むリスクに警戒が強まる。米国に比べた経済の停滞ぶりから米連邦準備理事会(FRB)に先駆けて利下げするとの観測が強い。
英国でも10月の消費者物価指数の伸びが前年同月比4.6%と9月の6.7%から低下し、英イングランド銀行(中央銀行)による利下げへ観測が強まっている。金利先物市場では6月会合で利下げを開始する確率が約7割となっている。




ss2286234570 at 06:34|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ドル円 | 為替

2023年11月20日

11/20為替市況 曲がり屋キング、高橋ダンさん天井でドル円160円予想!

午後3時のドルは一時148.68円、1カ月ぶり安値 円買い戻しで
2023年11月20日午後 3:40 ロイター
午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の終盤からドル安/円高の149円前半で取引されている。米感謝祭を控えた今週は持ち高調整が入りやすいといい、ドルは特段の手がかりに欠く下で一時148.68円まで売られ、1カ月ぶり安値を更新した。
週明けのドル/円は上値の重い展開。序盤は押し目買いが先行して149.99円まで上昇したものの、午後にかけて一転じり安となり、10月11日以来となる安値をつけた。
市場では「今週は注目イベントが少なめで、米国では感謝祭を控えている。週後半にかけて取引量が減少し、値動きも鈍くなる公算が大きく、持ち高調整的な売買が入りやすい」(FX会社)との指摘が出ていた。

円は対ドルで149円台前半、持ち高調整で一時1カ月超ぶり高値
2023年11月20日 7:52 ブルームバーグ
20日の東京外国為替市場の円相場は対ドルで一時1ドル=148円台後半に上昇し、1カ月超ぶり高値を付けた。投機勢の円売りポジションが積み上がっている状況で、日米祝日を週後半に控えて持ち高調整の買いが優勢となった。
三菱UFJ銀行金融市場部為替トレーディンググループの大原豪上席調査役は、米感謝祭に向けて流動性が低下する前にポジションを巻き戻す動きで調整相場が続いていると説明。追加利上げ観測の後退および利下げ催促による米金利低下のドル安と円買い戻しから「ドル・円はしっかり下がってきた」とし、これまでドルのサポートだった150円ちょうどが抵抗に転じていると語る。
大原氏は、ドル・円が148円を下抜けた場合は「トレンド転換の兆しに2見えてしまう」ことから、急激に円高が進んだ10月3日の147円43銭まで円ショートの巻き戻しがもう一段進むリスクもあると述べた。
1121


米ドル円 チャート
https://fx.minkabu.jp/pair/USDJPY
1120














高橋ダン氏については、予想の大半が後出しがましくて疑惑の強い人ですよね。
ちなみにドル円の日足を見ていくと、10/31に急激に為替が円安に大きく動いたんで、その円安を確認してから11/1に「ドル円が160円に向かうって急に言い始めたんですよね。
根本的にこの2日間でどういうロジックで160円を予想したのかは謎なままですが、
単純に為替が円安に振れたから煽りで160円行くって動画作っただけなんじゃね
っていう印象をその当時非常に大きく受けたのを今でも覚えています。

見事なまでにど素人丸出しみたいな天井煽りという結果になってしまったわけですが、
外しても煽りでもそのへんはどうでもいいけど、自分で予想するんだったらもう少しまともなロジックで主張しろよとは正直思いますよね(´・ω・`)

ぶっちゃけ実際に高橋ダン氏の動画を見たことは今まで一度もないのですが(´・ω・`)
(どうせ見ても時間の無駄かなって思ってしまうので)
基本的にこの人は株が上がったら「株が暴騰、株が下がったら「株が大暴落
円安に動いたら「ドル円160円に向かう、円高になったら「ドル円140円に向かうとか、主張してる内容がほぼすべて事実の後出しというか
相場が一方向に動いた後になって後乗りして動画アップしてるだけですよねφ(.. )

正直なところ外資系金融機関で働いてたとかいう職歴に疑問すら持っています
予想が外れるからではなく、基本的に予想の元になるロジックがまったくないですよね・・・。
上がったら「上がる!」下がったら「下がる!」って事後に行ってるだけだよなと

高橋ダン氏の曲がり度を調査した人がいてそのTwitterを見たら曲がり率85〜90%でした。
もしレバレッジ効かせて本当に高橋ダン氏が自身で投資してたらとっくに破産でしょう
(実際には投資はしてなくて予想動画を作って動画で稼いでるだけじゃないのかと・・・)

動画の視聴数を稼ぐビジネスそのものを否定するつもりは別にないですが、
あまりにも予想の元となる根拠も論拠もロジックも感じられないのが残念な点ですね。
金の価格を予想してる時だけはちょっとマシかなみたいなことを書いてましたけど

ちなみに本日は「日経がバブル後の最高値を更新」というニュースが出たので
慌てて「日経平均6万円まで上がるという今朝のニュース見てから作成されたと思われる、これまた後出し全開の買い煽り動画がアップされました・・・。
そもそもあんたこの1ヶ月以内にそんなこと一言も言ってなかっただろ・・・と。
ぶっちゃけ2週間前の10月末あたりは暴落予想動画とかアップしまくってただろ・・・と。

それって予想でも何でもないし、日経6万円の根拠も論理も何にも示してないわけで。
っていうか今日は朝方上げただけで見事な寄り天で天井くさい動きをしただけで、
寄付きから引けまでに500円下げるというクソみたいな相場だったんですよね
(朝方に日経上げたの確認してから慌てて買い煽り動画作ったのが丸見えなのよね・・・)

朝に日経の動き確認してから動画作っただけで、これのどこが予想なんでしょうか
よくこんなしょぼくさいド天井で「日経6万円なんて言えるなとしみじみ思いました。


株価 バブル崩壊後の最高値を一時、更新
2023年11月20日 15時57分
週明けの20日の東京株式市場、日経平均株価は、取り引き時間中としてはいわゆるバブル崩壊後の最高値を一時、更新しました。
その後は、いったん利益を確定させようという動きや、外国為替市場で円高が進み自動車関連などの銘柄が売られたことなどから株価は値下がりに転じました。20日の東京株式市場、日経平均株価は取り引き時間中として一時、バブル崩壊後の最高値を更新しました。

トヨタ(7203) 2,780円 −112.5円 (−3.89%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7203
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7203.T/chart

ホンダ(7267) 1,564.5円 −61.5円 (−3.78%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7267
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7267.T/chart

マツダ(7261) 1,678円 −108.5円 (−6.07%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7261
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7261.T/chart

為替が円高に動くと自動車関連株などの輸出株が売られるのはまあ納得なのですが、
指標でも何でもない日本時間にズルズルとドルが売られたのはちょっと驚きでした
アメリカ時間に入ってドルが売られるなら分かるんですが、最近こういった日本時間に為替が大きく動くことがなかったのでビックリした次第です

2023年11月18日
11/18為替市況 米10月CPI3.2%上昇、コアも伸び鈍化

2023年11月07日
2023〜2024年株式市況 〜米利下げ&円高ドル安〜その

2023年11月06日
2023〜2024年株式市況 〜米利下げ&円高ドル安〜その


ss2286234570 at 17:45|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ドル円 | 為替

2023年11月18日

11/18為替市況 米10月CPI3.2%上昇、コアも伸び鈍化

米10月CPI3.2%上昇、コアも伸び鈍化 利上げ終了観測裏付け
2023年11月15日午前 4:05 ロイター
米労働省が14日発表した10月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で3.2%上昇した。伸びは前月の3.7%から縮小し、市場予想の3.3%も下回った。基調的なインフレにも鈍化の兆しが出ており、米連邦準備理事会(FRB)の利上げ局面は終了したとの見方を裏付ける結果となった。
前月比では、家賃の上昇は続いたものの、ガソリン価格が下落する中、予想(0.1%上昇)に反して横ばい。前月比横ばいとなったのは1年超ぶり。前月は0.4%上昇していた。
FWDBONDSの首席エコノミスト、クリストファー・ラプキー氏は「FRBはさらなる進展を確認することを望んでいるが、インフレとの戦いは曲がり角を迎えたようだ」とし、「運が良ければ、景気後退を回避し、インフレも低下するだろう」と述べた。

NY円、大幅続伸 1ドル=149円55〜65銭 一時2週ぶり高値 米利上げ観測後退
2023年11月18日 7:42 日本経済新聞
17日のニューヨーク外国為替市場で円相場は大幅に続伸し、前日比1円15銭円高・ドル安の1ドル=149円55〜65銭で取引を終えた。米利上げ局面が終了したとの見方から米長期金利が一時およそ2カ月ぶりの低水準を付けた。日米金利差の縮小を意識した円買い・ドル売りが進んだ。一時は149円20銭と3日以来2週間ぶりの円高・ドル安水準を付けた。
米連邦準備理事会(FRB)による追加の利上げ観測が後退している。今週は10月の米消費者物価指数(CPI)などインフレ鈍化を示す経済指標の発表が相次いだ。米金利先物の値動きから金融政策を予想する「フェドウオッチ」によると、17日夕時点でFRBが12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で現在の政策金利水準を維持する確率が100%となっている。
サンフランシスコ連銀のデイリー総裁も17日の講演で、経済見通しの不確実性を踏まえてFRBは「待つという大胆さ」が必要だと述べ、追加利上げに慎重な姿勢を示した。米債券市場では長期金利が4.37%と9月中旬以来の低水準を付ける場面があり、日米金利差の縮小を受けた円買い・ドル売りが膨らんだ。


11/14に発表されたCPIが予想より低下これにより年内利上げの可能性がほぼ0%に
パウエルFRB総裁も「データを見て判断」としか言ってないので、現状では利上げの実施を判断する材料はなくなったとしてNASDAQ🍆が急騰しました

以前から何度か書いてる通り、為替は基本的に金利によって動きますφ(.. )
先々月くらいまではFRBが執拗に年内利上げを躊躇なく行うと繰り返し発言してたのでドル高円安傾向がしばらく続く流れになっていましたが、
10月末くらいから指標やデータがインフレ低下を示すようになり、パウエルFRB議長が急に軟化して利上げをする素振りをしなくなってしまいました
(2023年9月以降に年内もう1回の利上げを想定と言ってたのに結局見送ってます)
さらに今回のCPIの結果によって年内利上げの可能性はほぼ0%と見込まれてます(´∀`)

市場ではすでに利上げは頂点に達して今後の利上げはないとの予想が圧倒的多数派に。
2023年12月以降のFRBの会合や発言では、来年2024年のいつから利下げが行われるかという発言待ちの状態なので、発言次第では大きくドル売りが発生しそうです
年末12月から年明け2024年1月のパウエルFRB議長の発言が注目されそうですφ(.. )

NASDAQ チャート
https://us.kabutan.jp/indexes/%5EIXIC/chart
1118












昨年2022年11月から買い始めたNASDAQ投信は今回の反発で含み益が急増中です
3月のアメリカの地銀の連鎖破綻とか今回の10月の下げの局面では買い増ししてきたので結果的に好調な感じで推移しています(*´∀`*)ムフー
2024年半ばにFRBが利下げするだろうという予想なのでさらに上昇を期待してます

米ドル円 チャート
https://fx.minkabu.jp/pair/USDJPY
1119













CPIの直後からドル売り円買いが発生し、さらに戻り売りを浴びながら高値を下げてます
今回はあくまで利上げ停止と利下げ可能性を織り込みに行く動きなのでテクニカルはあまり意味をなしていませんが、ファンダメンタル的にはドル売りです
今までのように安易にドル円ロングを入れて反発を待つのは高値掴みになりそうです
起きな流れが変わってドル売り円買いの流れだということをしっかり考えておくべきでそ。
1120





















安易に150円近いとこでロングなんてやって、年末〜年始にパウエルFEB議長が利下げを匂わすような発言してしまったらもはや逃げ場が無くなってしまうでしょう

結果的にですが、地上波テレビが連日のように「円安!物価高!」を放送したあたりが
円安相場のド天井になってしまったという結果になりそうですφ(.. )
靴磨きの少年シグナルは今回もしっかりと発生していたなと思いました(゚∀゚)アヒャヒャ

 2023年11月07日
2023〜2024年株式市況 〜米利下げ&円高ドル安〜その

2023年11月06日
2023〜2024年株式市況 〜米利下げ&円高ドル安〜その

2023年11月02日
【朗報】FRBが利上げ見送り、仮想通貨ソラナが7,000円を達成


ss2286234570 at 08:08|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 為替 | ドル円

2023年11月16日

楽天証券、上場を延期 みずほが870億円追加出資

楽天証券、上場を延期 みずほが870億円追加出資
2023年11月10日 11時21分 ITmedia
みずほフィナンシャルグループ傘下のみずほ証券は11月9日、楽天証券に追加出資し、株式保有比率を約49%に引き上げると発表した。既に約20%を保有しているが、さらに約29%を約870億円で取得し、楽天グループの財務を支える。楽天証券は上場申請をいったん取り下げる。みずほフィナンシャルグループは2022年10月、約800億円を楽天証券の株式の約20%を取得し、持ち分法適用会社化していた。

みずほ、楽天証券に追加出資900億円 比率5割弱に
2023年11月9日 2:00 日本経済新聞
みずほフィナンシャルグループ(FG)は楽天証券に追加出資する。金額は900億円規模とみられる。出資比率は現在の約2割から5割弱まで高まる。楽天グループは携帯電話事業への投資のため、楽天証券の持ち株会社を上場させて1000億円規模の資金調達を目指していた。日本株売買手数料の無料化の影響で2023年内の上場が難しくなったため、みずほから出資を受ける。楽天グループは携帯電話事業の設備投資で財務が悪化しており、22年12月期まで4期連続で最終赤字を計上した。23年1〜6月期も1399億円の最終赤字で、5年連続の赤字の可能性が出ている。24〜25年にかけて8000億円規模の社債償還も控える。
追加出資は9日発表する。みずほFGは22年に傘下のみずほ証券を通じ、楽天証券の株式の約20%を約800億円で取得した。楽天証券は現在、みずほ証券の持ち分法適用会社にあたる。みずほは追加出資を機に、楽天証券を通じた顧客開拓を加速する。インフレなどを受けて資産運用への関心が高まるなか、主に若年層の顧客基盤を持つネット証券の争奪戦が激化している。
みずほ証券は楽天証券の株式を追加で取得する。金額は900億円規模で、発行済み株式の3割弱に相当するもよう。追加出資後も、楽天証券に対するみずほ証券の出資比率は過半に満たず、持ち分法適用会社の位置づけは変わらない。
追加出資の背景に、楽天証券が10月から日本株売買手数料を無料にした影響で、持ち株会社である楽天証券ホールディングス(HD)の上場が遅れていることがある。
楽天グループの完全子会社である楽天証券HDは7月、東京証券取引所へ新規上場を申請した。楽天グループは楽天証券HDの上場で、1000億円規模の資金調達を狙っていたとみられる。関係者の間では23年内上場との見方があった。
1117

 



ご存じの人も多いかと思いますが、楽天証券はみずほフィナンシャルグループ傘下のみずほ証券に追加で29%の株式を870億円で譲渡したということですφ(.. )
これで楽天証券の持ち株比率は楽天側が51%でみずほ側が49%という比率になります

今回の判断は楽天証券の株式を売却(上場であろうが出資であろうが)することで資金調達することが最終目的だったので、結果的に目的は達成されたということ
楽天グループとしては楽天モバイルにかかわる社債の返還が2024〜2025年約8,000億円あるのでとにかく早めに手元に資金を調達しておきたい需要があったし、
みずほFG側としても成長著しいネット証券やネット銀行が欲しくてたまらなかったのでその目的がおおよそ達成できたという意味では良いディールだったんじゃないでそか

ちなみに楽天証券の推定時価総額は3,500〜4,000億円って言われてたんで、楽天証券の株式の最初の20%取得時に800億円出資して、今回は29%取得して870億円支払いました。
合計49%取得して合計出資額が1,670億円ってことはちょうど3500億の半分くらい
そう考えたら今回の追加出資の金額については妥当な金額じゃないでしょうか

◆楽天証券の上場を断念した背景
ゝヾ愿蟷餡搬Δ日本株手数料無料化の影響見て出ないと手を出せないと主張した。
地合いの悪化などによる売り出し価格引き下げリスクを回避したかった。


今回、楽天証券の上場を断念した背景にはいくつか理由が考えられますφ(.. )
日経の記事にあるよう投資家サイドが見極めたいと希望したってのも当然あるでしょうが、
やはり楽天銀行のIPOの失敗の経験が影響したんだろうなとも考えています(´・ω・`)

楽天銀行も住信SBIネット銀行も上場直前にアメリカで地銀の連鎖破綻やクレディスイスの不安問題が発生して、IPOの売り出し価格が大いに引き下がりました
特に楽天銀行はあれほど優良なネット銀行なのに、地合いの悪さのせいで本来なら売り出し価格1,960円としていたのを1,400円に引き下げざるを得なくなり
結果的にIPOによる調達資金額が1,003億円から717億円大幅減少してしまいました

おそらく楽天証券についても地合いの悪化や手数料無料化の影響で、仮にIPOしても売り出し価格を引き下げざるを得なくなる可能性が排除できないと判断し、
確実に想定金額を資金調達するためにみずほ側に譲渡する方法を選択したんでそφ(.. )
(楽天証券よりずっと業績の良い楽天銀行ですらあんな安値でIPOした苦い記憶もあり)

楽天銀の公開価格1400円、楽天Gは株売却で717億円調達
2023年4月13日3:29 午後 ロイター
楽天銀行は、新規株式公開(IPO)に伴う公募・売り出し価格を1株1400円に決定した。米銀破綻などで金融市場が不安定化する中、当初の仮条件の上限から560円引き下げた。楽天グループは、当初想定より300億円少ない755億円で保有株を売却し、717億円を調達する。
3月に東京証券取引所から上場承認を受けた当初の想定仮条件は1630―1960円だったが、4月5日に株式市場の状況などを踏まえて1300―1400円に引き下げていた。

みずほ、楽天証券に2割出資発表 ネットと対面融合
2022年10月7日 11:37 日本経済新聞
みずほフィナンシャルグループ(FG)と楽天グループは7日、みずほ証券と楽天証券ホールディングス(HD)の資本業務提携を正式発表した。みずほ証券が楽天証券HD傘下の楽天証券に約2割出資する。対面サービスとオンライン取引基盤を掛け合わせ「ハイブリッド型の総合資産コンサルティング」を目指すと掲げた。みずほ証券が楽天証券HDから楽天証券株の約2割を800億円で
買い取り、持ち分法適用会社とする。株式の取得は11月1日を予定している。




みずほフィナンシャルグループ(8411) 2,498.5円 +6円 (+0.24%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8411
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8411.T/chart
時価総額:6兆3443億円

楽天グループ(4755) 5454.5円 −7.6円 (−1.35%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4755.T/chart
時価総額:1兆1868億円

2022年10月07日
みずほFG傘下のみずほ証券、楽天証券に800億円の出資で高値掴み乙




ss2286234570 at 16:27|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ネット証券 | IPO